☆ポップティー☆

ビールの様なお茶


夏です!ビールが美味しく感じられる季節ですね!!
そんなビールの原材料でもある“ホップ”を使ったお茶を淹れてみました


ホップ
↑「よじのぼる」という言葉が語源の“ホップ”

ホップはツル性の植物で、雌株は「毬花」をつけます。
その中に含まれている《ルプリン》という成分があのビールの苦みと香りの素で、
雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがあるそうです。





蒸らす
↑うっすらお湯が色付いてきたら蒸らし完了!

ポットにホップと熱湯を注ぎます。
温められてホップ特有の香りがふわっと立ち上ります。

松ぼっくりの様なホップの形、わかりますか?





ホップティー
↑ホップが薫る『ホップティー』の出来上がり

さあ、出来上がったお茶を温めたカップに注ぎます。
薄い黄色の水色で、普通のお茶と変わりはありませんが、飲んでみるとその違いは歴然!
良く紅茶を飲んで【苦い】と表現される方がいますが、あれは【渋い】が妥当で、
まさしくこれが【苦い】お茶です(笑)
ビールの苦みがお茶に・・・何だか一風変わっていますが、くせになりそうな美味しさでした
しかし、お茶とはいっても、甘~いお菓子に合わせるとより一層苦みが強調されるので
要注意です。

夏にぴったり!ビールのアロマティーでした

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

06 ≪│2013/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍