☆鮨ランチ☆

玄界灘を眺めながら


福岡・旅ブログもこれが最終回です。
最後は、帰名する日のお昼に出掛けた玄界灘近くのお鮨やさんをご紹介。


カウンター
↑海を眺められるカウンター席

九州の北西部に広がる玄界灘。
初めて訪れました。
子供の頃はよく海に入って遊んでいましたが、大人になるともっぱら眺める側に。
海は私を穏やかな気持ちにさせてくれます。
そんな海を見ながらお鮨を頂けるとは、なんとも贅沢ですよね。
海の恵みに感謝していただきました。



おまかせ握りコース
↑おまかせ握りコースを頂きました

玄界灘で捕れた新鮮な魚介類を大将が握り、
私達のスピードに合わせて出して下さいます。
先輩と私の隣では、卒園しお休み中の先輩のお子さんKくんが
既に凄い勢いで頬張っていました(笑)
確かにKくんが「お鮨が食べたい!」と、
私にこのお店をすすめてくれただけのことはあります。
旬の魚から定番の素材まで、もう「美味しい!」が止まりませんでした











茶碗蒸し
↑鯛のたまごが入った茶碗蒸し

こちらはご覧の通り茶碗蒸し。
でも、中には鯛のたまごが忍ばせてありました。
たまご✕たまご
幸せです











あら汁
↑体が温まる「ぶりのあら汁」

このぶりのあら汁は、本当に体が温まりましたよ~。
その上美味しく、あらの身をほぐしほぐし綺麗に骨だけ残し完食です。
機会があれば家で一度作ってみたいと思いました









いくら丼
↑キラキラ輝く「いくら丼」

普段あまり好んで食べないイクラなのですが、この美味しさには驚きました。
何も味付けしなくても充分美味しく、見た目も輝く美しさについ見とれるほど。
また、この後に生きたアワビの握りも登場
今度は先輩と「凄いね凄いね」が止まりませんでした(笑)
思わず動画を撮り、主人に送って喜びを伝えたくらいです

心もお腹も大満足のお鮨ランチ。
今度は鮨好きの主人も誘って訪れたいと思いました。
ご馳走様でした








海岸
↑食後は海辺をお散歩

さて、食後はKくんのご希望で、砂浜をお散歩することに。
ちょうど引き潮の時間で、カモメもたくさん遊びに来ていました。
波打ち際まで近づき、しばし波の音を聞きながら、
のんびりとした時間を3人で過ごすことが出来しました


あっという間の福岡旅行でしたが、
自然のパワーをたくさん頂いた気がしました
また、お茶所九州の国産紅茶も求めてきましたので、
教室でご紹介できればと思っています。

先輩、本当にお世話になりました。
今度はGWに名古屋でお目にかかれることを楽しみにしています



「鮨屋台 海の彩」の公式ホームページはこちらです!

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍