FC2ブログ

☆ウィリアム・モリスと英国の壁紙展へ☆

~美しい生活をもとめて~


先日、松坂屋美術館で開催中の「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」へ足を運びました。

ウィリアムモリス展
↑会場前にあったパネルもモリス柄

ウィリアム・モリス(1834~96)は、デザイナー、詩人、思想家、工芸家など
様々な顔を持つ英国人。
彼が豊かな才能を開花させたのは、19世紀のヴィクトリア時代だったそうです。
産業革命により大量生産品があふれる中で、時間をかけた丁寧な手仕事を好み、
自然の美を讃えたデザインを生み出していったのだそう。
これらの壁紙はすべて木版。
ひとつのパーツに人の手で何度も色を重ね、それを繰り返して、
生き生きとした自然の美しさを表現しています。
その職人気質のモリスが描くデザインは日本でも大人気。
何を隠そう私もそのひとりで、紅茶レッスンでもイギリスの歴史を語る際には
必ず登場させています。








インテリア1
↑「クラシックモリス」のお部屋

会場内には、モリスの壁紙を使った室内イメージが2箇所ありました。
その内の1つが「クラシックモリス」です
この何ともいえない重厚感。。。
英国のドラマや映画を見ていると、こういうお部屋多いですよね。
私がイギリスで住んでいた部屋は真っ白な壁のモダンスタイルでしたが、
近くに住んでいた大家さんの家はまさにこんな雰囲気でした。
何だか懐かしい気持ちになりました。





インテリア2
↑「ピュアモリス」のお部屋

壁紙の選び方ひとつで、こんなにも雰囲気が変わるのですね
もう1つのお部屋も、とってもナチュラルで素敵です
モリスはこれまでのリアリズムに基づいた奥行きのある壁紙空間から離れ、
平面的な造形の中に鳥や草花を表現し、装飾と自然の新しい関係を追究したのだそう。
壁紙を変える勇気は無くても、モリス柄のカーテンにするだけで、
かなり変化が楽しめそうですね。

この度の展覧会では、日本で初めて紹介する壁紙や木版など約130点が集められ、
モリス以前からの英国壁紙デザインの変遷を辿ることができます。
快適な生活空間には家具や壁紙が欠かせないと気付いたモリス。
彼自身が目指した「美しい暮らし」を感じ、自分の生活に少しでも取り入れられたらと、
心ときめく時間を過ごすことが出来ました。

室内装飾などにご興味がある方は特におすすめです!
開催は2月17日まで。
まだの方はぜひお出掛けになってみては如何でしょうか

☆今年の初詣☆

八事山 興正寺


今日は春の様な陽気で過ごしやすい一日となりましたね。
我が家は南側の窓を全開にして、部屋中にお日様を取り込んでいました

ところで、
先日、ご近所にあるお寺さん「八事山 興正寺」へ初詣に行って参りました。

八事山 興正寺
↑興正寺は1686年から続く人々の信仰の拠り所です

私がこちらへ最初に訪れたのは幼稚園での《どんぐり拾い》でした。
写真後方に見える興正寺の象徴「五重塔」を眺めながら歩いたことを、
今でもぼんやりと覚えています。
この塔は東海三県唯一の木造の五重塔で、国の重要文化財に指定されているのだそう。

写真前方の釈迦牟尼大仏(略称:平成大仏)は、平成26年9月、
国家安穏 国豊かで皆が平穏なれとの祈りを込めてこちらに奉安されたそうです。
青銅鋳造に漆塗り仕上げの平成大仏は、とても優しいお顔立ち。
今年もこの八事の地から、私達を見守って下さいますように。。。

年の初めに心がpurifyされ、前向きな気持ちでお寺を後にする事が出来ました。
次回2月の節分にまたお世話になります

八事山 興正寺の公式ホームページはこちらです

☆年末ランチ☆

チャコールダイニング ロースター for MIDLAND SQUARE 


今日は昨年末に学生時代の友人達とランチを楽しんだ時のことを振り返ります

日頃は誕生日ランチの時くらいしか会えない友人達ですが、
年末は帰省したり仕事がお休みだったり、
皆が割と時間が作りやすくなる為、集まるようになりました。

この日のお店は美味しいお肉が食べたかった私の要望が受け入れられて、
名古屋駅前にあるミッドランドスクエア4階の「チャコールダイニング ロースター」へ
さっそくご紹介します!!



店内の様子
↑スタイリッシュな店内

2017年7月にオープンしたこちらのお店。
広い店内が見渡せるオープンな間取りが、とても開放的な雰囲気です。
個室が予約済みだった為、眺めの良い窓際の席へ。
この日は2380円のコース料理をチョイスしました。








前菜
↑前菜

白いんげん豆とキャベツの温かいスープと国産若鶏の炭火焼き
にサラダが添えてありました。
お皿ではないところが、何だかお鮨やさんにいるみたい。







天然酵母パン
↑自家製の天然酵母パン

自家製の天然酵母パンはとても美味しくて、
おかわりをお願いした程でした。







メイン
↑メインはお肉料理

渥美豚の炭火焼き
名古屋市内のスーパーでも渥美半島産の「あつみ豚」という
ブランド名の豚肉をよく目にしますが、
やはり炭火焼きにすると、格段に違いますね。
前菜の鶏肉もそうですが、こちらの豚肉をカットすると見た目が少しレアな感じがします。
普通なら心配するところ。
でも、こちらでは低温調理を施ししっかり中まで火が通っているので、
全く問題ないそうです。
これが美味しさの秘密なのでしょう!
お肉を欲していた体も大満足
添えてあった「赤いじゃがいも」も美味しかったです。










パスタ
↑ミニパスタ

次はデザートかな??と思っていたら不意に現れたミニパスタ。
すっかり忘れていました
ペンネ好きな私としては、丁度良いパスタの堅さと量で嬉しい一品でした。









プチデザート
↑プチデザート

プチが付くなんて謙虚すぎる!と思わせるほど美味しいデザート
バニラアイスの下には、リンゴ煮の美味しいソースが隠されています
コーヒーとほうじ茶が選べましたが、私は鉄瓶に入ったほうじ茶を。
ココロもカラダもほっとする、〆の一品でした。

この日を皮切りに、お正月の三が日まで食べっぱなしでしたが、
7日の七草粥のおかげで今では疲れた胃腸や浮かれた気持ちも落ち着き、
すっかり邪気が祓われたようです(笑)

今年も美味しいものを食べて健やかに楽しく過ごせたら幸せですね

チャコールダイニング ROASTER の公式ホームページはこちらです!

☆今年のお正月☆

和やかな


皆さま、今年のお正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。
おうちでのんびり派の方もご旅行派の方も、各々楽しいお正月だったことと思います。

有松
↑旧東海道沿いの古い街並みが残る有松

我が家はそれぞれの実家で食事会を開きました。
主人の実家の方では、おせちとは別に食事を持ち寄って
お正月らしく華やかな食卓を囲みました。
今年のおせちは京都の料理研究家 大原千鶴さんのおせちに
上品な雰囲気に飽きのこない内容で、「これなんだろう?」と説明書と照らし合わせながら
みんなでワイワイ、話も弾みましたよ。
スキー場からの駆けつけ組や、海外在住組のファミリーたちと共に、
賑やかで楽しい時間を過ごすことが出来ました。

私の実家の方では、毎年恒例の外食会でした。
今年選んだ場所は、名古屋市緑区有松町にある日本料亭「やまと」。
ここ有松は「有松絞り」という絞り染めで有名なところで、
こちらのお店も13代続いた旧絞り問屋を改装した風情ある建物でした。
そんな場所で頂く美味しい純日本料理と、
気さくなお店の方の心温まるお持て成しのおかげで、
和やかなひとときを過ごせました。
この日は近くにある絞り会館などの観光名所はお休みだったので、
また改めて訪れたいなぁ

更に、1日2日は実父、義母の誕生日と二重にめでたくケーキを頂いたので、
止まらない食欲と共に正月太り確定です

笑う門には福来たる
そんなことわざがふと頭を過ぎる、
楽しいお正月となりました。

本年も、皆さまのご多幸を心からお祈りしています

☆謹賀新年☆

今年もはじまりました!



スイセン
↑スイセンはヨーロッパでは春の訪れを意味します

2019年が始まりました!
平成最後のお正月、健やかに楽しくお過ごしでしょうか
本年も皆さまにとって嬉しいことの沢山ある一年になりますように

今年もPutneySaloon 紅茶&フルート教室では楽しい内容を盛りだくさん
お届けしたいと思っておりますので どうぞ気楽にお越し下さいませ
また ブログをご高覧の皆さまにも 何か素敵な情報をお伝えできるように
今年も張り切って綴っていこうと思っております

日々好奇心を持ちつつ毎日を丁寧に過ごして行けたら良いですね
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
平成31年 元旦

Putney Saloon主宰
小川 忍  

☆本年もありがとうございました☆

素敵な花束


先日、いつもお庭からお花を摘んできてくださる生徒さんから
可愛いバラの入ったタッジーマッジーを頂きました

タッジーマッジー
↑良い香りのお花とハーブを合わせた花束「タッジーマッジー」

タッジーマッジーとは、良い香りのする花やハーブを小さく束ねた花束のことです。
中世のヨーロッパでは、良い香りのタッジーマッジーを持ち歩いていたそうですが、
これは、不快な匂いやコレラなどの伝染病から身を守る目的で、
魔除けの意味もあったからなのだそう。
今では、ハーブの香りでお花に虫を寄せ付けないという効果もあり、
手軽さと見た目の可愛らしさが人気のようです
Tさん、いつも素敵な花束をありがとうございます。

さて、2019年まであと僅か。
今年も生徒さん方と楽しくレッスンすることが出来て幸せな一年となりました。
また、久しぶりにレッスンを再開された方も何人かお見えになり、
とても嬉しく思っています。
そしてこちらのブログをいつもご高覧下さりありがとうございます。
また来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは、良いお年をお迎え下さいませ

☆掃除の後には☆

ハンドマスク


年の瀬も近づき、皆さん慌ただしく過ごされている頃かと思います。
こちらも、2日前に無事今年の全レッスン終了し、またプライベートの来訪者とも
年内中に語らうことが出来たので、気持ちすっきり年越しができそうです。

お掃除さえ終われば。。。。






パッケージ
↑アボカドのハンドマスク

そこで昨日は、日頃気になっていた数ヶ所を徹底的に綺麗にしてみました。
全てのお掃除が終了し、ビニール手袋を外してみると、あら大変
何だか指先がカサカサ。
根を詰めすぎたのかしら。

そうだ義妹にお土産でもらった《ハンドマスク》のお世話になろう


早速その晩、お風呂上がりに試してみることに








ハンドマスク
↑開けて見ると

腕が2つに繋がった、大ぶりな2枚組のハンドマスク。
その2枚を離そうとすると、やっとマスクの内側がどうなっているのかが理解できます。







使用中
↑20年くらい前のハンドクリームのCMのマネ

薄い手袋の中にもう一枚、美容液が染みこんだ不織布があるのでそこに手を入れます。
手首をテープで留め15分。
アロマ効果も抜群!癒やされますよ
中はしっとりなのですが外側は濡れていないので、15分間は他のこともできるのが便利です。
時間が来たので、ハンドマスクを外してみると、手が全体にしっとりとして良い香り。
手のひら全体をこすっていると、残った液体が肌に浸透して行くのが良くわかります。
まだマスクの方に液体が残ってそうだったので、主人にも
この乾燥する時期は男性だってお手入れは重要です。

風邪を引かないようにお体気を付けつつお肌の方も労りながら、
最後のひと仕事、頑張って下さいね

☆MERRY CHRISTMAS☆

wreath


リース

我が家は一年を通して室内の壁にリースを掛けています。
春夏秋冬に応じ季節感を出したアレンジを施してるのですが、
今年のクリスマスはというと、先日いらっしゃった生徒さんがお庭から持参して下さった
「クリスマスホーリー」を中央にあしらって、こんな感じに。
赤い実のおかげで一気に華やかさが増しました。
リースには魔除けの意味があり、また終わりの無い形から「永遠」の意味もあるのだそう。
大切な家族が永遠に無事に過ごせるようにと願って。。。
どうぞ皆さまも素敵なクリスマスをお過ごし下さいね。

Have a nice Christmas

☆冬至☆

「ん」



柚子
↑実家から貰った柚子

今日は冬至。
一年で一番昼の長さが短くなります。
確かに5時半や6時に起きてもまだ真っ暗で、
朝食の支度が終わって窓の外を見ると、街全体が朝焼けに染まりはじめ、
そこで一日の始まりをやっと実感します。
最近朝が寒くてお布団との別れが辛いのですが、
ひとたび体を動かすと、朝のひんやりとした空気が清々しく感じたりもします。
さて、そんな冬至の日は、昔からゆず湯に入り、最後に「ん」が付く食べ物を食べると
運が呼び込めるという言い習わしがありますよね。
我が家もご多分に漏れず、今夜はゆず湯に浸かり、
レンコンの挟み焼きでも作って食べようと思います。


今日は今年最後の紅茶レッスンの日でもあります。
おばあちゃんとお母さんと一緒に、小学生のY君も来てくれるので、
今日も賑やかになりそうな予感がしています(笑)
皆さまもどうぞ素敵な一日をお過ごし下さいませ

☆イギリス風カレー☆

五島軒とコラボ


皆さんはご存じでしょうか?
函館にある、創業明治12年の老舗レストラン《五島軒》
北海道に行く機会があれば是非足を運びたいと密かに思っているレストランなのですが、
その味が、今なら手軽に楽しめると聞いたらこうしちゃ居られません
まだ召し上がっていない方には必見かも

イギリス風カレーパイ
↑ミスドと五島軒がコラボ!

それは、ミスタードーナツの【ミスドゴハン】のメニューにある
夏秋冬限定発売のパイです。
パイの中には五島軒の看板メニュー「イギリス風カレー」が入っています!
歴代のシェフたちが守り抜いてきた伝統の味を、ミスドで味わうことが出来るのです。
普段あまり立ち寄らないのですが、たまたま見掛けた“五島軒”という文字に引き寄せられ
試しに1つ購入。
自宅に持ち帰り、ひとりで「これ正解!おいし~」と
思わず声に出してしまった程です。









中身
↑老舗レストランのカレーがパイの中に

サクサクパイに包まれたカレーは沢山入っている訳ではないのに存在感バツグン。
カレーは6時間煮込んであるだけあり旨味が広がり、辛さもしっかりあって、
この季節の冷えた体を温めてくれるほどです。
暫く経っても、体がぽっかぽかでしたよ
他にもエビグラタン、デミグラスハンバーグ、ビーフシチューと4つの老舗の味を
堪能できるみたい。
今度は主人の分も買って、ぜひコンプリートしてみたいと思います(笑)
ミスタードーナツありがとう

・ミスタードーナツの公式ホームページはこちらです!
・五島軒の公式ホームページはこちらです!

☆タータンチェックのニューフェイス☆

そらまめホットピロー


一週間ご無沙汰してしまい、すみません
今年も振り返ればあっという間に駆け抜けるように過ぎた一年でしたが、
師走は特にそれが早く感じられます。
皆さんはいかがですか?

さて、ここのところやっと冬らしい気温になってきましたね。
そんな最中、妹ファミリーから素敵な冬の贈り物を貰いました。

表
↑そのままで、どこでも使える便利なクッション

そらまめ型のホットピローです
タータンチェックが可愛くて、何だか長いお付き合いになりそうな予感
付属の「緑豆パック」を電子レンジで温め、裏ポケットに入れてお腹や腰など
体の温めたいところに当てます。
小さいので、お昼寝用の枕なんかに丁度良いみたいですが、
私はあまりお昼寝はしないので、常にダイニングの椅子に置いて腰あてにしています。
背筋も伸びて食事中もラクですよ~。







裏
↑裏側についているポケットに緑豆パックを入れてあったかクッション

そして、就寝時にも寝室へ連れて行き一緒に寝ています
パックをレンジで40秒温めるだけで、中に入っている緑豆の温熱効果が発揮し、
じんわりと優しく温めてくれます。
更にラベンダーの香りもしてくれますが、どちらかというと
お豆の香りの方が強い気がして、ある意味癒やされています(笑)
お腹や腰に当てたり、ギューッと抱きしめて寝ていることも。
湯たんぽ変わりですね
朝になってもまだほんのり温かいので、持続時間は7~8時間といったところでしょうか。
低温やけどに注意しながら、程よく楽しいお付き合い。
これからの季節、益々手放せなくなりそうです。

ところで、昨晩は《ふたご座流星群》ご覧になりましたか?
こちらは、11時頃から室内より東の空を眺めて3個、
ニット帽をかぶり防寒対策万全でテラスに出て5個、
計8個の流れ星を見つけました。
空からこぼれ落ちるように突然その姿を現す流星
今晩もよく見えるそうなので、風邪を引かないように気を付けながら
冬の天体ショーをお楽しみ下さい

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍