FC2ブログ

☆プラナカン文化☆

プラナカン文化


春うららかな季節となってきました。
かなり引っ張りましたが(笑)、今回が最後のシンガポール紀行記。
よろしければご高覧下さい

プラナカン博物館
↑プラナカンの文化を伝える博物館

この旅行で、訪れてみたかった場所、《プラナカン博物館》
プラナカンとは、15世紀頃から国際貿易の拠点であったマラッカにやってきた中国人が、
マレー人などの現地妻を娶るようになったのが始まりで、その子孫達を指すそうです。

彼らは、中国とマレーの文化をベースに、アジアやヨーロッパのさまざまな文化を折衷させて
独自の文化を創り上げていきました。
それらを紹介しているのが、この博物館です。



プラナカン食器
↑優しい色彩のティーセット

プランカンは、英国植民地時代にはマラッカ、ペナン、シンガポールで大変な繁栄を築き、
政府や白人社交界に出入り出来る程の地位にあったそう。
そんな背景からうかがえる様に、100万個のビーズを使用した刺繍や、プラナカン食器、
美しい装飾品、結婚式の様子などが展示され、独特な文化を目にして触れて
感じることができました



その後、折角だからとプラナカン文化が色濃く残る、中心地からタクシーで15分くらいの
「カトン」という街を訪れました。

プラナカンの家
↑西洋式の窓、レリーフや円柱、マレー風の軒下飾りが、プラナカン住宅独特の折衷様式

こちらが実際にプラナカンが住んでいるテラスハウス。
ファザードがヨーロッパのカラフルなタイルで飾られてたりと、ホント可愛いおうち
ご覧の通り、一戸単独で建てられる家は少なく、数戸が連なってひとつの通りを形成しています。
この近辺にプラナカン様式の店舗があり、中を見学することができました。
一階は店舗、二階から上は本来は住居ですが、おじゃましたところは二階も店舗。
ウナギの寝床のように、間口は狭く奥行きが深いのが特徴だそうです。
まるで京都の町屋のようで合理的

住居のみの場合は、玄関を入ってすぐが応接室。
その家の財力を示す為、シャンデリアや豪華な中国家具が配置されているようです。
そしてリビング、中庭、キッチンへと続く。。。


しかし、第二次世界大戦で日本軍支配下になると経済が落ち込み、
プラナカンも財産を失い戦後も状況は悪化したそうです。



プラナカン食器
↑記念購入したプラナカン食器の小物入れ

しかし最近では、慈善事業に力を注いだ有名実業家や政治家のおかげで
彼らの卓越した文化が見直され、復興活動がはじまった所だそうです。
微力ながらその活動に参加する気持ちで、プラナカン食器を購入しました。
生徒さんにお見せする為の茶葉を入れたりして使っています。

私にとって二度目のシンガポールでしたが、一度目とは全く違った印象で、
国の発展の凄まじさを目の当たりにしたような気がしました。
また、シンガポールを深く知ることができたのも、旅の有意義さに繋がったのだと
思っています。
「知る」って本当に大切で、楽しいことですね。

また行きたいです、シンガポール

☆ローカル・フード☆

食べました!


さて、シンガポール紀行もそろそろ終わりを迎えますが、
その前に、シンガポールの気軽に楽しめるローカルフードをご紹介します。
写真を撮り忘れたものが多々ある中、なんとか撮り残すことができたものがこちらです


肉骨茶
↑骨肉茶と書いて『パクテー』

書く名称の通り、ポークリブのスープのことです。
ニンニクや漢方で煮込んであるので、滋養強壮スープとしても定番メニュー!
胡椒がピリッと効いて、冷房で冷えたカラダを温めてくれる優しいスープでした。





福建麺
↑福建麺と書いて『ホッケン・ミー』

もっちりとした食感の麺と甘しょっぱいソースが絡んだ一品です。
ソースや具、調理方の違いにより、種類は豊富です。





サテ
↑串焼き料理の『サテ』

鶏や牛肉や山羊肉などを香辛料のタレに漬け込んで焼いたものです。
日本の焼き鳥を小ぶりにしたようなもの。
屋外でビールと一緒に、気分サイコー



そして、義妹ファミリーとの夕食では。。。

隠れ家
↑シンガポールらしい緑豊かな隠れ家的レストラン


イタリアン
↑オードブル

トーストにプリプリの魚介とソースが美味なオードブル、美味しかった~
話に夢中で、他を撮るのを忘れていました、すみません
楽しい夜になりました




ラクサ
↑スパイシー&マイルドな『ラクサ』

スパイスの香りに、ココナツミルクを加えた濃厚且つマイルドなスープ。
短い麺が入っています。
癖になって、止まらなくなりそう!
プラナカンの多い《カトン》という街は、ラクサの激戦区です。





エッグ・べネディクト
↑朝食で食した『エッグ、ベネディクト』

シンガポールと関係はありませんが、とても美味しかったので
紅茶やフレッシュジュースに良く合いました。






カヤジャム
↑お土産にも購入した『カヤジャム』

カヤ=ココナツ
ココナツミルクに卵と砂糖を入れて作ったジャム。
シンガポールやマレーシアではポピュラーなジャムで、
珈琲ショップでも、トーストにカヤジャムとバターを挟んだカヤトーストが楽しめるそうです。
今朝の我が家でも、私が初めて手ごねで焼いた食パンに、これを塗って食べました
見た目はウグイス餡ですが、ほんのりココナツの香りと適度な甘さが病みつきになりそう。
半熟の目玉焼きと一緒に食べると、また味わい豊かに

この度惜しくも逃した『チキンライス』など、他にも地元の味は盛り沢山です。
皆さんもお出掛けの際は、人気店など探してみて下さいね。
食べ歩き、シンガポール

☆ハイティー☆

シンガポールでお茶の時間


4月になりました
背中をポンと押してくれる季節。
新しいことにチャレンジしたり、心機一転再出発できたら良いですね


さて、久しぶりにシンガポール紀行の後半をご報告します。
よろしければご高覧下さい

ドローイングルーム
↑ラッフルズホテル2階のドローイングルーム

シンガポールは元英国領。
その為、ホテルなどでは本格的なアフタヌーンティーを頂くことができます。
宿泊していたホテル1階にも、宿泊者以外でも利用できる有名な
「ティフィン・ルーム」がありますが観光客などで凄い人
ホテルからのお知らせに、「宿泊者は特別な場所でアフタヌーンティーが出来ます。」
とあったので、早速選択肢のひとつ《ドローイングルーム》でお願いしました
その昔貴族達は、こういったお部屋でアフタヌーンティーを愉しんでいたそうですよ。

内容はこちらです↓

サンドイッチ
↑ツナ、たまご、キュウリ、サーモンなど5種類のサンドイッチ

ラッフルズホテルでは、アフタヌーンティーのことを『ハイティー』と呼んでいます。
もともと背景の全く違うのもなのですが。。。



スコーン
↑チーズとレーズンのスコーンとミートパイ

でも、パイなどのミート類が盛りこまれているところは、
軽い夕食のお茶である『ハイティー』といっても間違いではありませんね。





ケーキ2
↑苺のタルト(写真左)とオレンジケーキ

フィンガーサイズの甘~いプティケーキ





ケーキ1
↑手前からフルーツケーキ、マンゴーケーキ、アールグレイのチョコケーキ

シンガポールらしいトロピカルな味のケーキたち
私の止まらないフォークに、付き合ってくれた主人は終始驚いていた様子(笑)





紅茶
↑ラッフルズオリジナルのアフタヌーンティーブレンド紅茶

この紅茶は、名前の通りアフタヌーンティーにピッタリの美味しい紅茶です!
ポットの中の紅茶はあっという間に無くなり、おかわりを頂きました。
ホテル内のお土産店でも販売しているので、お立ち寄りの際のご購入をおすすめします。

二人だけの穏やかで優雅な時間。
バトラーの優しい心遣いに感謝です。

Lovely Place, Singapore

☆ご冥福を。。。☆

シンガポール建国の父


クラーク・キーエリアから

皆さまもご存知とは思いますが、
3月23日、シンガポール初代首相リー・クアンユー氏(91歳)が
重度の肺炎のため亡くなられました。
2月5日からシンガポールの病院に入院されていたそうです。

リー氏は、1965年のシンガポールのマレーシアからの分離独立以来、
繁栄の基礎を築き「建国の父」と呼ばれていました。
長男であるリー・シェンロン首相は会見で涙ながらに、
「資源のない港湾都市に奇跡的な繁栄をもたらした」と、父の功績を強調したそうです。

リー・クアンユー氏は、人々が欧米に目を向けている頃、
「東にもっと素晴らしい成功例があるではないか」と、日本への憧れを抱き、
日本をモデルにして経済の知的な発展を遂げました。
そして、軍と経済の開発独裁をしてきた中で腐敗すること無く、
民主的な方法で国民を導いてきたようです。
確かに、中国系が人口の75%も締める中でモラルが出来ているのは、
彼が国民を育てようなものなのかもしれません。

そして、今や日本からシンガポールへ移住する時代!
リー氏は、この日本の失われた20年に対して苦言し、日本にとっても恩人だったそうです。
そんな先見性と指導力を持ったアジアのリーダー的存在の彼は、事実上の大統領との声も。

国葬は29日。ニュースでは安倍首相も参列するとのこと。
そして3月23~29日までシンガポール市民は喪に服すそうです。

リー氏はこう述べたそう。
「私がやるべきことは何も無い。さいごに私が手にしたものは、繁栄したシンガポールだけだ」と。

Fine City, Singapore

☆クールドライな植物園☆

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ


シンガポール2日目。
シンガポール在住の義妹ファミリーと一緒に、近未来型ガーデンの
「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へ行ってきました。

花
↑目を引くお花たちがいっぱい

ここは世界中の珍しい植物を集めたテーマガーデンパークです




館内
↑高度な技術で温度管理されたドーム型植物園

ドーム内の気温は23~25℃と、地中海沿岸・亜熱帯の半砂漠地帯等の気候帯を再現しています。
植物園というと、湿度の高い温室をイメージしますよね。
それを覚悟で入ってみると、あら不思議。
むしろ寒いくらいでした




滝
↑人工の山、滝の裏側に歩道と展望スペースがある「クラウドフォレスト」

背の高いドームの方では、低温で湿度の高い山岳地帯の植物体系が展示されています。
この人工の山は高さ35m、頂上まで登ってきましたよ!
そこから流れ落ちる滝のミストには心身癒やされ、気持ち良かった~




レゴ
↑食虫植物をLEGO(デンマークのブロックの玩具)で再現!

レゴって何でも作れるんですね
何だか毒々しいところまで、上手く再現されています






続いて屋外には、10つのエリアの分かれたガーデンがあります。
徒歩で巡ると一周約1時間。
トラムツアーがあるとのことで、みんなで乗り込みガーデン巡りを楽しみました。

イングリッシュ・ガーデン
↑赤ちゃん、お昼寝ですか?

シンガポールの各民族と植物の関わりを紹介する
4つのヘリテージガーデンのひとつ「コロニアル・ガーデン」。
その中にあるイングリッシュ・ガーデンには何だか見覚えのあるオブジェが。。。
はい、こちらです→2013年2月のブログ
また会えたね




昼間
↑スーパーツリー

ガーデン中央で異彩を放つ大きな木。
幹の部分は、パイナップル科の植物を中心に、シダやツル性植物が植えられているそう。
ガーデン内には高さ25~50mのスーパーツリーが計18本あるそうです。


そして夜になると、12本のツリーが集まる中心部(スーパーツリー・グローブ)では、
光と音楽のショーが無料開催されます。



夜間
↑OCBCガーデンラプソディー

世界の熱帯雨林がテ-マのこのショー。
ツリーの頭頂部には太陽電池が内蔵されていて、自然とハイテクが合体しています。
未来的なファンタジーの世界に夢見心地でした


以前訪星した時にはもちろん無かったガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
現在のシンガポールを象徴させるかのような、新名所でした。
ガーデンシティー、シンガポール

☆THE SINGAPORE☆

まずは・・・


やはりこれを観なくちゃシンガポールに来た実感は湧きません(笑)

マーライオン
↑上半身がライオン、下半身が魚の不思議な容姿の「マー・ライオン」

シティー・ホール周辺のこのエリアには、ユニークな建造物が建ち並び、
特に最高のビューポイントに立つシンガポールのシンボル「マー・ライオン」前は
記念撮影する人々で賑わっています。
また、後ろに立つクラシカルなホテル【フラトン・ホテル】は元郵便局だったそうで、
館内には古い昔のポストがその華やかさとは裏腹にひっそり佇んでいました

他にもその周辺エリアは見所がたくさん!
夜とは対照的に、昼間はひっそり静まりかえるクラーク・キー・エリア。
旧正月の飾り物が名残惜しそうに残っていた、チャイナタウン。
*シンガポールは人口の約75%を中国系が占めています
若者達で賑わうブギス(インドネシアのスラウェシ島周辺の海洋民族の意)の街。
民族衣装を身にまとった美しい女性達とすれ違うアラブ・ストリートは、
モスクのあるエキゾチックな雰囲気。

異国の文化や生活に触れられる興味深いエリアばかりで、
まるで野外民族博物館「リトルワールド」みたい(笑)




そして夜のシンガポールは

夜景
↑アジアの金融センター、「シェントン・ウェイ」のビル群。

まさしくこれぞ、シンガポールビュー。
皆さん良くご存知、【マリーナ・ベイ・サンズ】の57階にあるBarからの眺めです。
お隣では、宿泊者のみが使用できるプールで温泉のようにつかりながら、
同じ夜景を眺めている人達...とても不思議で滑稽なシチュエーションでした。
目の前の海では、時間になると光と音や噴水で盛り上がるショーも行われます。
兎に角、白ワインがとっても美味しく感じられるゴージャスな夜でした

非日常を満喫できるテーマパークのような国、シンガポール

☆真夏の国へ☆

Singapore


啓蟄の候、冬ごもりの虫たちも光を求めて這い出してくる時期ですが、
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
私はレッスンのお休みを頂いて、今月6日~11日までシンガポールを訪れていました。


ガーデン
↑ガーデンズ・バイ・ザ・ベイからの眺め

春寒の日本から一気に赤道直下の真夏の国への避寒旅行。
渡星は約20年ぶり(?)、おかげさまで初心の気持ちで楽しむことができました。
これから、旅の数ページをお伝えしていこうと思います

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍