☆一菓一紅☆

パイナップル ✕ ジャスミンティー



お菓子1
↑エキゾチックな可愛い箱に包まれたお菓子









お菓子2

お菓子: パイナップルケーキ (シンガポール)














ジャスミンティー

お茶: 茉莉花茶 (中国) 














茶葉
↑中国緑茶にジャスミンの香りを付けた着香茶

香りと味のバランスの良いジャスミン茶の、今日のお供はパイナップルケーキ。
卵とバターと牛乳の生地に包まれた甘酸っぱいお菓子です。
見た目とは違ったズシッと食べ応えのあるこのお菓子を、
ジャスミンティーが口の中を爽やかにさっぱりさせてくれます。
パイナップルとジャスミンの香り。。。
お互いを邪魔せず、なかなかの相性です。

今日は中華風ティータイムでした

☆一菓一紅☆

チョコレート ✕ ウバ



お菓子

お菓子: マジドカカオ・アーモンドクランチ (マジドゥショコラ/東京)














紅茶

紅茶: ウバ (エズラビ茶園/スリランカ)














茶葉
↑2016年のクオリティーシーズンに摘まれた茶葉。

冷たい雨が降り続いていますが、
昨日の午前中は、久しぶりにお日様が顔を出してくれて、
乾燥機に掛けられないお洗濯物を急いで洗い、
アイロンがけまで終えた時にはすっきり心も晴れました。
そんな気分爽快な日のティータイムは、
少し濃いめのウバ紅茶に濃厚なチョコレート。
相性ピッタリ、疲れも取れます。

チョコレートにちりばめられたアーモンドクランチの香りと食感は口の中に広がり、
そこへ紅茶を流し込むと、甘いチョコレートはさっぱりと、
紅茶の渋さは柔らかく味が変化します。

今年摘みのウバもそろそろ愉しめる頃。
ミルクティー向きでもある紅茶なので、
これからの季節、大活躍しそうですね。
どうぞ素敵な秋のティータイムでお寛ぎ下さい

☆一菓一紅☆

チーズケーキ ✕ アールグレイ



半熟チーズ

お菓子: 半熟チーズ (Sweets Village NAKANO/豊田市)














アールグレイ

お茶: アールグレイ・フレンチブルー (マリアージュ・フレール/パリ)














茶葉
↑矢車草がアールグレイを一層上品に引き立てます

季節の移ろいを感じる今日この頃。
そんな中、英国からキャサリン王妃が第三子をご懐妊と、
嬉しいニュースが飛び込んできました。
そこで英国を代表する紅茶「アールグレイ」でお祝いです。
お茶のおともは、アールグレイによく合う「チーズケーキ」。
スフレのようなふわっとした食感が人気の《半熟チーズ》です。
紅茶から漂うベルガモットの香りとチーズケーキの口溶けのまろやかさが、
優雅な時間へと誘ってくれます。

来春の英国便りが待ち遠しいですね

☆一菓一紅☆

パウンドケーキ × フレーバードティー



パウンドケーキ

お菓子: パウンドケーキ (ノリエット / 東京)















緑茶&白茶

お茶: カメリアズ ウェルカムティー (Camellia's Tea House / ロンドン)















茶葉
↑緑茶と白茶のフレーバードティー。矢車菊、バラの蕾、ムーレイン、マリーゴールドが鮮やか。

梅雨の季節は気分だけでも爽やかに過ごしたもの。
そんな時に甘いフルーツや花の香のお茶は、心晴れやかにしてくれます。
そして、その傍らにはレーズン入りのパウンドケーキ。
間違いなく笑顔になることでしょう。
深い味わいのパウンドケーキに、緑茶ブレンドはどこか少し物足りなさを感じそうですが、
このお茶に含まれているハーブやショウガが、パウンドケーキを奥深い味わいへと
更に変化させるのです。
馥郁たるアプリコットとジャスミンの香りに包まれて、
静かな梅雨の午後をお過ごしください

☆一菓一紅☆

エッグタルト × キーマン紅茶


チーズタルト

お菓子: ラフランスエッグタルト (ぱんどら/山形)
















キーマン紅茶

紅茶: キーマン紅茶 (中国)
















茶葉
↑すっきりとした中に甘味を感じる、スモーキーな味わいの中国紅茶

山形県産のラフランスを使用した濃厚タイプのエッグタルト。
そこに、独特の個性を持つキーマン紅茶を合わせてみました。
お菓子が更に美味しく感じられるのはもちろん、
誰もがきっと、キーマン紅茶の持つ甘味が存分に引き出されることに、驚くことでしょう。
美味しいラフランスが、タルトの濃厚さを少し控え目にもしてくれると同時に、
幸せいっぱいの口の中を、キーマン紅茶がすっきりとさせてくれます。
ぜひ体感してみてください

☆一菓一紅☆

バウムクーヘン × アッサム




バームクーヘン

お菓子 : 治一郎のバウムクーヘンカット (治一郎/静岡)





















紅茶

紅茶: アッサム (ハルマリ茶園/インド)



















茶葉
↑フルーティーな香りの夏摘みアッサム紅茶

先日、主人に頼まれホワイトデーのお菓子を買いに百貨店へ。
その時新たに見掛けた清潔感のある和の雰囲気が素敵なお店。
そこが「治一郎」でした。
バウムクーヘンが一押し!の様だったので、カットされたそれをおやつに購入。

口の中に入れると、鶏卵がたっぷり使われていることがすぐにわかる濃厚な味わい。
とても上品な甘みも持ち合わせています。
今回そんなお菓子に合わせてみたのが、アッサム。
風味豊かなバウムクーヘンに、コク深いアッサムが溶け合います。
ミルクティ-にしても、違った愉しみ方が出来そう。
これからの季節、華やかな春菓子が私達をときめかせてくれるのでしょうね。
そんな時は、ぜひ紅茶選びをお愉しみ下さい

☆一菓一紅☆

萩の月 × 静岡紅茶



萩の月

お菓子: 萩の月 (三全/仙台)
















大橋紅茶

紅茶: オリジナルOHASHI紅茶 (大橋/東京)
















オリジナル大橋紅茶
↑静岡県産“やぶきた”品種の茶葉を使用した紅茶

今日は満月。
そんな日に何だか思い出すお菓子が仙台銘菓「萩の月」。
昔から大好きなお菓子の一つです。
卵と牛乳の風味が感じられるふわっふわの優しいお菓子。
そんな仙台の味に、静岡産の茶葉で仕上げた紅茶を合わせてみました。
少しコクが強いかなとも思いましたが、しっかりとした甘みが
お菓子の甘みと相まって、両方の美味しさが口いっぱいに広がります。
ストレートはもちろん、ミルクティーにしても良く合いそう。
満月のパワーを感じながら、今日も一日頑張りましょう

☆一菓一紅☆

西洋和菓子 × フレーバードティー



通りもん

お菓子: 博多通りもん (明月堂/福岡)














紅茶

紅茶: Countess Grey (Fortnum&Mason/英国)















ティーバッグ
↑1830年代に首相でもあったグレイ伯爵の婦人の名前に由来してい紅茶「カウンテスグレイ」

お土産に頂いた博多銘菓の「通りもん」。
「通りもん」とは博多どんたくで、しゃもじや三味線、笛や太鼓を鳴らして
街を練り歩く行列のことを言うそう。
そもそもこの「どんたく」とは“西洋休日”という意味で、オランダ語の休日「ゾンターク」が
「どんたく」となまったもの。
博多に伝わる和菓子の伝統と西洋菓子の素材を取り入れたのが、このお菓子です。
それなら紅茶に合わないはずがありません。
合わせた紅茶は「カウンテスグレイ」。
グレイ伯爵の名を冠した「アールグレイ」に更にオレンジの香りをプラスした、
華やかでとても女性的な香りの紅茶です。
ミルクの香りの皮に包まれたしっとり上品な柔らかい白あんと、
オレンジの香りが良く合って、舌の上でとろける美味しさ。
そして柑橘の余韻は幸福感へ誘います。

今日も素敵な休日を

☆一菓一紅☆

サブレ × クリスマスティー


鹿サブレ

お菓子: 鹿サブレ (横田福栄堂/奈良)















クリスマスティー

紅茶: エトワール・ミステリューズ (マリアージュ・フレール/フランス・パリ)














茶葉
↑「ふしぎな流れ星」をモチーフにしたフレーバード・ティー

先日、生徒さんからお土産に頂いた「鹿サブレ」。
「鳩」はよく聞きますが、「鹿」を見るのは初めてでした。
食感は鳩より少し固めで私好み(サブレの話です、笑)。
みそせんべいを作られているお店だからでしょうか、お茶うけにピッタリの美味しさです。
そんな鹿サブレをトナカイに見立て、クリスマスティーを合わせてみました。
通常クリスマスティーは、スパイスが入っているものが多いのですが、
こちらはオレンジやラズベリーなどの柑橘類に、クリスマスらしい星のお砂糖入り。
ほんのり甘く爽やかな可愛らしい紅茶&トナカイさん(鹿ですが)。
サブレの風味を引き立てながら、爽やかに香る優しい紅茶に癒やされました。

そういえば、数年前にも今年同様イブとクリスマスが休日という日があり、
都会の喧噪から離れ、ひっそりとした奈良で主人と過ごした事を思い出します。
鹿とクリスマス。
私にとって魅力的なペアリングです

☆一菓一紅☆

栗かのこ最中 × 加賀紅茶



栗かのこ最中

お菓子: 栗かのこ最中 (川上屋/岐阜・中津川)














加賀紅茶

紅茶: 加賀の紅茶「輝」 (上林金沢茶舗/石川・金沢) 














茶葉
↑平成26年に加賀藩前田家18代御当主より賜った愛称「輝」という名の和紅茶。

石川県では藩政時代からお茶が盛んに作られ、その生産とともに加賀の文化も発展したそう。
そんな加賀市打越(うちこし)産の茶葉のみで作られた紅茶に合わせたお菓子は栗最中。
可愛い栗の形をした最中の中に、白餡と小さく刻まれた栗がコロコロっと入っています。
最中の香ばしさ餡の甘さに加え、口の中に広がる栗独特の甘みとぼそぼそ感。
そこに、加賀紅茶の清々しい甘みが重なり、口の中も同時にさっぱりとさせてくれます。
秋のお菓子と和紅茶で、日本に生まれてよかったぁ~と思える瞬間を、
どうぞ体感してみて下さい

☆一菓一紅☆

くるみ餅 × 八女紅茶




くるみ餅

お菓子: をりをりに (松福/岐阜)















紅茶

紅茶: 八女紅茶 (梅野製茶園/福岡)















茶葉
↑八女茶のまろやかさを生かした自家製国産紅茶

栗やくるみやさつまいも。
紅茶にぴったりな秋のお菓子に目移りする今日この頃です。
先日、自宅に遊びに来てくれた友人の手土産が《をりをりに》でした。
お店には、四季折々に楽しめる様に4種類の季節のお菓子を用意しているそうで、
今の季節は秋の「くるみ餅」が並んでいるのだそう。
そこで、日本茶の甘みに似たまろやかな味わいの八女紅茶を合わせてみました。
きめ細やかでしっとりとした生地に包まれたくるみ入りの白餡の甘みが、
紅茶の甘みと相俟って、まるで口の中で秋が深まっていくようです。
また、くるみの食感も愉快。
どうぞ、この季節のお菓子をお愉しみ下さい

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍