☆三都旅行~神戸Ⅰ~☆

エマニュエル・パユ リサイタル


神戸に来た目的は、世界最高峰のフルーティスト エマニュエル・パユのリサイタルを
拝聴するためでした
愛知県では、岡崎市で本日29日に開催予定でしたが、残念ながらチケットが取れず
念のため神戸に問い合わせたところ、まだ空きがあるということで
聴きがてら遊んで帰ろうという魂胆
大阪からJRに乗り三宮で地下鉄に乗り換え、開演10分前になんとかギリギリ会場に到着!
CDでしか今まで聴いたことのなかった彼の音色。
生音が聴けるとあって、胸が高鳴りました




神戸文化ホール
↑大倉山にある神戸文化ホール

地下鉄の大倉山駅から、これは嬉しい徒歩1分
老若男女問わず、ぞくぞくと会場に集まります。
ここは、音楽・演劇用のホールとして利用され
神戸フィルハーモニックの本拠地でもあるそうです。
もう少し左の方へ進むと外壁に高村智恵子さんの「あじさい」の巨大壁画。
見逃しましたが、とても有名なのだそうですよ






エマニュエル・パユ
↑キング・オブ・フルートのエマニュエル・パユ

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のオーケストラ首席奏者、ソリストとして
多くのファンを魅了し続けています
とにかく彼の確かな演奏は、いつも私のお手本です。
それに加えて、男性的なダイナミックさと彼の醸し出す魅惑的な世界。
あんな演奏がしてみたいなぁ~と、オペラ・アリアを奏でるパユにうっとりでした
12月にある演奏に向けて、良い刺激になりました。
がんばるぞ!!!






中ホール会場
↑定員900名ほど入る、神戸文化ホール 中ホール

「椿姫」や「カルメン」など全9曲を奏で
アンコールには「さくら」を感情豊かに歌い上げて下さいました。
季節こそ違いますが、今この日本がひとつになる時を後押ししてくれているかのような
力強い演奏に、心動かされました
また、名脇役のピアノ伴奏者 河原忠之さんの奏でる音も
大きな体でいて繊細さがとても印象的な、素晴らし演奏でした。 


リサイタル後は、この度演奏した曲が入ったCDを購入したので
サイン会に参加する権利をゲット!(お客さんの9割は参加のご様子)
もちろんカメラにもちゃっかり納めてきました


この日の音を忘れず、精進したいと思うのでした。



さて、気分で三宮へ戻り、さっそく神戸の夜を楽しむことに。。。

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

08 ≪│2011/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍