FC2ブログ

☆雪だあ☆

雪の鶴舞公園


雪、積りましたね
名古屋では今冬初めての積雪。
11cm積ったのは、3年ぶりだそうです。

交通機関の乱れなど、雪の影響も大きかったようですが
私にも《テンションが上がる》という影響を及ぼしました。


そうだ!お出掛け前に、鶴舞公園へ寄ってみよう!!


園内
↑木々も自転車も真っ白!


ひっそりと静まりかえった公園と思いきや、久しぶりに積った雪と戯れる人々。
もしかしたら普段より人が多いかも!

雪だるまを作る親子や、雪合戦をするヤングたち。
この日の名古屋の最高気温は0.5度、27年ぶりの低さにもかかわらず
笑顔ではしゃぎあう姿がとっても印象的でした



園内2
↑いつもみている公園とは思えない光景です。


すべての色が白に覆われ、シンプルな世界と化した鶴舞公園。
明治42年(1909年)に、名古屋の名所に加わった名古屋の代表的な公園です。
雪景色とともに、施設をご紹介しま~す



噴水
↑入口を入ると突如として現れる噴水塔。


明治時代に入ってから、各地でおこなわれた共進会。
その土地の産業の振興を図る為、産物や製品を集めて展覧し品評する会だそうですが
名古屋でも鶴舞公園で、第10回関西府県連合春の共進会が明治43年に開会されたようです。
園内には名古屋城を模倣したもの等、さまざまな施設が作られましたが
この会が閉会しても、噴水等は恒久施設として残され、今に至るそうです。


奏楽堂
↑今でも演奏や演舞などが行われる奏楽堂。


奏楽堂も、共進会で恒久施設として設置されたものだそうです。
しかし、昭和9年(1934年)の室戸台風で破損。
その後、昭和12年(1937年)に全く違うデザインの奏楽堂が復旧されましたが
それも老朽化のため解体撤去されました。
そして平成9年(1997年)に創設当時の姿に復元されたレプリカが完成。
これが現在の奏楽堂です。

銅板葺きのドームやルネサンス風の装飾が、とってもオシャレ
オリジナルの写真をみる機会があり比べてみましたが
しっかり復元されていたのには感動でした。

子供の頃の遊び場、そして高校生の頃はここで友人と
楽器の練習をしたことを思い出します



名古屋市公会堂
↑昭和5年(1930年)に開館した名古屋市公会堂。


昭和天皇の結婚記念として建設されたそうです。
第二次世界大戦中は、高射第二師団司令部として利用され
戦後はGHQに接収され、1956年まで連合軍兵士専用劇場として使用されていたとのこと。

私も、文化祭や西城秀樹コンサート等、幾度も利用させて頂いています。
それにしても、落ち着いた佇まいが、雪で一層引き立ちますね。



名大病院
↑公園の北隣には名古屋大学付属病院。



大正7年(1918年)4月1日には、鶴舞公園付属の動物園がここに開園していたんですよ
その後、昭和12年(1937年)に、現在の東山へ移転したそうです。
また大正9年(1920年)には、愛知医科大学(現在の名古屋大学)が付属病院と共に
公園のお隣に開校したそうです。
その病院が、現在このような立派な姿に。
当時の校門は、現在も残されています。

大正12年(1923年)には、現在の鶴舞中央図書館の前身である、市立名古屋図書館が
公園内に開館したそうです。
そして昭和時代に入ると、陸上競技場も整備。
名古屋の近代化を象徴する場所だったようですね




JR鶴舞駅
↑JR鶴舞駅


深い森の中にあるかのようなJR鶴舞駅。
街のど真ん中です(笑)

鶴舞公園の正面から入園する際にくぐる、JRの高架橋。
ここには、時の首相 桂太郎氏が書いた「鶴舞公園」の銘板が懸っています。
一度ゆっくりご覧になってみてください





歩道橋
↑鶴舞公園前の交差点にかかる歩道橋にて。


ひとつひとつの景色が、キラキラいつもと違ってみえ
何だか旅でもしているかの様に、寒さを忘れカメラを構えていました。
みなさんのお近くにも、そんな素敵な場所がきっとあることでしょう
これを機に、探してみるのも楽しいですね


そしてこの後・・・
場所を移し、私はせっせと雪だるまくんを制作するのでした

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍