☆ホーローを使って☆

お手軽ケーキ


タルトから作る本格的なチーズケーキも、作っていてとても楽しいのですが、
大きなホーローで簡単に作るお手軽チーズケーキも大好きです。

チーズケーキ 040
↑大好きなホーローで作るチーズケーキ

人数に合わせて切り分けられ、
可愛くラッピングすれば手土産にも重宝します。
我が家は、タッパー、ボウル、鍋など、ホーロー製品を良く使っています。
特にタッパーは、冷蔵庫内に入れた時の見た目が綺麗ですし(中身がみえませんが
記憶力強化に繋がります(笑))、
取り出してそのまま火に掛け温めたりできるので、本当に使い勝手良いです。

今年は、ホーローで作る“カステラ”にも、
チャレンジしてみたいと思っています

☆おかえり会☆

ケーキを囲んで


今日は、朝から久しぶりにひと泳ぎしてきました。
行きは寒かった身体も、帰りにはぽっかぽか。
これから寒くなるにつれて、汗をかくことも少なくなります。
風邪予防の為にも、適度な運動で身体を温めたいものですね

デコレーションケーキ
↑名古屋の人気ケーキ屋さん「アヴァロン」のデコレーションケーキ

そんな健康的な話の後にする内容ではないのですが、
先日、学生時代の友人が、旦那様の転勤で地元に帰ってきたお祝いに、
「おかえり会」を友人宅で開催しました
東京の友人は参加が難しかったのですが、ほかのメンバーは皆休暇を取って集合。
そんな友情に感激のひとときでした。

でも、ここからが問題で。。。
友人が持て成してくれた美味しいサラダ、パスタ(おかわり有り)、そして大きなピザ
また、友人持参の大福餅にリンゴは、食後のデザート。
「もう、お腹いっぱい」と言いながらも、美味しくて楽しくてどうにも止まりません(笑)
更に、主役には内緒で準備したデコレーションケーキの登場!
とっても柔らかくて、甘すぎないクリームと様々なフルーツが色鮮やかな上品ケーキです。
これが別腹でどんどん入って行くのですぅ~。
でも、この日はお祝いなのでもう何も考えず食べ続けました。
こんな日があっても、いいのです
ただ夕食は、お米抜きに

笑い声の絶えない楽しい時間を過ごしながら、
「やっぱり友達っでいいなぁ」と、改めて実感した素敵な一日でした。
今年の年末も、フルメンバーで会えることを楽しみに頑張ります

パティスリー アヴァロンの公式ホームページはこちらです!

☆尾道銘菓☆

鯨羊羹


今日は、広島県に住んでいた祖母の命日。
本日は、祖母が美味しいとすすめてくれていた「中屋の鯨羊羹」をご紹介します。


鯨羊羹
↑鯨のような色合いの珍しい羊羹。

この鯨羊羹は古来から日本で食された鯨の表皮の黒い部分と
白い脂肪層の食べ物「おばいけ」の意匠を取り入れた羊羹だそうです。
昆布と寒天などを混ぜて、黒皮を道明寺糒(もちごめを蒸して日に干したもの)と
寒天・砂糖で白い脂肪層を表現しているとのこと。
なので、鯨の肉、油、その他 鯨からの抽出物等は
一切使用していないそう

見た目爽やかな鯨羊羹、お味も程よい甘さで
一緒にあわせた中国紅茶にとっても良く合いました。
心がほっと落ち着きます。

昔の方は、今ほど高価なものではなかった鯨のひげまでも
無駄なく使用していたそう。
また、黒と白の二層を意匠に羊羹にしようとした日本人の美意識の高さは素敵で
皇室の方も召し上がったそうです
私もお取り寄せしてお遣い物に。
ご興味のある方は、創業昭和11年の老舗菓子司 中屋さんで
是非お試し下さいね。


尾道といえば、明治から昭和を生きた文人・林芙美子さん。
彼女は12歳から18歳までの約6年間を尾道で暮らし
その後も父母に会いに、ちょくちょく訪れていたそうです。
あまりにも有名な「放浪記」など、庶民的なユーモラスさが魅力
どんどん読み進められると思います。
鯨羊羹と紅茶と共に、尾道の風景を想像しながら
涼しいお部屋で読書も楽しんでみて下さいね。

今日は長崎の原爆投下の日でもあります。
二度とこのような悲しい出来事が起こりませんように


中屋の公式ホームページはこちらです!

☆グルテンフリーのお菓子屋さん☆

Lilac


先日、主人がお土産にケーキを買ってきてくれました。
以前から噂には聞いていたグルテンフリーのお菓子屋さんのものです。
そもそもグルテンとは、小麦粉に含まれている成分のこと。
これによりお菓子やパン、パスタなど、ふっくらもちもちの食感になるのですが、
このグルテンを摂り過ぎてしまうと、アレルギー症状を起こし、
肥満、肌荒れ、腸の炎症など、体に不調をきたす場合があるそうです。
そんな心配を払拭してくれるお店が「Lilac(ライラック)」
2017年1月31日にオープンしたての、体に優しいお菓子屋さんです。



チョコ
↑食後のデザートとなったチョコレートケーキ「アパマテ」

早速食後に頂いたのが、こちらの濃厚チョコレートケーキ
ウバの紅茶とあわせて頂きました。
普通のケーキと遜色ない美味しさに驚き
こちらは、グルテンフリーだけでなく、原材料にもこだわっています。

粉類・・・米粉、ソルガムきび粉、タピオカ粉、葛粉
油脂類・・・製菓用ごま油、良質なバター
砂糖類・・・含蜜糖、きび砂糖

また嬉しいことに、保存料・防カビ剤・酸化防止剤・合成甘味料・
トランス脂肪酸を含むマーガリン・ショートニング不使用で安心安全





いちご
↑翌日の私のおやつとなった苺ケーキの「フレジェ」

こちらのケーキは冷蔵庫保存で翌日へ持ち越し。
フランスで一般的に親しまれているケーキだそうです。
ふわふわしっとりとした生地の上にババロアがコーティングされ、
沢山の苺が、春の喜び、華やかさを表現しているかのように、
目に飛び込んできます
ちなみにこちらは、ダージリンと合わせました。

でも、Lilacの一押しは「チーズタルト」
今度はそちらを愉しみに、お店にお邪魔したいと思いま~す。
健康志向のあなたにオススメのお菓子屋さんでした



Lilacの公式ホームページはこちらです!

☆バレンタイン・アフタヌーンティー・パーティー☆

友チョコ


昨日はSt.Valentine's Day
主人には、お酒と一緒に楽しめそうなベルギーのチョコレートを。
そしてお昼間は、近隣に住む仲良しの主婦友2人を自宅に招き、
バレンタインのアフタヌーンティーを愉しみました


3段トレイ
↑手作りのティーフード

アフタヌーンティーといえば3段スタンド!
一番下の卵、胡瓜、チーズのサンドイッチは、皆さんと一緒に作りました。
真ん中のケーキは、ホーローで焼いたチーズケーキ。
友人が持ってきてくれたビスケットも添えて。
一番上は、私からお二人へ愛を込めた友チョコスコーンです



チョコレート
↑3粒の美味しいチョコレート

友人のお土産チョコ。
昭和区にあるチョコレートが美味しいケーキやさんで買ってきてくれました。
私はお抹茶のチョコレートをチョイス。
とても濃厚なチョコで、この日に淹れた紅茶のうちの一杯『ケニア紅茶』に
とても良く合いました








フルーツ
↑瑞々しいフルーツ

女性だけの集まりということで、
友人が身体を冷やさないフルーツを選んで持参してくれました。
そのままと、ヨーグルト和えの2バージョンで









パイ菓子
↑まるで「パイの実」

以前一緒にアップルパイを勉強した友人が、応用編としてチョコ入りパイ菓子を
作って来てくれました。
小さくてもちゃんと何層にもなっていて、何だかカワイイ
食べやすくてとっても美味しかったです









春の花
↑テーブルに飾った春の花。

春とバレンタインのイメージで、ピンクと白を基調に、テーブルセッティングをしました。
お花もそんなイメージで。
昔から「チューリップ×スイートピー」の組み合わせ好きなんですよね。
何だか、チューリップのまわりを蝶々が飛んでるみたいでしょ

楽しい時間はあっという間に5時間が経過
自然に気持ちを緩ませてくれる友人達に心から感謝する
素敵なひとときとなりました。
いつもありがとう

☆イレブンジス☆

Lune(リュンヌ)にて


ある今年初の真夏日となった日の午前中、
朝の家事を済ませ、向かった先は近所のケーキやさん。


ケーキセット
↑アールグレイとオレンジを使用した夏らしいケーキ

待ち合わせしていた仲良し主婦仲間と3人でイレブンジス(午前11時に愉しむお茶の時間)
清潔感漂う可愛らしい店内にはまだ他のお客さんは誰も見えず、しばし貸し切り状態で
報告会&情報交換会と有意義な時間を過ごしました。
こういう時間が、毎日の家事を楽しいものに変えてくれるのです。
そんな会に華を添えてくれるのが、心ときめくスイーツ達
紅茶のチョイス法も伝授しながら、甘~い時間は過ぎていきました

他のお客さんもお見えになり、そろそろお昼。
夏休み中の皆さんのお子さん達も、塾や自宅でのお勉強が終わるころなので解散です。
私はおかげさまで午後からのレッスンも暑さに負けず挑むことができました。
お二人とも、また次回ね

☆梅雨の季節にピッタリ!☆

梅シロップのゼリー

3週間前に漬け込んで置いた梅シロップが完成しました


梅シロップのゼリー
↑珍しい色の紫陽花を添えて梅雨らしく。

水割りでさっぱりと愉しんだりしながら、ゼリーにも挑戦してみました。
漬け込んだ梅のみじん切りも混ぜて、冷蔵庫で冷やし固め出来上がりです
タイミングの良い生徒さんには、味見して頂こうと思っています。
お楽しみに

☆バースデー・アフタヌーンティー☆

ホテルで過ごす午後


連休、終わっちゃいましたね
皆さんきっと沢山の楽しい時間を過ごされたことと思います。
私は連休半ばに、学生時代の友人達とアフタヌーンティーを愉しみました。


入口
↑2016年1月21日にオープンしたストリングスホテル名古屋!

場所は、今年はじめに名古屋駅から徒歩10分の場所にオープンしたストリングスホテル。
ビジネス、シティー、リゾートのどのカテゴリーでもないホテルというのがコンセプトの、
落ち着きのある素敵なホテルのラウンジでした


沖縄に続き、早速こちらでのアフタヌーンティーをご紹介します


スコーンなど
↑スコーンとオードブル

手前の四角い形の物が、スコーンです!
あまり見掛けない形なのですが、それぞれ味も違いとても美味しかったです。
ジャムは2種類(いちご&パッションフルーツ)、そこにクロテッドクリームが添えられていました。
ここでしばし、スコーンの食べ方講座が始まりました(笑)
オードブルはサンドイッチの代わりの様です。
女性の美と健康を考えたかのような、バランスの良さが嬉しかったです






三段スタンド
↑ケーキばかりが並ぶ、華やかな三段スタンド

とにかくフルーツたっぷりに大喜び
パフェにはティアラなんか施しちゃって。。。ときめきます
素敵なお心遣いにも感謝です。










2段目
↑スタンド2段目

チョコのハイヒールが乗ったレモンケーキに、生花を添えた白桃の冷菓子が、
さっぱりとしてお口直しに丁度良い







三段目
↑スタンド三段目

ごらんの通り、フィンガーサイズの恋人達です
ラズベリーのマカロン、マンゴータルト、エクレア、チョコレートでコーティングされたお菓子も、
何から手を付けたら良いか迷うところ。








紅茶
↑シンガポールの紅茶屋さんTWGの紅茶を淹れてくれます

この日頂いた紅茶は3種類で全6杯。
(10種類の紅茶と、コーヒー、日本茶、中国茶の中から選択できます。)

・春摘みダージリン        
・フレンチ・アールグレー     
・ナポレオン(キャラメルブレンド)上質な紅茶に、スパイスとバニラの香りが添加。

こちらのホテルは種類の違う紅茶を何杯頼んでも、チャージがかかりません。
紅茶好きにはたまりませんね







教会
↑教会を横目に非日常的なくつろぎの時間

こちらのホテルは、ブライダル会社が経営されてるそうで、
教会を見学に来た若いカップルや親子を多く見掛けました。
立派な教会はもちろん、ホテル内には感じの良いレストランがいくつか入っているので、
今度はそちらでランチでもしたいねなんて話ながら、
3時間ほど甘~い時間を愉しみました。

新しいホテルでの、お腹いっぱいバースデー・アフタヌーンティー
何より誕生日の友人がとっても嬉しそうで良かったです




ストリングスホテル名古屋の公式ホームページはこちらです!

☆落ち着いたので☆

レモンケーキ


今年のお正月を振り返ると・・・
1日は、主人の実家でお義母さんと分担制にした手作りおせちを囲み楽しく過ごしました。
初の栗きんとん作りは、もう少し照りが出る様に来年までの課題です
2日は、主人の友人6名が昨年同様遊びに来てくれました。
今年は少し余裕を持って食事を用意出来たので、1年で少しは成長したのかしら
3日は、私の両親、兵庫県に住む妹ファミリーと一緒に食事へ行きました。
飛騨牛しゃぶしゃぶ、たまりませ~ん

7日の七草粥で忙しかった胃腸を整え、
その頃から冷蔵庫内もいつもの眺めに戻りつつ・・・やってきました三連休。
久しぶりにのんびり過ごしています

レモンケーキ
↑レモンの風味が爽やかなパウンドケーキ

そこで、主婦のお仲間に教えて頂いた「レモンケーキ」を作ってみました!
ふわっふわでやわらか~
初めてにしては、まずまずの出来映えでしょうか。
早速、島根県出雲市の国産紅茶と一緒に、主人とティータイムを愉しみました。
今後「上出来!」と云ってもらえる様、これから何度も作って行きたいです。

今年も、実り多き穏やかな一年となりますように

☆秋のお菓子作り☆

柿のパウンドケーキ



パウンドケーキ

せわしい毎日から少し開放されたので、我が家で絶えることのない旬の果物
「柿」を使いお菓子を焼いてみました。

完熟の柿を選び小さくダイス状にカットし、ラム酒に漬け込み、
いつものパウンドケーキの材料に入れて焼くだけで、
しっとりふんわり秋の味を楽しむことができます。
これぞ!どんな紅茶にもマッチしてしまう万能焼き菓子ですね

すっかり深まりゆく秋
身体に良い旬の食材を摂り、冬の寒さに負けない様、
今からどうぞお備えください

☆手作りの鬼まんじゅう☆

さつまいも


先日、実家の母からこの時期旬のさつまいもを沢山もらいました。
お裾分けしたり、お料理にも使いましたが、まだ残っていたので、
鬼まんじゅうを作ってみることにしました

鬼まんじゅう 039
↑さつまいもの色がとっても綺麗

愛知県外出身の主婦仲間は、名古屋に来るまで鬼まんじゅうを知らなかったそう。
市内には名店もあるくらいなので、全国どこにでもあるものと思っていましたが、
これも立派な名古屋名物なんですね
材料は、さつまいも、砂糖、薄力粉、塩、水だけ。
これを蒸すだけでこんなにも美味しいお菓子が完成します!
私のおやつは当分これで賄えそう

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍