FC2ブログ

☆夏まつり☆

鶴舞公園へ


毎日38℃を超える猛暑日の中で暮らしていると、35℃の日がとてもラクに感じます。
少しは身体が暑さに慣れてきたのかな
でも充分真夏日なので、引き続き体調管理に気を付けたいと思っています。

そんな猛暑日真っ只中の先週土曜、鶴舞公園で夏祭りがあったので、
レッスン終了後、実家に寄りがてら覗いてきました。



鶴舞公園
↑中央の噴水を取り囲むように屋台が並びます

帰国中の甥や姪たちと待ち合わせをして、賑わう公園内を一緒に歩きました。
姪二人は、浴衣姿
小学生の姪っ子は、ママが幼い頃着ていた浴衣を。
中学生の姪っ子も、ママが昔、家庭科の授業で縫った浴衣を着ていました。
二人ともそんな素敵な浴衣がとても似合っていて、
見ているこちらまで涼しげな気分になりました。

焼きそば、唐揚げ、フライドポテト、冷たい氷やアイスクリームと屋台が建ち並び、
人気店の前には行列が出来るほどの盛況ぶり。
生まれてからずっと日本を離れている二人の甥と姪も、
そんな日本のお祭りがお気に入りの様子です。
また甥っ子は、主人から鶴舞公園の歴史について聞き、何となく興味を持ったようでした。
昔から市民に愛されている公園でのお祭り。
いつもは穏やかな公園も、老若男女が集う賑やかな憩いの場となっていました。






ここを訪れる前に、近くにある実家に立ち寄った際に、
「競技場がとても綺麗になったよ」と教えて貰ったので、
お祭りからちょっと抜け出し、そちらを覗きに行ってみました


グラウンド
↑人口芝多目的グラウンドを2面有する施設「テラスポ鶴舞」

芝の美しいグラウンド上では、サッカーボールを追う若者の姿
こちらの施設は、(公財)日本サッカー協会の
「サッカーを中心としたモデル的スポーツ環境整備事業」の
助成金を受けて建設されてた施設だそうです。
多目的グラウンドとありますが、(公財)日本サッカー協会から公式認定を受け、
愛知県フットボールセンターとしての位置付けとなっているみたいです。
とても気持ちよく試合をしている様にみえました









クラブハウス
↑クラブハウス

こちらは、スッキリとした清潔感溢れるクラブハウス。
選手の着替えなどもそうですが、食育セミナーなどの講座を開講したりと、
地域コミュニティの場としても幅広く活用されることを考えた作りになっているそうです。
働くスタッフの方もとても明るくイキイキとした感じで好印象でした。
歴史の古い鶴舞公園も時代と共に変化しながら、
市民に寄り添ってくれているのですね。
いつか機会があれば、グラウンドを走ってみたいです(笑)


お祭り会場に戻ると、子供たちは空になったアイスクリームの器を持って
満足そうにしていました
この笑顔がいつまでも続く平和な世の中でありますように



そして私達夫婦は皆と別れ、実家近くのハンバーグやさん「青春キッチン」で、
晩ご飯におろしハンバーグを頂いて帰りました↓


ハンバーグ
↑週替わりハンバーグ「たっぷり7種の薬味のせ おろしハンバーグ」

夏にぴったりのチョイス!
とっても美味しかったです




テラスポ鶴舞の公式ホームページはこちらです!

☆みんなで手持ち花火☆

暑中お見舞い申し上げます


東海地方は梅雨明けからずっと暑い!!!!!
ここのところ真夏日が数日続き、お隣の岐阜県は全国1位の炎暑、
名古屋も負けないくらいの酷暑です。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

そんな中、海外に在住している義妹ファミリーが夏休みを利用して帰国したので、
久しぶりに3兄妹のファミリーが勢揃いし、食事会を楽しみました。
食べて飲んで笑った後は、今年初の『手持ち花火大会』



花火1
↑花火の火を絶やさないよう慎重に。

手から手へと渡されたり、花火から花火へ次々に着火される様子は、
まるで聖火リレーのよう。






花火2
↑パチパチとはじけるような音が、幼い頃の夏の思い出を蘇らせてくれました。

ちょっと風も出てきたようで、線香花火を落とさないようにするのも難しく、
次こそは!と挑んでいる内に、71本あった花火はあっという間に無くなってしまいました。
でも、このあっという間に消えてしまう儚さが、花火の美しさのひとつなのかもしれませんね
今年もこうやって家族皆が無事に集えたこと、とても嬉しく思えました。

炎暑酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申しあげますと共に、
この度の災害で被災された皆様に 心よりお見舞い申しあげます。

☆半夏生☆

文月


7月になりました。

半夏生の花
↑玄関に飾っている半夏生をはじめとする季節のお花たち

今日は雑節のひとつ「半夏生」の日。
夏至から数えて11日目にあたる日を言うそうで、日本で生まれた季節の目安となる日です。
特に農家にとっては大事な節目の日で、この日までに「畑仕事」「水稲の田植え」を
終える目安にしているのだそう。
どうもこの日を過ぎると、収穫が減少するという言い伝えがあるそうで、
農家の皆さんにとって大忙しの時期です

近畿地方では昔からこの日に『たこ』を食べる習慣があり、
名古屋でもその影響か、スーパーのチラシに『半夏生・たこ』の文字が踊っています。
多分今では一般的なのかもしれませんね。
ちなみに香川では『うどん』を食べるそうで、この日を《うどんの日》としているのだそう。
いつも食べているイメージがありますが、何かいつもと違うのでしょうか。。。気になるところ。

「半夏生」という名が付いたのは、半夏生の花が咲く頃という説から来ているそうです。
写真の右側の花が「半夏生」。
主人の実家のお庭から摘んだものです。
葉の一枚だけ、また表面だけが白く、まるで半分化粧をしているように見えることから
付いた名前が「半化粧」。
これが転じて「半夏生」となったと言われているのだそう。
見れば見るほど、不思議な植物ですね

梅雨が明けたら、これから益々暑さ厳しくなります。
どうぞ体調管理にはくれぐれもお気を付けて、元気に夏をお過ごし下さいね

☆夕暮れ散歩☆

東山一万歩コース


東海地方もとうとう梅雨入りしました
清々しい5月が何だか懐かしく思えます。

東山動植物園門
↑閉園時間の上池門

そんな5月のある日曜の夕暮れ時、我が家から小さな山をひとつ越えた先にある
『東山動植物園』へ向かいました。
この日の目的は、動物ではなく動物園の外周にある『東山一万歩コース』!
軽くハイキングが出来るのです。
家から動物園まで頑張れば何とか歩けるのですが、
そこから更に歩くとなるとかなり辛くなるので無理はしません(笑)
しかもこの日は、半分の距離の五千歩ほどのお散歩でした
そんな理由で、駐車スペースを確保するには閉園間近の車両が少なくなる
この時間帯に向かうのがベストなのです!

また、この時間に向かう理由は他にもあります
人も疎らな夕方の動物園の何とも懐かしいというか物悲しい雰囲気が好きだからです。
きっと幼い頃の記憶がどこかで蘇っているのでしょうね。
動物たちの声だけが響き渡る園内を横目に、何だかわくわくするウォーキング。
梅雨の晴れ間には、そんなお気に入りの場所を歩いてみてはいかがでしょうか

☆お茶の時間☆

爽やかな一日


ゴールデンウィーク後半、先日福岡でお世話になった先輩が帰省するということで、
その時のお礼をと思い、ぜひご家族で我が家へ!とお願いしたところ、
先輩と共に、ご主人、Cちゃん、Kくんも一緒に遊びに来て下さいました

チョコレートケーキ
↑前日に焼いたチョコレートケーキ

本当はランチでお持て成しと思っていたのですが、午前中に用事が出来てしまい
敢え無くティータイムの時間に変更
でも今は、15時くらいになるとテラスに日陰が出来るので、
暑さや紫外線を気にすることも無く、丁度良かったかもと思っています。

同席した主人が机や椅子のセッティングをしてくれて、
私が子供達のリクエストのチョコレートケーキを焼き、
アップルとオレンジのジュースをスタンバイ
ミルク寒天も作り、買ってきたクッキーやラスクも添えてみました。
大人達には、紅茶とコーヒーを準備

皆が着席すると、「今日はこどもの日だからケーキ?」とCちゃん。
嬉しそうにケーキを食べてくれて、ほっとひと安心です。
また、子供達は英語で自己紹介をしてくれて、
なんとも和やかな時間が過ぎて行きました。

その後、子供達に好かれた様子の主人は、
日頃の運動不足を解消すべく子供達と追いかけっこ
躍動感のある写真を撮りながら遊んでくれていました。
そんな3人を横目に、私は先輩ご夫婦とHOTな話題で盛り上がり、
いつの間にか時間は午後5時。
お別れの時間です。
もっとご一緒したかったなぁ。。。なんて思いましたが、
それ以上に、家族ぐるみで休日を過ごせたことを幸せに感じました

今年のG.Wは、様々な方とお目に掛かってお話が出来た、
実り多き休日となりました。
6月は祝日が無い月です。
疲労やストレスを上手く解消しながら、夏休みに向けて頑張りましょうね

☆青紫蘇の季節☆

旬を迎える前に


今年も実家から、まだ小さい青紫蘇(大葉)の苗をたくさん貰ってきました。

青紫蘇
↑まだ小さい青紫蘇たちが、成長したくてうずうずしているよう。

青紫蘇は年感を通して流通していますが、旬は6月~9月夏真っ盛りの時期です。
冷や奴やパスタ、揚げ物など、結構使い勝手が良く、
何より豊かな香りが好き。
免疫力を高めてくれて抗酸化作用も高い食材です。
夏の我が家の食卓にも良く登場する名脇役!
「今年もよろしくね~」と話しかけながら、3つの鉢に植え替えました。

さて、ゴールデンウィークを過ぎた頃には、
朝顔の種蒔きです。
夏もベランダが賑わいそうで、今から楽しみです

☆大寒☆

雪ぼうし


日本中を襲った大寒波
名古屋でも最低気温が氷点下、昼間でも3~4℃と、
外にいると身体の芯から冷えていくのがわかります。
まさに、これぞ大寒ですね。

シクラメン
↑雪散歩の途中でみつけたシクラメンの花

昨日の外出、今朝のゴミ出し&手紙の投函をするためにポストへ向かった際には、
普段雨の日しか出番のない長靴が大活躍!
ちょこちょこ歩きで転ばないように気を付けながら、
童心に返り、サラサラの雪に触れたりして、
しばし雪を満喫しました。

内陸部では、かなりの積雪とのこと
雪に慣れている方も、細心の注意を払ってお過ごし下さいね。
また受験シーズンでもありますので、路面凍結による転倒や風邪には気を付けて、
全力で頑張って下さい

☆月と紅葉☆

今日は満月


今日は満月(厳密にはあと数時間で満月だそう)。

2017年最後の満月
↑主人に声を掛け、満月を撮影して貰いました

今年もこれで見納めですね。
そう思うと、何だか年が暮れていくもの悲しさを感じます。

裏山も紅葉して、まるで東山魁夷の絵画のような世界が広がっていました。
私はその横で、せっせと洗濯物を取り入れます(笑)

一瞬、寒さを忘れて見入るのですが、この時間になるとさすがに冷えますね。
皆さんもどうぞ、お風邪などには気を付けてお身体大切に。
それでは、明日からまた素敵な一週間を

☆西の空☆

秋の夕焼け


最近、朝起きて窓を開けると、秋風とともに金木犀の香りが漂うのを感じます。
オレンジ色の小さな花を見つけると、何だか嬉しくなるのは私だけでしょうか。

とんぼ
↑ベランダにとまったトンボ

ある朝、ベランダで草花に水をあげていると、どこからともなくトンボがやってきて、
目の前の壁にとまってくれました。

「あっ!カメラカメラ」と部屋の中へ。
「逃げないでね」とカメラを構える

何とかギリギリ撮影に協力して貰えました。
こんな時、トンボの種類がわからないのは残念ですが(赤くなかったです)、
ありがとう、トンボさん




そして昼が過ぎ、あっという間の夕暮れ時。。。

夕焼け
↑西の空を眺める

秋の日はつるべ落とし。
少しカメラを構えているだけで、どんどん景色が変わって行きます。
「早く家に帰らなきゃ」と思える、何ともいえない寂しさを感じますね。
でも、日が暮れるまで、ぼーっと眺めていたいと思えるほど美しい

この秋も、自然の美が織り成す芸術をたくさんみつけられたら嬉しいな

☆歩いていたら・・・☆

ザクロ


ザクロ
↑最近よく見掛ける今が旬のザクロ

9月~11月が旬の果物、ザクロ
先日、近所を歩いていたら、民家の塀の中から飛び出して
暢気にぶら下がっていたこのザクロに、ふと目がとまりました。
昔、小学校帰りにも同じ光景を見たような。。。

ザクロには、ビタミンC、ビタミンK、カリウム、食物繊維など、
栄養素が豊富に含まれているそうで、美容や健康維持に効果的な果物だそうです。
あまり店頭で見掛けることはありませんが、
これからの時期、もしかしたら並んでるかもしれませんね。

私は、ザクロジュースやザクロをチョコでコーティングしたお菓子という形で、
楽しませてもらっています
皆さんもこの秋、ザクロに目を向けてみてはいかがでしょうか。
おすすめです

☆明日は重陽の節句☆

白い月


明日、9月9日は重陽の節句です。
中国の陰陽説では奇数を陽として、陽の究極の数字、9が重なるこの日は、
大変おめでたい日とされてきたそう。

白い月
↑今朝の西の空

桃の節句と端午の節句同様、旧暦の9月は菊の季節でもあるので、
「菊の節句」とも呼ばれています。
菊は仏事のイメージが強くありますが、もともとは高貴さと長寿の象徴と
いわれているそうです。
お酒に菊を浮かべたり、菊の花にお湯を注いだ「菊花茶」を頂いたりして、
若さと長寿を願います。

それにしても、秋は月や花を愛でるなど、静かな季節ですね
ちょうど2日前に十五夜だったお月様が、今朝西の空に見えました。
十五夜の日は名古屋は朝から雨でしたが、夕方からは晴れ、
少し雲が多かったものの大きな美しい満月を東の空に
見つけることができました
あれから2日経ってもなお美しい、夜とは違うその趣に
ついつい朝仕事を忘れてしまいそうに(笑)

朝晩少し肌寒くなってきましたので、体調管理にはくれぐれもお気をつけて、
秋気の訪れをお楽しみ下さいませ

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍