FC2ブログ

☆秋の収穫☆

柿ジャム


台風19号。
記録的な大雨、激しい暴風と猛威を振るっていますが、
皆さまの街は大丈夫でしょうか。
季候の良い秋の3連休。
我が家も、主人は姪っ子と一緒に甥っ子の文化祭へ、
私も姪っ子達と妹が出演するピアノの発表会を鑑賞しに足を運び、
伯父・伯母として楽しむ予定でしたが、どちらも延期。
義弟も今日帰国予定だったのが欠航となってしまいました。
名古屋の街も今日は昼間もまるで早朝の様にひっそりとしているようです。
どうぞ皆さまも、不要不急の外出を避け警戒をして下さいね。
止まない雨に不安を抱きつつ、何事も無いことを祈っています

柿ジャム
↑採れたての柿で作りました。

さて、この台風で農作物の被害も心配になりますが。。。

少し前に主人の妹から穫れたての柿を頂きました。
大秋(たいしゅう)という種類の柿で、まだ少し青いと思うくらいが
食べ頃なのだそう。
一見、本当に大丈夫なのかな?と思いながら食べてみると、
甘さも堅さも丁度良くて、とても美味しい柿でした
見た目青い柿なのでわからないのですが、翌日手に持ってみると
もう完全に熟して今にも崩れそうなものが3個ほどあったので、
思い切ってジャムにすることに。
瓶に1本ちょっと出来ました
もともと甘いのでお砂糖は少なめに作り、なるべく早めに食べようと
思っていたのですが、毎朝ヨーグルトに添えたり、パンに塗ったり、
紅茶に入れたりしているので、この調子なら心配はいらないようです(笑)

思い掛けず色んな形で秋の味覚を楽んでいます。
特に今日の様な日は、心を安らぐ甘いものを

☆メロン・アイス☆

富良野産メロン


先日頂いた北海道・富良野産のメロン。
まずはスマイルカットして、そのままで美味しく頂きました。
「これでお菓子でも作って下さい」とのことでしたが、

この暑さで焼き菓子を焼くのは。。。
ここのところゼリーばかり作っていたし。。。

と、冷蔵庫を開けて考えていたところ
先日スープ作りで使用した生クリームが目に止まりました。

そうだ!アイスクリームを作ろう!!


メロンアイス1
↑メロン半分を贅沢に使用

そして出来上がったのが、こちらです
生クリームの量が少し足りなかったものの、
何とかそれらしく完成しました。







メロンアイス2
↑メロンを食べているかのような味わい

写真をご覧になっておわかりの通り、メロンの果肉の淡いオレンジ色が
何だか食欲をそそりますよね。
濃厚な風味が、この暑い夏で弱った身体を癒やしてくれそうな、
夏らしい贅沢な一品となりました。
早速、食後のデザートに主人へ出したところ
「ちゃんとアイスだ。」と美味しそうに食べてくれました。
「そのままで食べるのが一番じゃない?」なんて一言があると思いきや、
それらしい言葉は何もなく、ほっとひと安心。

Sさん、美味しいメロンを
ご馳走様でした

☆梅しごと☆

梅ジャム


今年も梅の季節の到来です。
先日、主人の実家の梅の木にたわわに実った梅が無事収穫されました。
その内ジャム用にと1.5kg程頂いたので、実が悪くなる前に早速取りかかることに。


梅
↑ふくよかな梅がたくさん収穫できました。

梅を綺麗に洗い、お砂糖とほんの少しのお水を入れてコトコト煮込んでいきます。
そうすると、だんだん種だけが目立つようになり、とろとろっの状態に。
それをひと手間ですがザルで濾し、更にお砂糖を加え好みの甘さに調整し、
完成させます





梅ジャム
↑甘酸っぱい梅ジャムの完成!

今回、ちょっと目を離した隙に梅を少し焦がしてしまったようで、
濾しても黒い点が残ってしまいました
見えますよね?
この程度ならきっと大丈夫だとは思うのですが・・・
念の為、今年は身内だけで楽しみたいと思いまーす(笑)








瓶詰め
↑様々な瓶に詰め、これだけ出来ました。

日頃変わった形や様々な大きさの瓶をは捨てずに取っておき、
こんな時に活躍してもらいます。
熱湯消毒も忘れずにね


自分好みに甘さ控えめに調整し、梅の風味を思う存分楽しめる一品になりました。
これが手作りの良いところ
これから始まる鬱陶しい梅雨の時期を、
この天の恵と共に清々しく乗り切りたいと思います

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍