☆ワルター・アウターフルートリサイタル☆

ウィーンの音色


先日、フルートの生徒さんとフルートリサイタルへ足を運びました。
名門ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者
ワルター・アウアーさんのソロリサイタル。
しかも、一番前の写真の位置が席だったので、フルートもピアノも間近!
フルートの演奏技術から伴奏者とのやり取りまで、何か盗み取れたらと
楽しみで仕方ありませんでした


電気文化会館ザ・コンサートホール
↑以前にもこのような写真をアップしたような・・・

プログラムは全5曲
C.フリューリングの幻想曲op.55や、
シューベルトの「しぼめる花」による序奏と変奏曲D802op.160は、
幻想的なフルートの音色を活かしつつ美しく歌い上げているのに聞き入りました。
また、モーツアルトのきらきら星変奏曲(「ああ、お母さんに聞いて」による12の変奏曲K265は、
原曲はピアノ曲なのですが、この度初めて聴いたフルートとピアノへの編曲は、
聴き応えがありました。
なめらかにそして時にダイナミックに。。。
ワルター・アウアー氏の良く動く指とブレスの長さには圧倒されました。
また、ピアノ伴奏をされていた沢木良子さんの演奏も素晴らしく、
大変難しい曲というのは身に染みているので(笑)、尊敬の眼差しで跳躍する指にもう釘付け。
フルート、そしてピアノ伴奏もお見事!と大きな拍手を貰うに相応しい演奏でした。
一番前で良かった~

休憩を挟み、
ベッリーニ/コッティグニーの「ノルマ」の主題による華麗なる変奏曲や、
R.シュトラウスのソナタ変ホ長調op.18は、
もはや超絶技巧のオンパレードです!
後半になるに従って見せてくれましたよ、真の実力を。

アンコールはF.シューベルトの「音楽に寄す」D547で締めくくってくれました。

勢い余って少々音がひっくり返っても全く動じることなく、
全体を感じながら美音を追求する姿勢が、今回とても心に響きました。
きっとウィーンフィルで培われた器の大きさなのかもしれません。
世界最高峰の響きと、妊婦のピアニストが奏でる優しくもあり力強い音色に包まれた、
素晴らしい夜となりました。
生徒さんと共に、素敵な課外授業を受けることが出来て良かったです

☆川井郁子ヴァイオリン・リサイタル☆

魅せる音楽


すっかりご無沙汰してしまいました。
やっと梅雨も明け、これからが夏本番!なのですが、
既に、この暑さにやられてしまっています
しっかり食べて、しっかり睡眠をとり、元気にこの夏も乗り切りたいですね。

さて先日、ヴァイオリニスト川井郁子さんのリサイタルへ足を運んできました。
この季節にピッタリの情熱的な音楽を届けて下さいましたよ。
川井さんのヴァイオリンを生で聴くのは初めてだったので、
この日がずっと待ち遠しかったです。



しらかわホール
↑三井海上しらかわホールの音響は素晴らしいです

ピアニストのフェビアン・レザ・パネさんが奏でるタンゴのリズムが会場に響き渡ると、
颯爽と現れる川井さん。
アストル・ピアソラの「リベルタンゴ」で、幕が上がりました。

美しいお衣装を身に纏い、その立ち姿、踊る様に演奏する姿は、
まさに妖艶といった言葉がぴったりです。
お話する姿は物腰が柔らかなのですが、ひとたび演奏となると
力強く芯のある演奏で、その美しい姿と共に私たちを魅了します

この日は、タンゴやカルメン、ロシア民謡などのテンポのある曲から、
白鳥の湖などのしっとりと聴かせる曲をご選曲。
そして、川井さんが作曲した「和」をテーマにした新曲(ほやほやで曲名も未定)など、
約20曲を演奏して下さいました。
いつもは眠くなるヴァイオリンの音色も、何故かこの日は最後まで一曲も聞き逃すことは
ありませんでした(笑)。
また、伴奏のピアノも、ついつい見惚れてしまう程の感情豊かな素晴らしい演奏でした。

楽器は違えど、人を惹きつける「魅せる演奏」という点で、
本当に良い勉強をさせて頂いたような気がして有意義な時間となりました。
これからも日々精進です

☆音楽フェスタ☆

今年も皆で参加です!

皆さま、暑中お見舞い申し上げます
毎日蒸し暑い日が続きますが、どうぞ体調を崩すことなく健やかにお過ごしください。

さて6月に引き続き、7月も音楽のイベントに出演させていただきました。
毎年お声を掛けて頂いている名古屋グローリアス教会主催の「音楽フェスタ」です
9組の出演者たちが、楽しく音楽を奏でました。


プログラム
↑パンフレット

今年の我がPutneySaloonフルート教室は、私を含めた3人で「OVER THE RAINBOW」を演奏。
いつもはピアノ伴奏で演奏するのですが、この度はCDの伴奏だったので、
こちらがついていかなくてはならないという課題となりました。
最初はそれぞれ「本番まで間に合うかしら」と焦っていましたが、
合同演習を経て、無事に本番を迎えることが出来ました。

本番では、初めて帽子をかぶっての演奏。
曲のアレンジが≪ジャズ≫や≪ボサノバ≫だったので、
いつものクラシックとは違った雰囲気を演出する為でした。
テーマは「避暑地の草原でフルートを奏でる」
それが良かったのか、皆さんいつもよりリラックスしているように見えたのは、
気のせいでしょうか。
客席の皆さんの目にどの様に映ったのか。。。写真がないのが残念です。

他の出演者の皆さんもとても素敵な演奏で、アメリカの留学生の女の子が唄う
日本語の「HOW WE NEED YOU FATHER」は、少し胸が熱くなりました。
他にも、教会が主催する英会話教室の子供たちの英語のうたや、
元気いっぱいの高校生ガールズバンド、民族楽器を奏でるファミリーに、
漫画家志望の女の子がヴァイオリンで奏でるジブリメドレーなど、
昨年より聴きごたえのある音楽フェスタだった様に思えました。
来年も参加できたら嬉しいな





おはぎセット
↑おはぎセット

さて、この日のリハーサル終了後、本番まで約1時間あったので、
数分歩いたところにある和カフェ「ひつじの時間(こく)」でお茶することに。

この日も蒸し暑かったものの、身体は冷たいものより温かいお茶を欲していたので、
おはぎセットをお願いしました。
本番前の腹ごしらえといったところです、笑。
あんこ・きなこ・黒ゴマのおはぎに、ポットで温かいほうじ茶が出てきます。
Sさんは冷やしぜんざいセット、
Yちゃんはハーブティー(クスミティーのセカンドラインLØV ORGANIC)のみだったので、
あんこのおはぎをお裾分け
おはぎは出来たてで、本当に美味しかったですよ

フルート教室も紅茶教室同様個人レッスンなので、
普段なかなか生徒さん同士ご一緒できません。
だからこのような機会は本当に貴重です。
お誘いして本当に良かった
このお店を探してくれた主人にも感謝です。

この日も音楽と共に愛の溢れる有意義な一日を過ごすことが出来ました。
そしていつも誘って下さるAさん、素敵な時間をありがとうございました



名古屋グローリアスチャペルの公式ホームページはこちらです!

ひつじの時間(こく)のFacebookはこちらです!

☆中部ハンドベルフェスティバル☆

フルートで参加


先週の土曜日、日本ハンドベル連盟中部支部が主催する、
≪第25回中部ハンドベルフェスティバル≫に参加する機会に恵まれ、
ハンドベルとのコラボで、フルート演奏をしてきました


アニー・ランドルフ記念講堂
↑会場となった金城学院大学内にあるアニー・ランドルフ記念講堂

1993年より毎年行われているこのフェスティバル。
今回のご縁は、ハンドベルをされている紅茶の生徒さんから頂いたお話でした。
フルートの発表会でトーンチャイム(ハンドベルに似た楽器)を演奏する経験はありましたが、
ハンドベルと共にフルート演奏するのは初めて。
これは光栄なお話と、二つ返事でお受けしました








マスリンギング風景
↑11団体が集い、100名以上の参加者でハンドベルを奏でます

ベルの音は、古くから時を告げ、慰めを与え、人々を神様への祈りへと導いてくれました。
そんなハンドベルの輪が年々広がり、今年は幼稚園児、小中高校生、大学生、社会人の、
様々な年齢の方々で構成される中部地方の23団体が集結しました。
上の写真は、その内の11団体が集い演奏する「マスリンギング」。
こんなに大人数のでハンドベルは聞いたことがなく、
幾重にも重なる音色が本当に美しかったです。

ところで、私が参加したチームは、発足5年目の社会人チーム。
メンバー13人が温かく迎えてくださり、合同練習、そして本番当日と、
チームの一員の様に接してくださいました。
私が演奏に加えて頂いた曲は讃美歌21・141番「主よ、わが助けよ」
ハンドベルとフルートの音色が重なって、美しいハーモニーとなる曲です。
本番前にリハーサルが出来なかったので、舞台上からの音量や響きが心配でしたが、
何とかバランスが取れていたそうで、ほっとひと安心。
私自身も、楽しく演奏できたことがとても嬉しかったです。





花束
↑姪っ子達から花束の贈り物

この日は客席に、実の父と妹、そして姪っ子ふたりが聴きに来てくれていました。
父は私が高校生の時以来、舞台上で演奏する姿を見ていなかったので、
久しぶりに演奏する姿を見て喜んでもらえていたら幸いです。
翌日は父の日でしたしね
姪っ子たちは、こんな可愛い花束をプレゼントしてくれました。
お天気の良い暑い日でしたが、わざわざ足を運んでくれて本当にありがとう

家族の愛、そしてたくさんの方々とのご縁に感謝する一日となりました。
誘ってくださったAさん、素敵な時間を、どうも有難うございました

☆音楽フェスタ☆

心に響く音

今日は、名古屋グローリアスチャペルにて、音楽フェスタが開催され、
私もフルートの生徒さん2名と一緒に参加させていただきました。


ギター
↑中学生や男性バンドも参加で、盛り上がりました

第6回音楽フェスタ、初めての参加でご披露させて頂いた3曲。
「Long Long Ago」「Santa Lucia」「ブラームスの子守歌」を2重奏で楽しみました。
以前みんなで演奏したのは数年前。
しかも1曲のみ(見上げてごらん夜空の星を)でした。
皆さんお仕事もある中、それぞれのパートを責任もって3曲頑張って練習してきたせいか、
大きなミスもなく吹き終えることが出来ました。
今少しホッとしながら、これを書いています。

先回の音楽フェスタは観客として拝聴し、とても活気のある音楽会に元気を頂いたのですが、
この度は、高校生による心に染みる素直な歌声や、ゴスペルによって魂の声と化した
更なるパワーを直に感じる事が出来ました。
私達の演奏もどなたかの胸に響いて下されば嬉しいのですが。。。日々精進です

あたたかい拍手の音に包まれながら、穏やかで優しい時間に心から感謝。
皆さん、お疲れ様でした

☆クリスマスイブ・キャンドル☆

Eveの夜のミニコンサート


改めまして・・・
あけましておめでとうございます!
昨年は大変お世話になりました。
年賀状の「ブログ見ています!」にウキウキのお正月。
今年も昨年同様ご高覧頂けますと幸せです

さて、年末年始と慌ただしく過ごしていたので、こうして更新が滞ってしまい申し訳ございません。
順にお伝えしていこうと思います。

まずは、2015年12月24日の晩

キャンドル
↑クリスマスイヴのキャンドルサービスを楽屋前から眺める

名古屋市天白区にある教会「名古屋グローリアスチャペル」にて、
《クリスマスイヴ・キャンドル》というイヴの夜の礼拝があり、
そこでフルート演奏をさせて頂きました。
伴奏者のYちゃんとのデュオは、今年で結成18年目を迎えますが、
その間一度もクリスマスの演奏はありませんでした。
私達にとっても貴重で幸運な経験。
心を込めて演奏させて頂きました



フルート
↑フルート演奏

初めて聴いて下さる方々の前で、少々緊張気味





ピアノ
↑Yちゃんのピアノ伴奏

久しぶりにご一緒できて、本当に楽しかったです。
感謝


そして、仕事帰りに駆けつけてくれた主人に感謝の気持ちを込め、
次の日のクリスマスは、小川家恒例のクリスマスディナーと(笑)、
F&Mのクリスマスティーと一緒に手作りのミンスミートケーキで
お祝いしました

クリスマスケーキ
↑沢山のフルーツとスパイス、お酒が入ったミンスミートとメレンゲをタルトにのせ焼きます

ミンスミートとは、イギリスでこの時期に登場する食べ物で、
今回使用のミンスミートの中身は、林檎、オレンジピール、レモンピール、ドレン、チェリー、
レーズン、シナモン、ラム酒、ブランデー、梅酒の梅の混ぜ合わせ。
それを予め焼いておいたタルトにのせ、メレンゲで蓋をし焼きました。
この季節には欠かすことが出来ないケーキです。
この日はアイスクリームも添えて。
二人では食べきれず、近所の叔父伯母にも手伝って頂きました

人のことを想う、素敵な2015年のクリスマスでした

☆久しぶりの音合わせ☆

新しい家族


先日、いつもピアノ伴奏をして下さるYちゃんと約2年ぶりくらいに、
音合わせの会を開きました
というのも、久しぶりに演奏する機会に恵まれたからです。
2年のブランクを感じさせないYちゃんのナイスフォローに感謝
ラストスパートを掛け、あとは個人練習の日々です

ハムスター
↑ジャンガリアン・ハムスターの「あんずちゃん」

そんな訳で、Yちゃん宅へお邪魔するのも久しぶり。
その間に、新しい家族が増えていました

ハムスターのあんずちゃんです

噛み癖があるようで、子ども達があやす時は軍手使用だそう。
その軍手にスルスルスル~
「あんずちゃ~ん」と呼んだからかは定かじゃないですが、
ひょっこり顔を出してくれました。
ねずみさんはこういう狭いところ、好きなんですよね。

Yちゃん家族を笑顔にしてくれるカワイイ家族に会えて、
私も何だか癒やされました

☆名古屋市民管弦楽団演奏会☆

11.22 いい夫婦の日


皆さん、三連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は中日の11月22日「いい夫婦の日」に、主人と前回もお邪魔した《名古屋市民管弦楽団》の
演奏会へ足を運んできました。

愛知県芸術劇場コンサートホール
↑珍しく舞台後方の席へ。まるで演奏者の気分で拝聴することが出来ました。

第74回目の演奏会の曲目は。。。

・グリンカ:歌劇「ルスランとリュウドミラ」

・ハチャトリアン:組曲「仮面舞踏会」

・そしてラフマニノフ「交響曲第2番 ホ短調」

主人は、一曲目「ルスランとリュウドミラ」の出だしを聴いただけでその美しい音色に
驚きのご様子
演奏者のこの演奏会にかける意気込みも、強く感じられました。

2曲目の「仮面舞踏会」のワルツは、皆の心が一つになって演奏されていることが伝わり、
聴いているだけで、楽しくて仕方ありませんでした

そしてラストのラフマニノフの「交響曲第2番 ホ短調」。
美しいの一言に尽きます
せめてこの曲だけは、正面で聴きたかったなぁ~

そしてアンコールは嬉しいことに、またもやラフマニノフの有名な「ヴォカリーズ」
フルートでも良く演奏されています。

今回の演奏会は、ラフマニノフへの思い入れを強く感じ、
とても聴き応えのある素晴らしい演奏会でした。
私がラフマニノフ好きというのもあるのかもしれませんが、
そうじゃない主人すら感動していましたから、やはり心に響く何かが、
音楽を通して伝わったんだと思います。

そんな音楽の醍醐味を、主人と共有出来て、
とても心に残る「いい夫婦の日」を過ごす事ができました。
Sさん、いつもお招き感謝いたします

☆音楽フェスタ☆

教会でAutumnライブ


昨日は植田にある名古屋グローリアスチャペルで開催された第5回音楽フェスタへ、
2年ぶりに会った伴奏者でお馴染みのYちゃんと一緒に行って来ました
こちらの教会には牧師様をはじめ、音楽好きな方が多いらしく、
音楽を介してみな心ひとつに結ばれたら幸いとの思いで始められたそうです。
今年のテーマは「つながる」
音楽を楽しむ心を下さった神様に心から感謝ですね。

全8組のアーティスト達が、様々な楽器演奏を披露します。


南米音楽
↑南米の民族音楽であるフォルクローを奏でる親子

ちょっぴり仕切りたがり屋でリズム感の良いボクが、お母さんとお姉ちゃんを引っ張ります。




アコーディオン
↑重さ13kgのアコーディオンを自由自在に操ります。

アコーディオンの左指の操作に釘付け
思わず踊り出したくなりそうな軽快な曲を演奏して下さいました。





クラシックギター
↑クラシックギターの3重奏と5重奏

エレキギターやアコースティックギターとは違った、
ソロ演奏に適したクラシックギターを使っての演奏。
張り詰めた弦を弾く音…たまりません


他にも、エレクトリック・バンドや、独学で吹けるようになったフルート奏者の高校生、
うたごえ喫茶の皆さんの手話コーラスでは何だか優しい気持ちに
郷愁に駆られたハーモニカの音色や、ちょっと元気なゴスペルからも、
ココロ励まされたような気がしました

来年は、我がPutney Saloonフルート教室も参加するかも?!
皆さん、その時に向けて練習に励みましょうね~。
みんなの心がつながった、ハートフルな音楽会でした

☆一音一会☆

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


先週末から今週に掛けて、日本はウィーン・フィルハーモニー ウィークです
オーストリアからあの名門「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」が来日しているのです。
名古屋での公演もありましたが、私達は一流の音を出来れば一流のホールで聴こうと、
あえて東京 サントリーホールへ足を運んだのでした。

サントリーホール
↑重厚感がありながらも、ホール全体に包まれている様な感覚。

ウィーンフィル管弦楽団の歴史は1842年3月28日のコンサートで幕を開けたそうです。
1860年に第1回の定期演奏会が行われて以来、今日まで続けられています。
指揮者は、初代のニコライから始まりマーラー、フルトヴェングラー、などなどなどなどの
名指揮者に受け継がれ、1933年からは常任指揮者を置かず、
客演指揮者によるコンサートを行っているそう。
その中には、もちろん小澤征爾さんの名前も!
現在は本拠地ウィーンの楽友協会での定期演奏会の他、新年に日本のテレビでも
放送されているあのニューイヤーコンサート、ザルツブル音楽祭への出演を中心に
活動しているそうです。
また、日本には1956年に初来日して以来、今年で32回目の日本公演だそう。
クリストフ・エッシェンバッハの指揮によるこの度の公演、
私にとって今年一番のイベントだったのでした

プログラムは、
♪ハイドン:交響曲第92番 ト長調 Hob.I-92「オックスフォード」
♪モーツアルト:オーボエ、クラリネット、ホルンとファゴットのための協奏交響曲 変ホ長調
♪ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調 op.21

それぞれの作曲者の特徴が楽しめて面白いプログラムでした。
その中でも、ベートーヴェンは迫力があり聴き応え十分な華やかさですね。
その余韻のまま、アンコールもベートーヴェン!(憎いですぅ)
♪プロメテウスの創造物序曲Op.43

音一つ一つが洗練されていて、協調性にも磨きがかかっている
何より、指揮者が奏者を信頼しているのがとても伝わり、演奏を心から楽しんでいるようで、
その後ろ姿を見ていると、こちらまで笑顔になってしまうほどです。
フルートの音もたまらなく美しく、たった1本で吹いていても周りの音にかき消されること無く
ずっと鳴り響いているのには驚きました。
オーボエやホルンも素晴らしかったなぁ~
思い出す度に、ため息が出ます

この日会場には、皇太子殿下、ケネディー駐日大使もお越しに。
そんな特別な空間の中で、とても貴重で豊かな時間を過ごす事が出来たことに
感謝です

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン2015の公式ホームページはこちらです!

☆モーツアルト200合唱団☆

Selig Sind


9月6日、雨降りの日曜日。
愛知県芸術劇場コンサートホールにて、モーツアルト200合唱団の演奏会に
行って来ました。
主人の叔父が毎年参加されている様で、私にとっては初めての拝聴
この日をとても楽しみにしていました。

愛知県芸術劇場コンサートホール
↑開演前のホール内

モーツアルト200合唱団は、1989年12月に創立されたそうで、
創立以来モーツアルトの宗教曲を中心に演奏活動をされている合唱団です。
これまで演奏した曲は、モーツアルトの大半の宗教曲以外に、ハイドン、フォーレ、
ヘンデル、メンデルスゾーン、バッハの宗教曲。
そして、この度はブラームスの

●ハイドンの主題による変奏曲Op.56 (セントラル愛知交響楽団演奏)
●ドイツ・レクイエムOp.45(合唱・独唱)

でした。

合唱・独唱の【ドイツ・レクイエム】は、ブラームスが33歳という若さで書き上げた曲だそう。
それも、自身の母の死が色濃く影響している曲といわれているようです。
頂いたパンフレットにある歌詞対訳と何とか合わせながら拝聴。
曲自体は荘厳な印象なのですが、演奏からはとても優しく深い「祈り」が感じられ、
会場全体がまたそれに包まれている様な気がして、まるで教会に居る気分でした。
また、ソプラノ・バリトンのソロが伴われる楽章では、闇から光明への変化が感じられ、
愛に満ちた音を楽しむことも出来ました。

祖母を亡くした今の私にとって、なぜか心救われたような気持ちに感じる、
とても貴重な時間となりました。
お招きいただいたことに、心から感謝

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍