FC2ブログ

☆秋の朝空☆

10月です


10月になりましたね。
それでもまだまだ残暑厳しく、名古屋はここ数日真夏日が続き
昼間はエアコン再登場でした
でも、季節は着実に進んでいます。
それを一番感じるのが朝。
ちょっと乾燥した涼しい空気、そして夏とは違う空の様子に驚くこともしばしばです。


6:00
↑清々しい秋の空

こちらは、朝6時くらいに撮した写真。
巨大なキャンバスに描かれた真っ直ぐな雲。
壮大な自然を目の当たりにし、思わず
どこから来たの?どこへ向かっているの?
と、時間を忘れ見入ってしまいました。
澄んだ空気が気持ち良かったなぁ~








5:30
↑日の出前の空

そしてこちらが、その数日後の空。
この日はいつもより少し早い5:30起きで、日の出まであともう少し!といった状態の空でした。
微妙な色合いがとても美しくて、夕方とはまた違った趣に心動きました。

そろそろ金木犀の香りも漂う頃。
どうぞ朝一番で空を見上げ、大きく深呼吸してみて下さいね。
皆さまにとって、素敵な一日となりますように

☆爽やかな朝☆

お散歩


最近、朝晩涼しげな風が吹くようになりましたね。
夜もクーラー無しで快適に眠ることができ、少しほっとしています。


夏の公園
↑公園内の木立

そんな朝のウォーキングは気持ちが良いもの
暑いときは少しお休みしていましたが、最近また復活です!
約1時間かけてのんびり歩いています。
お気に入りコースは、少し離れたところにある公園。
車で通りかかった時に「ロンドンの公園みたい」と感じ、
家からその公園まで歩き1周して帰るのが私のお散歩コースとなりました。











秋の公園
↑秋の風景

ちなみに秋の雰囲気はこちら。
今年も紅葉した木々を仰ぎ見ながら歩くの、楽しみです。











蓮の池
↑蓮の池

夏の楽しみは「蓮の池」
普段は地味な池なのですが、
ピンクの蓮の花が咲くと、まるで極楽浄土の蓮の池です。
空に浮かぶ羊雲。
またひと雨来るのかな・・・










蓮の華
↑蓮の華

無理矢理ズームアップしたので画像が悪いのですが、
こんな感じで咲いています。
蓮の葉も大きく成長
この池は蓮根掘りするのかな。。。やはりそちらが気になるところ(笑)

たくさん歩き、たくさん食べ、たくさん寝る。
今日も、健やかに楽しく過ごせたら幸せですね

☆太陽のタマゴ☆

真夏の暑さ


今日は大雨で生活に影響が出た方も多かったのではないでしょうか。
名古屋は朝方激しい雨に見舞われましたが、
通勤通学の時間には止み、お昼前には日射しが出ていました。
このところずっと晴れていたので「恵みの雨」といいたいところですが、
台風のような激しいもとなりましたね。
この雨は列島を縦断中。
関東・東北地方にお住まいの方は、くれぐれもお気を付け下さい


マンゴー
↑「太陽のタマゴ」の定義は、糖度15度以上、重さ350g以上、色と形の美しさ。

さて、雨があがった名古屋は、明日から30℃を超える真夏日が続くのだそう
5月にして既に夏真っ盛りな気温ですよね。
でもこれは、名古屋だけに限らず全国的に言えるそうなので、熱中症には注意です

そんな時にオススメなのが夏のフルーツ「マンゴー」
写真は、先日頂いたみやざきの完熟マンゴー『太陽のタマゴ』です。
完熟マンゴーの栄養素は何とも頼もしい。
βカロテン、葉酸、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6と体に嬉しいラインナップ
プリンやアイスなどの冷菓子やジュースから摂取するのもイイですね。

暑さに負けない体、今から作っていきましょう

☆夕焼け☆




夕方、ふと見ると夕日の差す部屋の壁が一面オレンジ色に変わり、
美しい影絵が出来ていました。
慌ただしい夕刻時に足を止め、まるで一呼吸尽かせてくれているかのようです。

薔薇の陰
↑花瓶の薔薇の影

そういえば、朝 太陽が昇る位置も日々変化しているのを感じます。
こうやって段々と日が長くなっていくのですね。
朝陽を見ると、今日一日を大切に丁寧に暮らしていこうと思わせてくれますし、
夕日を見ると今日を無事に過ごせた感謝の気持ちになります。
どちらも生かされていることを実感します

☆冬至☆

「ん」



柚子
↑実家から貰った柚子

今日は冬至。
一年で一番昼の長さが短くなります。
確かに5時半や6時に起きてもまだ真っ暗で、
朝食の支度が終わって窓の外を見ると、街全体が朝焼けに染まりはじめ、
そこで一日の始まりをやっと実感します。
最近朝が寒くてお布団との別れが辛いのですが、
ひとたび体を動かすと、朝のひんやりとした空気が清々しく感じたりもします。
さて、そんな冬至の日は、昔からゆず湯に入り、最後に「ん」が付く食べ物を食べると
運が呼び込めるという言い習わしがありますよね。
我が家もご多分に漏れず、今夜はゆず湯に浸かり、
レンコンの挟み焼きでも作って食べようと思います。


今日は今年最後の紅茶レッスンの日でもあります。
おばあちゃんとお母さんと一緒に、小学生のY君も来てくれるので、
今日も賑やかになりそうな予感がしています(笑)
皆さまもどうぞ素敵な一日をお過ごし下さいませ

☆柿狩り☆

秋深し


最近の名古屋は、昼間は過ごしやすいものの、
朝晩の冷え込み厳しく、体が慣れないでいます。
こういう時が風邪を引き起こしやすいので、要注意ですね。
そんな我が家は手始めに“こたつ”を出しました。
足元ぬくぬく、季節の移り変わりを肌で感じます


柿
↑収穫した柿

10月最後の日曜日、主人の実家の柿の木に実ってくれた柿を
今年も無事に収穫してきました。
いつも主人がひとりで採っていましたが、今年は私もお手伝い。
ハシゴや塀を使って上の方まで手を伸ばす姿に、
ひやひやしながら下で柿を受け取っていました。
そして、「こんなに大変なのに、今までお手伝いしないでごめんなさい」と、
来年も一緒に収穫することを心に決めたのでした。
おかげさまでいつも以上に柿が美味しく感じられ、
紅茶教室の生徒さんにも「甘くて美味しい~」と好評!
秋の恵みに感謝です

☆ひなたぼっこ猫☆

お散歩の途中で


気持ちの良い秋晴れの今日、
午前中にご近所へお届け物があったので徒歩で出掛けました。
その帰り、心地の良い風に誘われたので、ちょっと遠回りして帰りました。


猫
↑秋風を感じている猫(ホントかな、笑)

歩きながら、この猫のことを遠くから眺めていたのですが、
まだ子供なのか、今座っている木の柵にやっとの思いでよじ登っていました。
今は何事も無かったような顔をしていますが、
その姿、とっても可愛かったですよ

そんなゆっくりと時が過ぎた午前中でしたが、
知らぬ間にウォーキング距離3.1Km。
爽やかな秋晴れを満喫できて、ココロもカラダも何だか嬉しそうでした

☆夏まつり☆

鶴舞公園へ


毎日38℃を超える猛暑日の中で暮らしていると、35℃の日がとてもラクに感じます。
少しは身体が暑さに慣れてきたのかな
でも充分真夏日なので、引き続き体調管理に気を付けたいと思っています。

そんな猛暑日真っ只中の先週土曜、鶴舞公園で夏祭りがあったので、
レッスン終了後、実家に寄りがてら覗いてきました。



鶴舞公園
↑中央の噴水を取り囲むように屋台が並びます

帰国中の甥や姪たちと待ち合わせをして、賑わう公園内を一緒に歩きました。
姪二人は、浴衣姿
小学生の姪っ子は、ママが幼い頃着ていた浴衣を。
中学生の姪っ子も、ママが昔、家庭科の授業で縫った浴衣を着ていました。
二人ともそんな素敵な浴衣がとても似合っていて、
見ているこちらまで涼しげな気分になりました。

焼きそば、唐揚げ、フライドポテト、冷たい氷やアイスクリームと屋台が建ち並び、
人気店の前には行列が出来るほどの盛況ぶり。
生まれてからずっと日本を離れている二人の甥と姪も、
そんな日本のお祭りがお気に入りの様子です。
また甥っ子は、主人から鶴舞公園の歴史について聞き、何となく興味を持ったようでした。
昔から市民に愛されている公園でのお祭り。
いつもは穏やかな公園も、老若男女が集う賑やかな憩いの場となっていました。






ここを訪れる前に、近くにある実家に立ち寄った際に、
「競技場がとても綺麗になったよ」と教えて貰ったので、
お祭りからちょっと抜け出し、そちらを覗きに行ってみました


グラウンド
↑人口芝多目的グラウンドを2面有する施設「テラスポ鶴舞」

芝の美しいグラウンド上では、サッカーボールを追う若者の姿
こちらの施設は、(公財)日本サッカー協会の
「サッカーを中心としたモデル的スポーツ環境整備事業」の
助成金を受けて建設されてた施設だそうです。
多目的グラウンドとありますが、(公財)日本サッカー協会から公式認定を受け、
愛知県フットボールセンターとしての位置付けとなっているみたいです。
とても気持ちよく試合をしている様にみえました









クラブハウス
↑クラブハウス

こちらは、スッキリとした清潔感溢れるクラブハウス。
選手の着替えなどもそうですが、食育セミナーなどの講座を開講したりと、
地域コミュニティの場としても幅広く活用されることを考えた作りになっているそうです。
働くスタッフの方もとても明るくイキイキとした感じで好印象でした。
歴史の古い鶴舞公園も時代と共に変化しながら、
市民に寄り添ってくれているのですね。
いつか機会があれば、グラウンドを走ってみたいです(笑)


お祭り会場に戻ると、子供たちは空になったアイスクリームの器を持って
満足そうにしていました
この笑顔がいつまでも続く平和な世の中でありますように



そして私達夫婦は皆と別れ、実家近くのハンバーグやさん「青春キッチン」で、
晩ご飯におろしハンバーグを頂いて帰りました↓


ハンバーグ
↑週替わりハンバーグ「たっぷり7種の薬味のせ おろしハンバーグ」

夏にぴったりのチョイス!
とっても美味しかったです




テラスポ鶴舞の公式ホームページはこちらです!

☆みんなで手持ち花火☆

暑中お見舞い申し上げます


東海地方は梅雨明けからずっと暑い!!!!!
ここのところ真夏日が数日続き、お隣の岐阜県は全国1位の炎暑、
名古屋も負けないくらいの酷暑です。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

そんな中、海外に在住している義妹ファミリーが夏休みを利用して帰国したので、
久しぶりに3兄妹のファミリーが勢揃いし、食事会を楽しみました。
食べて飲んで笑った後は、今年初の『手持ち花火大会』



花火1
↑花火の火を絶やさないよう慎重に。

手から手へと渡されたり、花火から花火へ次々に着火される様子は、
まるで聖火リレーのよう。






花火2
↑パチパチとはじけるような音が、幼い頃の夏の思い出を蘇らせてくれました。

ちょっと風も出てきたようで、線香花火を落とさないようにするのも難しく、
次こそは!と挑んでいる内に、71本あった花火はあっという間に無くなってしまいました。
でも、このあっという間に消えてしまう儚さが、花火の美しさのひとつなのかもしれませんね
今年もこうやって家族皆が無事に集えたこと、とても嬉しく思えました。

炎暑酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申しあげますと共に、
この度の災害で被災された皆様に 心よりお見舞い申しあげます。

☆半夏生☆

文月


7月になりました。

半夏生の花
↑玄関に飾っている半夏生をはじめとする季節のお花たち

今日は雑節のひとつ「半夏生」の日。
夏至から数えて11日目にあたる日を言うそうで、日本で生まれた季節の目安となる日です。
特に農家にとっては大事な節目の日で、この日までに「畑仕事」「水稲の田植え」を
終える目安にしているのだそう。
どうもこの日を過ぎると、収穫が減少するという言い伝えがあるそうで、
農家の皆さんにとって大忙しの時期です

近畿地方では昔からこの日に『たこ』を食べる習慣があり、
名古屋でもその影響か、スーパーのチラシに『半夏生・たこ』の文字が踊っています。
多分今では一般的なのかもしれませんね。
ちなみに香川では『うどん』を食べるそうで、この日を《うどんの日》としているのだそう。
いつも食べているイメージがありますが、何かいつもと違うのでしょうか。。。気になるところ。

「半夏生」という名が付いたのは、半夏生の花が咲く頃という説から来ているそうです。
写真の右側の花が「半夏生」。
主人の実家のお庭から摘んだものです。
葉の一枚だけ、また表面だけが白く、まるで半分化粧をしているように見えることから
付いた名前が「半化粧」。
これが転じて「半夏生」となったと言われているのだそう。
見れば見るほど、不思議な植物ですね

梅雨が明けたら、これから益々暑さ厳しくなります。
どうぞ体調管理にはくれぐれもお気を付けて、元気に夏をお過ごし下さいね

☆夕暮れ散歩☆

東山一万歩コース


東海地方もとうとう梅雨入りしました
清々しい5月が何だか懐かしく思えます。

東山動植物園門
↑閉園時間の上池門

そんな5月のある日曜の夕暮れ時、我が家から小さな山をひとつ越えた先にある
『東山動植物園』へ向かいました。
この日の目的は、動物ではなく動物園の外周にある『東山一万歩コース』!
軽くハイキングが出来るのです。
家から動物園まで頑張れば何とか歩けるのですが、
そこから更に歩くとなるとかなり辛くなるので無理はしません(笑)
しかもこの日は、半分の距離の五千歩ほどのお散歩でした
そんな理由で、駐車スペースを確保するには閉園間近の車両が少なくなる
この時間帯に向かうのがベストなのです!

また、この時間に向かう理由は他にもあります
人も疎らな夕方の動物園の何とも懐かしいというか物悲しい雰囲気が好きだからです。
きっと幼い頃の記憶がどこかで蘇っているのでしょうね。
動物たちの声だけが響き渡る園内を横目に、何だかわくわくするウォーキング。
梅雨の晴れ間には、そんなお気に入りの場所を歩いてみてはいかがでしょうか

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍