☆豊田市へ☆

奈良美智展


秋は一年で一番過ごしやすい季節といわれていますが、
私も大好きな季節です。
その日の気分でどこかへ出掛けたくなるのですが、
先日の日曜日は、豊田市の美術館で開催されている「奈良美智展」へ。
まさに芸術の秋ですね


看板
↑2017年の作品2点が看板に

以前から、奈良美智さんの作品を目にすることは多かったものの、
展覧会に足を運んだのはこれが初めて。
更に奈良さんのプロフィールで身近に感じたのが、
出身地の青森県から大学進学のため居を愛知県へ移したということ。
母校は、豊田市のお隣、長久手市(愛知万博の会場だったところ)にある、
愛知県立芸術大学だったそうです。
学生時代を長久手で過ごし、その後ドイツへ留学。
一時帰国の際には、東京や青森ではなく愛知に滞在していたそうです。
名古屋市郊外にある長久手はその頃、田舎情緒のあるのんびりとした町。
そんな環境がきっと想像力をかき立てるのにちょうど良かったのでしょうね。

そしてこの度、その長久手の隣町「豊田」での展覧会ということもあり、
心情的に特別なものを感じているのだそう。
また今年は、県立芸大の大学院から旅立って30年という節目の年のようで、
奈良さん曰く、この展覧会を「30年越しの卒業制作」と仰っています。
素敵です










外観1
↑この日の夜、台風18号が東海地方を襲いました。

入館すると最初に目に飛び込んでくるのは、レコードのジャケットや人形、書籍の数々。
美術を志す前の奈良さんの感性を育んだ品々が展示されています。
奈良さんのルーツをたどることが出来る、貴重な展示品はとても興味深かったです。




そして、80年代から始まる奈良さんの絵画史へ。








外観2
↑美術館の建つこの辺りには昔お城があり、後方には櫓が建っています。

高校卒業までの多感な時期に育った青森での記憶や風景。
長い学生時代に美術と必死に向き合い作り上げられた世界観。
奈良さんの心が垣間見られる、意味深い魅力的な作品が
ちょうど100点展示されていました。

奈良さんの描く絵画の特徴はやはり《目》にあると思います。
目は口ほどに物を言うといいますが、絵画の女の子たちの目は
それぞれが何かを訴えている様に見えました。
左右対称ではない目の表情も必見です。
それと同時に、奈良美智さんの頭の中を覗いてみたいとも思えてきます。

今回も心豊かになる時間を過ごす事ができました。
これが芸術の魅力ですね。
展覧会の開催はあさって24日(日)までです。
またギリギリになってしまいましたが、
どうぞご興味のある方は足を運んでみて下さい


豊田市美術館の公式ホームページはこちらです。

☆タピオカ・ミルクティー☆

秋の夜長


最近朝晩の空気がひんやりとして、秋の深まりをひしひしと感じます。
そんな秋の夜長、就寝前にブラックタピオカ入りのホットミルクティーを淹れました


ミルクティー
↑タピオカとは、トウダイグサ科のキャッサバの根茎から製造したデンプンです

ミルクティーにしたきっかけは、昨日の紅茶レッスンで生徒さんに、
ミルクティーと相性の良いブラックタピオカを頂いたからです。
しかもタピオカを一緒に吸えるストロー付きで
以前レッスンでこのアイスミルクティーを作った際、ストローの事まで頭が回らず
「先生、タピオカが吸えません(笑)」なんて言われたこと、今では懐かしい思い出です
でも昨晩はホットで頂いたので、代わりにスプーンを添えました。

耐熱カップに頂いたもっちもちのタピオカをティースプーン3杯程入れ、
そこにラム酒を数滴、アカシアの蜂蜜をたっぷりと注ぎます。
お鍋で少し濃いめに煮出したミルクティーをカップに注ぎ、スプーンで掻き混ぜ出来上がり!
ミルクは低温殺菌牛乳を使うことで更に美味しくなるので、おすすめです

甘いミルクティーが心を落ち着かせ、更にラム酒が、身体の芯をふわっと温めてくれます。
タピオカの食感をのんびり楽しめるのも、おやすみ前のくつろぎの時間だからかもしれません。

Mさん、どうもありがとうございました

☆大エルミタージュ美術館展☆

西洋絵画


昨晩の東海地方は台風18号の影響で、強風ふきすさぶ闇の嵐でした。
今朝は、昨日の事などすっかり無かったことのような爽やかな青空
でも、植木鉢やテラスのテーブルを元に戻したり掃き掃除など、
後片付けや朝仕事で大忙し。
あっという間に午前中が過ぎてしまいました


絵画
↑会場内で唯一撮影可能だった、エカテリーナ2世の肖像画

気が付けば連休も最終日。
現在、愛知県美術館で開催中の大エルミタージュ美術館展の期間は今日まで!!!
先日出掛けたのですが、すぐにアップ出来なくて。。。
いつもご紹介がギリギリになってしまい本当に申し訳なく思っています。
ただ、この美術館展はとても見所が多いので、もう既にお出掛けになられた方も多いはず。
そう願いたいです

先日足を運んだゴジラ展の半券を手に(少し割引きして貰えますよ)、美術館へ。
ロシアの美術館「エルミタージュ美術館」の17.18世紀の黄金期のコレクションの内、
名画85点を紹介して下さっています。

エルミタージュ美術館は、かつての帝政ロシアの首都、サンクトペテルブルクにあります。
この地を統治していた女帝エカテリーナ2世が、ベルリンの実業家から317点の絵画を
取得したのが、エルミタージュの始まりだそう。
その後も歴代皇帝が国家の威信をかけて美術品を収集し、今では世界でも類を見ないほどの
質と規模を誇る美術館となったのだそうです。

一見恐怖すら覚えるフランス・スネイデルスの《鳥のコンサート》は、
良く見てみるとフクロウが指揮していたりと興味深い作品。
フランシスコ・デ・スルバランの《聖母マリアの少女時代》は、とても優しい気持ちになれる、
ずっと眺めていたいと思わせてくれた作品のひとつです。
ジャン・バティスト・グルーズの《スミレ色のチュニックを着た少女》は、
出来るものならお部屋に飾りたい、優しい色合いの素敵な作品でした。

まだまだお伝えしたいところですが、書き切れそうにないので、
のんびり時間を持て余している方、たまたま栄に用事がある方、
是非足を運んでみて下さい。
きっと何かが得られるはず


今回は、美術館の顔ともいうべき常設展示作品が出展されています。
何度も申しますが、本日が最終日。
17:30分まで入館可能です。
どうぞご興味のある方はお急ぎを

愛知県美術館の公式ホームページはこちらです!

☆歩いていたら・・・☆

ザクロ


ザクロ
↑最近よく見掛ける今が旬のザクロ

9月~11月が旬の果物、ザクロ
先日、近所を歩いていたら、民家の塀の中から飛び出して
暢気にぶら下がっていたこのザクロに、ふと目がとまりました。
昔、小学校帰りにも同じ光景を見たような。。。

ザクロには、ビタミンC、ビタミンK、カリウム、食物繊維など、
栄養素が豊富に含まれているそうで、美容や健康維持に効果的な果物だそうです。
あまり店頭で見掛けることはありませんが、
これからの時期、もしかしたら並んでるかもしれませんね。

私は、ザクロジュースやザクロをチョコでコーティングしたお菓子という形で、
楽しませてもらっています
皆さんもこの秋、ザクロに目を向けてみてはいかがでしょうか。
おすすめです

☆明日は重陽の節句☆

白い月


明日、9月9日は重陽の節句です。
中国の陰陽説では奇数を陽として、陽の究極の数字、9が重なるこの日は、
大変おめでたい日とされてきたそう。

白い月
↑今朝の西の空

桃の節句と端午の節句同様、旧暦の9月は菊の季節でもあるので、
「菊の節句」とも呼ばれています。
菊は仏事のイメージが強くありますが、もともとは高貴さと長寿の象徴と
いわれているそうです。
お酒に菊を浮かべたり、菊の花にお湯を注いだ「菊花茶」を頂いたりして、
若さと長寿を願います。

それにしても、秋は月や花を愛でるなど、静かな季節ですね
ちょうど2日前に十五夜だったお月様が、今朝西の空に見えました。
十五夜の日は名古屋は朝から雨でしたが、夕方からは晴れ、
少し雲が多かったものの大きな美しい満月を東の空に
見つけることができました
あれから2日経ってもなお美しい、夜とは違うその趣に
ついつい朝仕事を忘れてしまいそうに(笑)

朝晩少し肌寒くなってきましたので、体調管理にはくれぐれもお気をつけて、
秋気の訪れをお楽しみ下さいませ

☆一菓一紅☆

チーズケーキ ✕ アールグレイ



半熟チーズ

お菓子: 半熟チーズ (Sweets Village NAKANO/豊田市)














アールグレイ

お茶: アールグレイ・フレンチブルー (マリアージュ・フレール/パリ)














茶葉
↑矢車草がアールグレイを一層上品に引き立てます

季節の移ろいを感じる今日この頃。
そんな中、英国からキャサリン王妃が第三子をご懐妊と、
嬉しいニュースが飛び込んできました。
そこで英国を代表する紅茶「アールグレイ」でお祝いです。
お茶のおともは、アールグレイによく合う「チーズケーキ」。
スフレのようなふわっとした食感が人気の《半熟チーズ》です。
紅茶から漂うベルガモットの香りとチーズケーキの口溶けのまろやかさが、
優雅な時間へと誘ってくれます。

来春の英国便りが待ち遠しいですね

☆今日は記念日☆

ありがとうございます

今日、9月3日はPutneySaloon11回目の開設記念日です

大木

昨年のこの日に10周年記念パーティーを開催してから早一年。
変わらず続けられているのも、いつも通って下さっている生徒さんのおかげです。
心からお礼申し上げます。
また、応援し支えてくださっている友人や家族、そして、
日頃からブログをご高覧頂いている皆さまにも感謝致します。

毎日の生活に彩を添えたい方、
殺伐とした毎日から離れ、非日常的な癒しを紅茶と共に楽しみたい方と、
皆さまの思いは様々ですが、こちらの教室を自分なりの居場所として楽しんで頂けましたら
私はとても幸せです


今後ともどうぞ宜しく願い申し上げます

Putney Saloon
小川 忍 XXX

☆そろそろ夏も・・・☆

鰻ランチ


そろそろ夏も終わりかしら・・・と思えるくらい、
朝方、秋の気配を感じる今日このごろ。
夏のパトニー紅茶会のレッスンも最終日までご予約下さったおかげで、
気が張っていたのか、夏風邪ひとつひくことはありませんでした。
感謝です

うな丼
↑多治見の名店の「うな丼」

ただ、これからが夏の疲れがどっと出始める時期なのだそう。
今一度、しっかり栄養と睡眠をしっかりとって、
体調管理を怠らないようにしなければなりません

そこで、先日の日曜ランチは、私の元気の源でもある「鰻」をチョイス!
最近名古屋駅に建設されたJRゲートタワー内のレストラン街にある
鰻やさん「弐 澤千」です
本店「澤千」は多治見市にあり、そちらとは違った新業態のこちらは、
伝統のうなぎ料理そして鮎料理を中心とした和風割烹ダイニング店なのだそうです。

店内は白木の内装で、明るく落ち着いた雰囲気。
鰻とご飯とたれのバランスが絶妙で、あっという間に完食です。
分量もちょうど良く、大満足のランチタイムを過ごすことが出来ました。

皆さまもどうぞ体調など崩されませんように、ご自愛くださいね


弐 澤千の公式ホームページはこちらです!

☆ゴジラ展☆

やっぱり夏は


またまた展覧会をもとめて名古屋市博物館へ行って参りました。
やっぱり熱い夏は、こういったクーラーの効いた館内での催し物は最高ですね(笑)


街並みセット
↑特撮用の街並みセット

さて、この度足を運んだのは「ゴジラ展」
二人姉妹で育った私には何のことだかさっぱり・・・でしたが、
そういう時こそ行ってみると、新たな発見があるものです。
主人の音声ガイド付きで楽しむことができました。








ゴジラスーツ
↑ゴジラのスーツ

昭和29年(1954)、映画『ゴジラ』が公開されました。
ゴジラの別名は「水爆大怪獣」。
その名のごとく、水爆実験の影響で生み出された大怪獣だそう。
私はこの夏、水爆実験の映像を初めて観て衝撃を受け敏感だったせいか、
この映画は社会に対するメッセージ性の強いものだと感じました。
でも、この映画が大ヒットした理由は娯楽的な要素も大きかったようです。
それが≪特撮≫
ゴジラ展では、怪獣やメカの立体造形、デザイン画やセット図画などが、
約680点を展示されていて、とても興味深かったです。







東京駅セット
↑特撮用の東京駅セット

中でも心奪われたのは、特撮映画美術監督の井上泰幸氏のデザイン画でした。
斬新な中に繊細さを兼ね備えた美しいデザイン画。
見ているだけで何だかわくわくしてしまう魅力があります
ゴジラをはじめ、怪獣や様々な兵器をデザインした井上氏から影響を受けたクリエーターは
世界中にいるのだそう。
また、映画「竹取物語」では日本アカデミー賞特殊技術スタッフ賞も受賞されたそうです。
そんな技術者の表現力によって作り上げられたゴジラ映画。
一度も観たことがなかったのですが、面白そうですね
展示内で、ゴジラが名古屋へやってきた時の映像が流れていました。
ゴジラがテレビ塔にしっぽをひっかけて倒してしまったり、
名古屋城のお堀で足を滑らせて、名古屋城へ倒れこんで壊してしまったり。。。
ドジっていうのか、おっちょこちょいなのか、憎めない可愛らしさも感じられたりして、
思わず笑ってしまいました。
これもゴジラの魅力のひとつなのですね

まさに夏休み企画ということで、子供達の姿が目立ちましたが、
やっぱりお父さん達が一番楽しそうでした(笑)
ゴジラ展は2017年9月3日(日)まで。
お急ぎください


名古屋市博物館「ゴジラ展」の公式ホームページはこちらです!

☆リカちゃん展☆

50歳?


不安定なお天気が続きますが、充実した楽しいお盆休みを過ごされましたか。
私は、お墓参りに出掛けたり、友人が遊びに来てくれたりと、
穏やかな時間を過ごすことができました。
そんな中、ふと立ち寄った松坂屋で開催中の「生誕50周年リカちゃん展」を
覗いてきました


リカちゃん
↑スワロフスキーに身を包む、クリスタルなゴージャスリカちゃん

1967年に誕生し、今年で50周年を迎える「リカちゃん」
女の子なら誰もがおうちに一体はあったであろう着せ替え人形です。
まず会場に入ると、約580体のリカちゃんに圧倒されます。
リカちゃんやその家族・友達を、当時流行したファッションとともに紹介しているのですが、
年代順に並べてあると、こんなにも顔や髪型、背の高さに変移があったのかと、
驚かされます。
また、歴代の「リカちゃんハウス」や、私も良く遊んだ「リカちゃんのスーパーマーケット」等の
今では貴重な資料が約70点並べられていました。
思わず、懐かし~と声を出してしまいます。
でも、それは私だけではなく、会場で多く目にした母娘の皆さんも同じように、
それぞれの時代へタイムスリップしているようでした。

リカちゃんは現在4代目ですが、時代が変わっても50歳にならないのが羨ましい(笑)
そしてそのリカちゃんが、有名ブランドや著名人50組と50周年をお祝いする
「コラボリカちゃん」も必見です!
同じ衣装を着てみたくなっちゃいますよ

リカちゃん展は9月4日(月)まで
どうぞ、あの時のリカちゃんに会いに、お出掛けください



リカちゃん展の公式ホームページはこちらです!

☆帰省中の友人と☆

桃&メロン


先日は台風5号が日本に上陸しましたが、名古屋へは夜中ゆっくりと通過していき、
不安な一夜を過ごしました。
しかし、翌朝には台風一過で青空も戻り、爽やかな風が清々しい一日となりました。
安全を確認したところで、千葉県から帰省している学生時代の友人Sちゃんと会うことに。
昔なつかしい名古屋の老舗洋食店でランチを頂き、話が尽きないのでお店を変え
デザートを楽しむことに。
選んだお店は、こちらも名古屋で老舗のケーキやさん「ハーブス」



白桃のレアチーズケーキ
↑白桃のレアチーズケーキ

私が選んだ「白桃のレアチーズケーキ」。
甘~い白桃をたっぷり使用した、贅沢なレアチーズケーキ。
上品で優しいお味に、思わずため息が出ちゃいます







メロンのケーキ
↑メロンのケーキ

Sちゃんが選んだ「メロンのケーキ」
ふんわり、なめらかな生クリームにメロンの相性がピッタリ
紅茶はメロンに良く合うダージリン





セイロンティー
↑セイロンティー

私がチョイスしたのが、「セイロンティー」。
レアチーズケーキを美味しく引き立ててくれました。
季節のフルーツたっぷりのケーキは、
何だか女子力を上げてくれるような気がします(笑)
でも、そろそろお腹まわりも気になるお年頃
重力に逆らう努力も必要となってきますが、
久しぶりの再会くらいは、そんなことも忘れて楽しい時間を過ごさなければ!

大きなケーキが話に花を咲かせてくれた昼下がり。
Sちゃん、また冬に会えたらいいね


HARBSの公式ホームページはこちらです!

プロフィール

小川 忍 (旧姓・中村) 

Author:小川 忍 (旧姓・中村) 
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍 (旧姓・中村)