☆日本神話への誘い☆

日本武尊 (ヤマトタケルノミコト)


何だか物悲しくも心落ち着く、私の大好きな季節がやってきました。
そんな秋の夜、熱田神宮であるイベントが行われました。
熱田区に住むお友達Kちゃんと、無事二人のもとへ届いた参加許可証を携え
行ってきました...熱田さん




パンフレット2
↑1000人以上の応募で抽選となる人気ぶりの語り舞台

今年は、明後日10月2日伊勢神宮では式年遷宮が行われ、
60年に一度行われる出雲大社の遷宮とも重なる記念の年ですね。
そんな2013年は、名古屋の熱田神宮も創祀1900年の記念の年。
熱田神宮の創祀は、日本武尊の妃・宮簀媛命(ミヤスヒメノミコト)による
草薙神剣の奉斉にはじまります。
古事記や日本書紀に描かれ、今なお多くの日本人に愛され続けている随一の英雄
日本武尊と草薙神剣の物語を、熱田神宮神楽殿前で女優の水野真紀さんが
語って下さるというイベントに参加したのでした。
朗読でも演劇でもない、女優さんが語り手となって読み伝える読み語り。
初めての貴重な体験となるこの日を、実はとても楽しみにしていました







パンフレット1
↑尊の魅力と熱田神宮の歴史を水野真紀さんが語り手となり伝えてくれます

真っ暗な熱田の杜にぽつんぽつんと灯る灯籠のあかり。
開始時間の19時頃には舞台となる正殿横の神楽殿前は、荘厳な世界に包まれていました。

そして開始の時間。
ヴァイオリン・キーボード・パーカッションの幻想的な音色と共に幕の向こうの光の中から
水野さんが登場。
「きれいなお姉さん」で一世を風靡した美しさは健在!お綺麗でした
でも一旦語り舞台に入ると、そのプロフェッショナルさに驚きます。
不思議と目の前にその世界が浮かび、1900年も前の神話の世界とは思えない
リアリティーをも感じさせてくれるのです。
迫力ある語り口調で情熱的に感情をぶつけるかと思えば、女神の様な深く優しい眼差しで、
丸太椅子に腰を掛けながら、じっくりと語って下さいました。

熱田神宮の歴史の深さを改めて感じたことで“熱田さん”がより身近なものとなり、
また神秘的な雰囲気の中での1時間は私にとってとても尊い時間となりました。
そんな時間をKちゃんと共有できたことにも感謝です
(旦那様のMくんとボクのKくん、送迎ありがとうございました)


日本の歴史・熱田の歴史に触れる、虫の音だけが賑やかな秋の夜でした


熱田神宮の公式ホームページはこちらです。

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

08 ≪│2013/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍