FC2ブログ

☆地上300mの空へ☆

ヘリポートツアー


連日の雨に悩まされながら、今年も7月を迎えましたね。
皆様、お変わりありませんか。

先日、大阪ではG20が開催され、大阪の街が物々しい厳戒態勢で
人の気配が全く無い大阪の街というものを初めてニュースで拝見しました。
主要国の元首が一堂に会し、また日本が初めて議長国を務めるということが
どれだけ意味深いことなのかを感じ取ることができました。
それにしても、近隣にお住まいの方や通勤されている方々は嘸かし大変だったことでしょう。
でも学校がお休みになった子供達にとっては、Luckyだったのかな



ヘリポート
↑ヘリポートから見た夕陽

そんな大阪の街を見ていたら、ふと先日大阪の美術館へ行った後に昇った
あべのハルカスの展望台のことを思い出しました。
日本で一番高いビル「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」!!!
いつも行くヘアサロンの店長さんにも「ハルカス内の大阪マリオット都ホテルはイイよ
なんて噂を聞いていたので、一度このビルを訪れてみたかったんですよね。
完成して結構経つとは思いますが。。。

そして展望台まで上がり、折角だからと「ヘリポートツアー」にも参加してきました
十数名の方達と、展望台から更に階段で最上階へ。
ヘリコプターにはのれませんが、ヘリポートから360度の絶景を楽しめるという
特別なツアーです。
何にも遮られることが無く、ただ地上300メートルを吹き抜ける風を感じながら大阪の街眺める。
“成功者は高いところに住む”と聞いたことがありますが、
その気持ちわからなくも無いなぁと思えました(笑)

それにしても、そんな場所からの夕陽は一段と美しく近く感じます。
ちょうど日暮れの刻、空の色もとても幻想的でした。
忘れられない景色です。










ヘリポート2
↑ヘリポートから望む大阪の街

色々と制限はありましたが、写真も撮ることができました。
この景色は大阪の南の方角。
和歌山県の方面です。
中央に緑地帯と白いものがぼんやり写っていると思いますが、
それは大泉緑地とヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)です。
神戸・京都・奈良方面も遠くまで見渡せますよ。

大阪へお越しの際は、
ぜひ体験してみて下さいね



ハルカス300の公式ホームページはこちらです!

☆スヌーピーミュージアム展☆

スヌーピーとピーナッツ・ギャング


今日は梅雨らしいお天気と思いきや、
熱帯低気圧が近づいて激しい雨を降らせている様ですね。
そんな時でも生徒さんがレッスンに来て下さり、本当に嬉しく思っています。
どうぞ、先日地震があった地域の方々や大雨の予報になっている地域の方等、
お出掛けの際は、くれぐれもお気を付け下さいませ



パネル
↑ハロー、ナゴヤ!!

さて、6月22日(土)から名古屋市博物館にて「スヌーピーミュージアム展」が開催されています。
私達は翌日23日(日)に行ってきました!
博物館で並んだのは始めてだったかも。。。
来場者数が多い為入場規制していたせでしょうか、40分ほど並びました。

作者チャールズ・M・シュルツが、約50年にわたって描き続けた新聞連載コミック「ピーナッツ」。
そこに登場する、スヌーピーやチャーリー・ブラウン、ウッドストックなどの
個性豊かな仲間たちがたっぷりと紹介されています!
その貴重な原画作品やスケッチ、ヴィンテージグッズなどから、
選りすぐりの約200点が展示されていたようです。












ラフスケッチ2
↑珍しいラフ画

特に、ラフ画があまり無かったので、この絵はとても興味深かったです。












ラフスケッチ
↑スヌーピーの正面画

スヌーピーっていつも横顔のイメージがありますが、
正面のこの何とも言えないスヌーピーの表情も、可愛らしいですよね

実はこの絵、とても大きいものなのですが、それを見ていたら
幼い頃に家にあった超ビッグなスヌーピーのぬいぐるみのことを思い出しました。
自分の靴下もはかせられないほどの大きさ。
私がまだ小さかったからそう感じただけなのかなぁ・・・
でも、抱っこしても逆に包まれているような感じがお気に入りでした。
本当に小さな頃からお世話になっています(笑)













考える人とスヌーピー
↑考える人とスヌーピー

ちょっぴりシニカルに描かれた「ピーナッツ」。
キャラクターは良く目にしてはいましたが、
改めて漫画を読んでみると、思わず「ふふっ」と声に出してしまう面白さです。
そして、展示会場の外に出たときに思い掛けずこんな風景を目に!
ロダンの《考える人》が、スヌーピーをのぞき込んでいるではないですか(笑)
実際に《考える人》は考えているのでは無く、下界をのぞき込んでいるのが
正しいそうなので、まさに、こういうことなのでしょうね。










犬小屋のある風景
↑犬小屋のある風景

スヌーピーファンの聖地として知られるアメリカ・サンタローザのシュルツ美術館世界初の
公式サテライトとして、東京・六本木にスヌーピーミュージアムがありました。
2年半の期間限定だったようで昨年秋に会期が終了し、
今年12月に南町田へ同様のスヌーピーミュージアムが移転するそうです。
生まれ変わったスヌーピーミュージアムも楽しみですね。

今回の展覧会は、そのスヌーピーミュージアムで2年半の間に開かれた5回の展覧会を
ぎゅっと凝縮した、かつてない規模の展覧会だそうです。
開催は2019年9月1日(日)まで!
更に、毎週月曜日と第4火曜日は休館日ですので、どうぞお間違えの無いように。

きっと夏休みを利用して遊びに来られる方も多いでしょうが、
ぜひ足を運んでみて下さいね



スヌーピーミュージアム展の公式ホームページはこちらです!

☆フレンチランチ☆

レシェル


先日、主婦友のKちゃんと久しぶりにランチを楽しみました。
以前からお誘いを受けていたのに、なかなか都合がつかず、
ずっとお待たせしていましたが、やっと待ちに待ったこの日を
迎えることが出来ました。
Kちゃん、ありがとう



店内
↑まだオープン前の静かな店内。

さて、この度のランチの舞台は、お隣の区にある
カジュアルフレンチレストランのお店「レシェル」
木の温もりが柔らかい雰囲気を醸し出した素敵なお店です
なぜ、このお店に決めたかというと。。。

普段、私は車に乗って知らない道があると「どこへ続く道だろう?」と
躊躇せずにその道を行きます。
いつ頃だったか、その日も何かの帰りに知らない道を選んだら、急にこのお店の横に。
窓と玄関、それぞれの木製扉がとても印象的で「可愛いお店だなぁ」と記憶し、
帰ってから調べてみるとなかなか良さそうな雰囲気だったので、
いつか利用したいと温めていました。
そして、ついに今だ!と思い彼女に提案したところ行ったことが無いとのことだったので、
即決定!予約を入れました。

でも、改めて来てみてわかりました。
私、あの時、完全に道に迷っていたと・・・(笑)





いつもKちゃんとご一緒する時は、お料理のことをすっかり忘れてしまうほど
会話に興じてしまいがち。
美味しいお料理達を、写真メインでお楽しみ下さいませ

口取り
↑お口取り

チーズ味のプチお口取り。
もう一品、グリーンピースのプチスープも頂きました。
なかなか上手く写真が取れなかったもので、すみません











自家製パン
↑自家製パン

おかわりOKの自家製パン。
香ばしくて思わずおかわりしたくなる美味しさです。












無塩バター
↑無塩バターに岩塩

そのパンに添えてあった無塩バター。
オリーブオイルもご一緒に












前菜
↑前菜

2種類の前菜からチョイス出来ます。
私はメインをお魚にしたかったので、前菜は鶏肉系で
トマト風味のソースとムースが良く合っていました。















メイン
↑メイン

今日のお魚は「あいなめ」!(だった気がします。)
ふっくらとした白身が、添えてあるお野菜やソースととても良い相性でした。
お皿への盛り方(見せ方)、参考になります。












デザート
↑デザート

マンゴーを使ったデザート。
アイスクリームも添えて
幸せ~












紅茶
↑紅茶

冷たいデザートに温かい紅茶が、±0でイイ感じ
これから暑い夏へと突入しますが、体を冷やさない様に
なるべく冷たい物は避けるよう心掛けたいですね。
女性は特に












小菓子
↑小菓子

お料理もこれで終わりかとおもいきや、可愛い焼き菓子が登場!
これがあると無いとでは、かなり満足度が変わってきますよね。
嬉しい一品でした


この日もあっという間の実りある豊かな時間が過ごせました。
お席もすぐに満席状態だったので、
お出掛け前は必ず予約を入れていかれることをおすすめします。
駐車場も数台完備されているのが嬉しい

まだの方は、どうぞ一度お出掛けになってみて下さいね




レシェルの公式ホームページはこちらです!

☆名大祭☆

野球教室


梅雨の中休み、自宅近くにある名古屋大学で「名大祭」が開催され、
賑わいをみせていました。
土曜の夜に主人が、

「明日、名大の野球場で立浪選手が野球教室やるらしいから行く?」と耳を疑う事を
さらっと言うではありませんか。

「えっ?立浪君??、絶対行く!!!」

くんと呼んでいる時点で年齢がわかってしまいますが、何を隠そう私は大の立浪ファン。
PL学園から中日ドラゴンズへ入団が決まった時には、本当に嬉しかったことを覚えています。
引退してからも、いつかばったり街で会わないかなぁ~なんて密かに想っておりました(笑)
本当に会えるのか・・・わくわくドキドキしながら夢の中へ



名大グラウンド
↑青空が広がる名大のグラウンド

翌朝、気持ちの良い青空が広がり、空気もカラッとしてお散歩にはもってこいのお天気。
歩いて名大野球場へ。
でも前日の夜から朝方まで、名古屋は大雨でした。
その為グラウンドの状態が悪く、急遽体育館に変更。
名大生の丁寧な案内により館内へ足を踏み入れてみると、
既に2つの少年野球チームがアップを始めていました。
まだ立浪氏は来ていないようだったので、暫く座って少年達の練習風景を見ていました。
ぶかぶかのユニホームを着たまだ幼い子供から、小学校高学年くらいでしょうか、
背の高いお兄ちゃんも一緒に練習する姿、とても微笑ましい光景でした。
そしてふと、入口の方に視線をやると。。。





登場!
↑登場!あのミスタードラゴンズと呼ばれた立浪和義さん

わぁ~
もう言葉が出ない状態。
そんな私を主人は横で笑っています。
「イベントの事忘れてたらエライことになってたね」と。
はい、徒では済まなかったでしょうね(笑)







指導風景
↑野球少年たちと立浪氏

開会式が終わり、早速投げ方の指導。
とても丁寧にわかりやすく手取り足取り教えられていて、
アドバイス前後では、キャッチボールの速さの違いが一目瞭然。
小さな子でも、鋭い球を投げられるようになっているのには驚きました。

また、バッティングについても、リズムが大切だと話されていて、
足を上げるタイミングや腕の振り方など、
思わず私も試したくなるような興味深い話でした。
ほんのちょっとした事で大きく変わることがわかり、
プロの方はこれを日々研究しながら練習されてるんだなぁと改めて意識の違いを感じました。
「保護者の方は動画を撮って、夜、お子さんと研究して下さい」と、
あの数々の偉業を成し遂げたスイングを、私達の目の前で惜しげもなく披露して下さいました。
未来の野球界のことを考えてのことでしょう、なんと、なんと素晴らしい
私も真正面で撮らせて頂きました、保護者の振りをして。。。

閉会式でも、良いお話をして下さいました。
・毎日練習することで、野球だけでなく心も強くなる!
・礼儀正しく。
・野球をさせてくれている両親に感謝。
・買って貰った野球道具は大切に使う

と、大人にも通じることですよね。
何だか素直に心に響いてきました。
きっとこの子達は、彼がどれだけ凄い選手だったのかわかっていないかもしれないけれど、
いつかそれに気付いた時、この野球教室がどれだけ恵まれた経験だったかと言うことを
理解してくれたら嬉しいなぁと思います。

最後は、みんなで記念撮影。
もちろん私は、彼の横をキープしました。
一生の宝物です。
そんな写真を撮ってくれた心の寛い主人に感謝。
思い掛けず夢が叶った日となりました

☆音楽フェスタ2019☆

Disney


どんよりとした梅雨空が広がる先週の日曜日。
名古屋グローリアスチェペルが主催する毎年恒例の「音楽フェスタ」に出演してきました
今年で9回目となるこちらの音楽会には、こよなく音楽を愛する素敵な方々が集まるので、
私は毎年この日を楽しみにしています。





教会
↑名古屋グローリアスチャペル内

この日も柔らかな自然光が教会内に差し込んでいました。
いつもここへ来ると、心落ち着きます。

さて、この日は7グループの出演者が、楽しませてくれました。
その内の1つ、我らPutneySaloonフルート教室!
今年も張り切ってきましたよ♪





演奏中
↑今回は「ディズニー」をイメージした衣装

この度は、《ディズニーメドレー》を皆さまの前で演奏させて頂きました。
曲目は

小さな世界アンダー・ザ・シーミッキーマウス・マーチ星に願いをの4曲です。

今回はちょっと衣装で遊んでみました
おわかりになりますか?
それぞれディズニーのキャラクターをイメージした色の衣装なんです!
向かって左:ミッキーマウス(ミニーマウス)
*ちょっと見えませんがお腹のあたりの黄色いリボンがポイントでした。

向かって中:ドナルドダック 
*こちらも譜面台で隠れていますが、胸元の赤いリボンがポイントでした

向かって右:デイジー(ドナルドダックの彼女)

こちらのポイントは









衣装
↑デイジーの雰囲気にピッタリ

ふんわり頭に大きなリボンがポイントで、
とってもデイジー感が出ていて素敵でした。

皆さまに衣装もあわせて楽しんで頂けたようですが、
実は私達が一番楽しんでいたかもしれません(笑)





紅茶
↑様々な種類の紅茶をはじめ、沢山の飲み物とお菓子で持て成して下さいました

毎回参加される方から、初参加の方、また今年のスペシャルゲストは「鳴呼メンズ」という
おじさま方のゴスペル集団が、大いに盛り上げて下さいました。
皆さんの声や音は本当に喜びに満ちている感じがして、いつも心に染みます。
自然と出る笑顔と拍手。
愛を感じます。

また、牧師先生から聖書のお話をうかがえるのも、楽しみのひとつです。
この日のテーマは「一方的な愛(アガペー)」についてでした。
自己犠牲という言葉を最近考えることがあったので少し驚きましたが、
これもお導きだったのかもしれませんね。
心から感謝です。

フルート教室の生徒さん方、お疲れ様でした。
来年も皆で出演できるよう、日々頑張りましょうね。
そして、教会のスタッフの方々の心温まるお持て成しに、
心よりお礼申し上げます




名古屋グローリアスチャペルの公式ホームページはこちらです!

☆本・生食パン☆

やわらか~い


皆さんももうご存じかと思いますが、名古屋の松坂屋本店南館2階が、
2019年3月20日に「KiKiYOCOCHO(キキヨコチョ)」としてリニューアルしました。
小さな店舗が、まるで可愛い村のように並んでいて、
老舗百貨店にあるとは思えない、心ときめくフロアです

看板
↑フランフランの前にある、この看板が目印です。

その中で気になっていたお店が、
食パン専門店「ポールボキューズ キャレ(PAUL BOCUSE Carre)」!
ポール・ボキューズは、フランスのリヨン近郊にある
レストラン「ポール・ボキューズ」のオーナー3つ星シェフ
そんなポールボキューズベーカリーの製パン技術で出来たパンを
購入することが出来るのです。
ポールボキューズと大丸松坂屋がコラボした、
全国初のお店の様です。








生食パン
↑商品は、高級生食パンの「本・生食パン」一本のみ(972円税込)

こちらの食パンは、添加物や保存料を一切使用していません。
【小麦粉】は、食パン用高級小麦粉に国産米粉を配合。
【乳製品】は、北海道産の生クリームや北海道産練乳などを使用。
【製法】は、時間を掛けて発酵するとのこと。

また、耳まで柔らかく焼き上げる為に一度に窯に入れる本数を限定し、
一本一本丁寧に焼き上げているそうです。
そんな逸品は、販売時間の前に整理券が配られ1時間毎に約30本ほど販売されます。
私も何度かトライしましたが、既にお店の前に行列が出来ていることが殆どなので、
早くからスタンバイしていないと、なかなかタイミング良く購入することは難しいと思われます。







サンドイッチ
↑サンドイッチにして朝食に

しっとりふわふわ、柔らかくてもっちもち
そして、ほんのり甘みも感じます。
この優しい味わいと食感、もうとまりません。
一日目はそのままでとの事なので、帰ってすぐそのままおやつに頂きました。
何もつけなくても、本当に美味し~い

翌朝は、タマゴサンドにしました
見て下さい!このくらい薄く切ると自然に半分に折れてくれるので、
逆からフィリングがこぼれ落ちることなくスマートに食べられます。
それ位しっとりしているのです



トースト
↑冷凍してもトーストすれば元のふんわり感が戻ります

2日目はトーストすると美味しいそうなので、
3日目でしたが、朝、チーズをのせて焼きました。
サクッとしながらもしっとり感はそのままで、ふんわ~りした食感がたまりません!!!
それ以降はスライスして一枚ずつ密閉し冷凍保存が望ましいようですよ。

こだわりと自信と情熱を注ぎ込んだ「本・生食パン」は紅茶にもピッタリ。
百貨店にある、小さな村のパン屋さん。
ぜひ、お試しになってみて下さい

☆パトニー紅茶会☆

霧香を愉しむ ~宇治の紅茶~



和束の茶葉
↑宇治茶とともに八百年 茶源郷 和束の茶畑

さて、今年の夏のレッスンのテーマは、「霧香を愉しむ」です
私が先日訪れた和束(京都)の茶園のお茶は、霧の香りがすると言われています。
そんなお茶のことを学びながら、手作りお菓子とともに紅茶や緑茶を愉しんで頂きます。
また、旬の紅茶もご用意しておりますので、どうぞお楽しみに


☆場所:Putney Saloon 八事教室
☆会費:4,000円(税込) 
☆日時:2019年6月18日(火)~8月8日(木)の火曜~土曜日
 (1)11:00~ (2)13:30~のいずれか。
☆持ち物:筆記用具



レギュラーコース修了者限定の紅茶教室です(フルート教室の生徒さん参加可)
(対象外の方、是非レギュラーコース

既にご予約済みの生徒さん、いつもありがとうございます。
まだ、ご予約されていない生徒さんは、お早めのご予約をおすすめ致します。
心よりお待ちしております


ご予約はこちらまで

☆お誕生日ランチ☆

Eggs 'n Things


先月に遡りますが、学生時代の友人達と、恒例の誕生日ランチを楽しんできました。
今回はいつもと趣向を変え、ハワイのブレックファストスタイルで



お店
↑Eggs 'n Things名古屋パルコ店前

1974年にハワイで誕生たしEggs 'n Things。
地元の人々はもちろん、ハワイを訪れる世界中の旅行客にとって
人気のカジュアルレストラン。
この度の主役Yちゃんのご要望でした。

コンセプトは“All Day Breakfast”
朝に限らず、昼でも夜でも美味しくてボリューム感のある
ブレックファーストメニューを・・・とのこと。
一歩入るとまるでハワイな店内がこの日の会場となりました





ワイキキセットメニュー

サラダ
↑シーザーサラダ

Eggs 'n Thingsで人気のエッグスベネディクトとパンケーキが楽しめる
セットメニューを3人でオーダーしました。
選べるソフトドリンクも付いてきます。
しっかりお野菜を摂取出来ました







エッグスベネディクト
↑選べるエッグスベネディクト

スモークサーモンとアボカド or ホウレン草とベーコン/スパム
が選べます。
私達はスモークサーモンとアボカドの方で。
サーモン、アボカド、とろ~りタマゴが相まって、
口の中に幸せな瞬間が訪れます。








パンケーキ
↑選べるパンケーキ

久しぶりのパンケーキ。
こちらはストロベリー、バナナ、パイナップルから選べたので、
王道のストロベリーをチョイス
そこに山盛りのホイップクリームとマカダミアナッツがトッピング。
最初、お隣さんのホイップクリームの量を見て、
「少し減らしてもらおうか」なんて話していましたが、
すっかり忘れ、目の前には生クリームの山。
でも、みんな平気でペロっと完食していました。
あっさりとしたクリームだったので、パンケーキにたっぷり塗っても
全く問題ありませんでしたよ。
そして、Yちゃんには内緒で、お皿の飾りとスタッフの方と共に
ウクレレ伴奏で歌のプレゼント
ちょっぴり恥ずかしいかな?と思いましたが、
思い切ってお願いして良かったです。
近くのお客さんも一緒に盛り上がってくれました。


以前一緒にハワイへ行ったことがあったので、
その頃の事を思い出しながら、また行きたいね~なんて話も弾み、
記念写真まで撮ってもらって、
おかげさまで、あっという間の楽しいお誕生日ランチとなりました




Eggs 'n Things 名古屋PARCO店の公式ホームページはこちらです!

☆一菓一紅☆

フロランタン ✕ エロス



フロランタン

お菓子:フロランタン (モン シェフ/千葉)








紅茶

紅茶: エロス (マリアージュ・フレール/フランス) 








茶葉
↑ハイビスカスとモーブの花に彩られた恋人達のお茶。

アーモンド、レーズン、チェリーのしっとりとした食感と、
甘く香ばし中にほろ苦さを感じる大人好みのお菓子・フロランタン。
安らかな香り広がる紅茶と共に、口の中に広がるキャラメルの風味が
誰もを虜にしてしまいそう。
これから迎える梅雨時の午後のおもてなしに

☆全国植樹祭あいち2019へ☆

~木に託す もり・まち・人の あす・未来~


ニュースなどで皆さまもご存じとは思いますが、
皇室の三大行幸とよばれている内のひとつ「全国植樹祭」が、
今年は愛知県で開催される為、6月1、2日と天皇皇后両陛下が
愛知県へお越しになっていました。
新天皇になり初のご公務とあって、かなり注目されていましたよね。
この全国植樹祭は一般市民も参加することができるので、
我が家は昨年9月の応募開始日に応募し、
今年に入って当選通知を手にし、晴れて参加に至りました。
一度参加してみたかった国の支援する恒例行事なので、
まるで合格通知を貰ったかのように喜びました




壇上の花
↑壇上の花は、県育成品種「かがり弁ぎく」など産出額日本一のキクで飾られていました。

愛知県での開催は40年ぶり。
平成ジャンプ!だったわけですね(笑)
ちなみに昨年は福島県、来年は島根県です。
福島県の開催時には、愛知県の大村知事が福島県を訪れ、
今年は島根県知事がお見えになっていました。
このようにして70年も回数を重ねてきた、とても歴史ある行事なのだそうです









携帯袋
↑携帯袋

式典・植樹会場は名古屋市のお隣、尾張旭市にある「森林公園」でした。
幼い頃、よく家族で遊びにきていました。
ここは、紅茶の美味しいお店が日本一あることで有名な町です。

ただ、参加者は現地へ直接出向くことは出来ません。
最寄の集合場所に朝早く(7:40)に集まり、身分証明書と通知書持参で受付を済ませ
観光バスに乗り揃って会場へ向かいました。
会場近くの沿道には、すでに両陛下の車を待つ人達の姿も見えましたよ。

そして、会場に入るときのチェックがまた厳しい!
会場内には写真の袋と、その中に貴重品とスマホやカメラなどを入れて
中が見える状態で入場します。
その際も持ち物チェック・金属探知機を通るなどして、やっと中へ。
基本的に同じバスの方々と添乗員さん(役所の方かな?)について行動するので、
ちょっとしたツアー気分でした。

















会場風景
↑会場風景

山あり谷ありの道を進み、やっと到着しました!
ここが、式典・植樹会場です。
広大で、緑豊かな美しい場所です。
一般招待客の人数は確か6000人くらいだった気がします。
前方に両陛下が座られる「お野立所」。
写真にはありませんが、後方には大きなテントがあり、
そこに地元のブラスバンド部やコーラス部の高校生たちが待機していました。

主人と私が座った席は、前に誰もいない見通しの良い席だったので、
お野立所もよく見ることができました。
式典スケジュールは、尾張旭市長の挨拶や大会の概要、
また愛知県の紹介映像などを拝見するイントロダクションが28分間。

プロローグとして、会場に作られた木の舞台で、歌・楽器演奏・踊りのアトラクションが
披露され会場全体を盛り上げて下さいました。
そして、感謝状や記念切手の贈呈などが滞りなく終わり、
いよいよ記念式典!天皇皇后両陛下のお出ましです。










天皇皇后両陛下
↑天皇皇后両陛下ご来場

お野立所の隙間に、赤い旗がをなびかせた黒塗りの車が一台止まるのがみえました。
会場に待機しているわけではないのですね。
お二人が車から降りられると、そのまま会場内へ。
事前にあの携帯袋に入っていた日の丸の小旗をふってお迎えしました。
会場全体が沸き立つ中、手をお振りになられながらの登壇でした。
開会のことば、三旗掲揚、国歌斉唱、主催者の挨拶が続き、
11年ぶりに大会での天皇陛下のお言葉を拝聴することができました。
とても落ち着いた声のトーンで、私達に寄り添う気持ちが伝わる
素晴らしいおことば。
そのお姿を、和やかな表情でみつめる皇后さまが、とても印象的でした。








天皇皇后植樹
↑天皇皇后両陛下植樹

その後、緑化貢献者やポスター原画コンクールや緑化コンクールで
選ばれた方々の表彰が終わり、両陛下のお手植え・お手蒔きの時間となりました。
テレビでよく拝見していたこのお姿を、目の前で拝見できるなんて、
本当に幸せでした。

植樹祭にちなんでお選びになられたのか、皇后さまの薄いグリーンのお召し物も
遠くから見ていてもとても素敵で、一層お元気そうに感じられとても嬉しく思いました。
これからもご無理されない程度に地方へ出向いて、元気なお姿をたくさん拝見したいですね。
大会テーマを歌や踊りで表現したメインアトラクションを楽しみ、
閉会のことばへ。

約1時間の間でしたが、両陛下とともに同じ会場で時間を共有できたことはとても嬉しく、
同時に私自身の励みにもなりました。
心から感謝









お弁当
↑お弁当

さて式典終了後、こだわりのオリジナル弁当が配られました。
名古屋市で有名な仕出し屋さん「八百彦」特製です!
一段ずつご説明します。

上段左:県産鶏肉の肉団子と県産卵の玉子焼き。
上段中:県産うずら卵のフライ・県産レタス添え
上段右:名古屋名物ういろう(お菓子入りが嬉しい)

中央左:蒲郡産メヒカリの唐揚げ(美味しかった~)・県産キャベツのおひたし
中央中:愛知のブランド米「あいちのかおり」と県産しらすとしいたけを使った
郷土料理「箱寿司」
中央右:郷土料理「いわしはんぺん」と県産大根の味噌おでん

下段左:愛知県中山間地の幻の米「ミネアサヒ」のご飯・
県産ふきのきゃらぶき添え
下段中央:三河ポークを使ったなごやめしの代表「味噌カツ」
下段右:県産小麦「きぬあかり」のきしめん(お弁当作りの参考に)

まさに地産地消のお弁当。
少しずつ頂けるのがイイですね
とっても美味しかった~。
ご馳走様でした。







椅子
↑愛知の木材を使用した椅子

その後は時間まで会場内をフラフラお散歩。
河村たかし市長らが座られていた椅子。
とても可愛らしい椅子ですよね。
座り心地もとても良いのですよ!
私達が座っていたベンチもすべて、
会場内の木製品は県産木材を使用しているのだそう。

また、会場で使用した椅子・ベンチやプランターカバーは公共施等へ
配布されるそうです。
どこかでまた会えたらいいな










万華鏡
↑万華鏡

県産木材と切花を鏡に映り込ませて、光の反射で輝く万華鏡のように飾ったモニュメント。
主人が「(自分が中高時代の)文化祭でどうしてこれが思いつかなかったんだろう」と、
感心していました。













ブロック
↑ブロック

ひのきのブロック。
これがカチッと気持ちよくハマるんです。











間伐材カローラ
↑間伐材カローラ

凄い!の一言。
間伐した檜を使って作ったカローラ。
外観だけでなく内部も木で出来ていました。






紫陽花
↑「花の国あいち」らしい美しいあじさい

第70回全国植樹祭の理念は

私たちは、「木材の利用」を山村(やま)と都市(まち)をつなぐ架け橋とし、
健全で活力ある「森林(もり)づくり」と「都市(まち)づくり」を進めていきます。

です。


子や孫、もっと先の未来につなげて行くことがとても大切なことだと
天皇陛下のお言葉の中にもあった通り、
「伐る・使う→植える→育てる」という循環を皆で守り育んで行くことが
地球に住む私達の役目なのかも知れないと考えることができました。










植樹
↑我が家も植樹

そして、私達は場所を移し、豊田市にある「昭和の森」へ。
今度は私達が植樹する番なのです。
私は多分、植樹するのは初めてなので、
この時間を結構楽しみにしていました。
我が家は「ヤマサクラ」の苗を植樹。
色んな意味で、とても良い記念植樹となりました。
様々な気づきもあった、有意義な一日に改めて感謝です。

この大会の関係者の方々、本当にお疲れ様でした。
とても素晴らしい大会に参加できたこと、心から嬉しく思っています

☆宇治茶園へ☆

和束


5月も最終日となりました。
おもてなし京都旅も今日でラスト。
どうぞ最後までCathyとの旅をお見守り下さい。


車窓
↑JR奈良線に乗って

さて、無事に宇治駅を出発!奈良方面へ向かいます。
電車に揺られること20分、木津駅で乗り換えます。
乗り換えを間違えないようにとドキドキしながらふと
Cathyに目を向けると、じーっと車窓から外を眺めていました。
日本人にとって当たり前の景色が、彼女の目にはどんな風に見えているんだろう。
そんなことを思いながら自然にカメラを向けていました。
その6分後、無事に加茂駅で下車し、バスに乗り換え16分。
目的地 中和束 に到着です。













宇治茶園
↑山間に宇治の茶畑が広がります

バス停からすぐのところに、この日お世話になるd:matchaという
和束のお茶を楽しみ尽くすカフェがあります。
時間に制限があったので、事前にご相談をさせて頂き、
特別にプランを立ててくださったので、迷わず予約を取りました。

英国は、紅茶の国と言われてはいますが、実際に紅茶は一箇所くらいしか作っていません。
なので、この美しい茶源郷をひとめ見てみたいと思うのでしょう。
ここでも、お客さんは私以外みな外国人
この3日間、日本にいながら何故かアウェーな気分が、
まさかここでも!という感じでした(笑)





パスタ
↑和束の煎茶を作ったジェノベーゼパスタ

丁度お昼時に到着したので、まずは腹ごしらえ。
和束産の煎茶を使ったジェノベーゼを頂きました。
ちょっぴりほろ苦い煎茶の風味がきいたとても体に良さそうな美味しいパスタで、
Cathyも嬉しそうにペロリと完食していました。
お腹が満たされたところで、お店の車に乗って更に山奥の茶園へ!






茶園2
↑京都南部、奈良県の北に位置する和束の茶畑

静かな山間。
鶯の鳴き声だけが響いていました。
お茶の最高級ブランドでもある宇治茶の4割弱がここ和束で作られています。
和束の、恵まれた気象・土壌の条件を生かし、
古くから香り高い高級煎茶を栽培しているそうです。

気温は京都より4℃くらい低いそう。
通りで少し肌寒かったので、それまで脱いでいた上着を羽織りました。








茶園で一服
↑茶園で一服

思う存分写真や動画を撮影し、ちょっとだけ茶摘みもさせて頂きました。
同行して下さったスタッフの方も親切で、
Cathyに英語で説明してくださり本当に助かりました。
ただ、私は英語で説明を聞く羽目になり、
「こういうことで合っていますか?」と常に確認
日本にいて、まさかこんな事があるんなて思いもしませんでした。
面白い経験です。

最後に、100%和束産というピュアな水出し煎茶をごちそうに
とても甘く、味わい深くて美味しかった~。
体に染み渡り、心と体が浄化された気分でした。










煎茶飲み比べ
↑お茶の飲み比べ

お店へ戻ると、帰りのバスの時間が迫る中、
煎茶3種類+抹茶3種類の飲み比べをさせて頂きました。
Cathyもじっくり味わってその違いを感じ取ろうとしていました。
本場で収穫されたばかりのお茶を飲み比べることができる
またとないチャンスですものね。
実は和束では僅か(笑)に紅茶も生産されています。
とても希少です。
そんな和束紅茶を購入してきましたので、
教室の生徒さん、どうぞお楽しみに

*次回パトニー紅茶会は和束のお茶について学びますので、どうぞご参加下さいね。







新芽の天ぷら
↑新芽の天ぷら

最後は、先程茶摘みした新芽の天ぷらを出して頂きました。
苦みもなく、何も付けなくても美味しいのですが、
お塩がかかるとさらに旨味アップ!
贅沢なひとときでした。
彼女だけでなく、私も勉強させて貰えたことで、
とても有意義な学びの時間となりました。
Cathyに感謝です

バス停までスタッフの方が見送ってくださり、無事全行程をクリア。
肩の荷が下りました。
でも、家に帰るまでが旅行と言います。
気は抜けません。
駅へと戻り、彼女の今夜の宿がある奈良へ。
宿の方に挨拶を済ませて、お部屋を確認し(長女気質がでてますね、笑)
奈良市街で一緒に夕飯を食べました。
旅を振り返りながら、最後の晩餐です。
彼女はとても素晴らしい時間だったと、最後まで別れを惜しんでくれていました。
もちろん私もです。
別れ際にはハグをして私は名古屋へと向かいましたが、
今度はいつ会えるかわからないと思うと涙が溢れました。
後から送られてきた彼女からのメールにも同じ言葉が。
そして、私のことを友人ではなく「日本の従妹」だと。。。
そう思ってくれただけで、とても幸せな気持ちです。
今度は会いに行くからよろしくね、Cathey

おもてなし京都旅、最後までお見守り下さり、
有り難うございました。



d:matcha-Kyoto-の公式ホームページはこちらです!

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍