FC2ブログ

☆クリムト展☆

ウィーンと日本1900


大雨が九州地方を襲い、まだ雨は止まないのかと心配です。
そんな名古屋も昨夜からしっかりとした雨。
今週の予報はずっとマークです。
確実に季節は進行しているようですね。

ところで先日、愛知県豊田市にある豊田市美術館へ行ってきました。
目的は「クリムト展」




館外
↑美術館前には名画「ユディトI」のポスター

クリムトと言えば名画「接吻」が有名ですが、私はその他のクリムト作品と
今までご縁が無かったように思います。
是非行きたい!と思っていたところに招待券を2枚頂いたので、
早速主人と足を運んできました。






館内
↑多々あるクリムトの名画の一部を合わせ一枚に

1862年、ウィーン郊外で金細工師の息子として生まれたグスタフ・クリムト。
その影響か、金の彩色が目を引く作品が多いように感じていたのですが、
この度の展覧会では、素描や落ち着いた色合いの絵画が多数展示されていて
驚きました。
その驚いた理由は1つだけでなく、“絵のうまさ”にもありました。
私は小学生の頃にクロッキーを少し学んでいたので、
素描を見た瞬間に観察力や表現力の素晴らしさを感じ取ることが出来ました。
これはただ好みなだけかもしれませんが、主人も同じ事を言っていたので
会場で絵を目の前にした方は、同様に感じられたかと思います。

また、日本画からかなり影響を受けていたということも、とても興味深かったです。
額縁に日本を感じる花の絵が描かれていたり。。。
そう、額縁と言えば、クリムトは額縁のデザインまで考えて発注してたようですね。
「絵にも負けない黄金の額縁」、さすが金細工職人の息子さんです。

一際明るい印象の《オイゲニア・プリマフェージの肖像》という作品は、
豊田市美術館所蔵の絵画。
また、《人生は戦いなり(黄金の騎士)》という作品は、愛知県美術館所蔵の絵画で、
こちらの豊田会場のみの展示となっているようです。
お見逃しなく











豊田市美術館
↑豊田市美術館の庭園

世界中にファンも多いクリムトの展覧会とあって、会場内は常に行列でかなりの賑わい。
ただ、いつもの私達なら最初の部分を後回しにして先に奥からまわるのですが、
この日はのんびり並んでゆっくり楽しめる雰囲気に身を任せていました。
何だか人が多く感じることも無く。。。絵の配置が良いのかな。。。不思議でした。

開催期間は2019年7月23日(火)~10月14日(月・祝)まで。
まだまだ時間はあります!
気になっている方、ぜひ本物を目に焼き付けてきて下さいね


クリムト展の公式ホームページはこちらです!

☆爽やかな朝☆

お散歩


最近、朝晩涼しげな風が吹くようになりましたね。
夜もクーラー無しで快適に眠ることができ、少しほっとしています。


夏の公園
↑公園内の木立

そんな朝のウォーキングは気持ちが良いもの
暑いときは少しお休みしていましたが、最近また復活です!
約1時間かけてのんびり歩いています。
お気に入りコースは、少し離れたところにある公園。
車で通りかかった時に「ロンドンの公園みたい」と感じ、
家からその公園まで歩き1周して帰るのが私のお散歩コースとなりました。











秋の公園
↑秋の風景

ちなみに秋の雰囲気はこちら。
今年も紅葉した木々を仰ぎ見ながら歩くの、楽しみです。











蓮の池
↑蓮の池

夏の楽しみは「蓮の池」
普段は地味な池なのですが、
ピンクの蓮の花が咲くと、まるで極楽浄土の蓮の池です。
空に浮かぶ羊雲。
またひと雨来るのかな・・・










蓮の華
↑蓮の華

無理矢理ズームアップしたので画像が悪いのですが、
こんな感じで咲いています。
蓮の葉も大きく成長
この池は蓮根掘りするのかな。。。やはりそちらが気になるところ(笑)

たくさん歩き、たくさん食べ、たくさん寝る。
今日も、健やかに楽しく過ごせたら幸せですね

☆今年の夏は☆

冷製!


お盆休みも明けてまだ日常生活に体が戻らないという方も多いのでは?
今週は雨や曇りの日が目立ち、何だか暑さもトーンダウン。
確実に近づいている秋の気配を感じながら、無理せず少しずつ体を戻していって下さいね。

トマトのカッペリーニ
↑トマトの冷製カッペリーニ

今年の夏は、昨年同様暑い日が続いたので我が家では、
【冷製】と名のつくものがよく食卓に登場しました。
例えば、写真の「トマトの冷製カッペリーニ
タマネギ・フルーツトマト・アンチョビで作ったソースを冷蔵庫で冷やし、
カッペリーニを茹でて氷水で締め、ソースに和えたもの。
仕上げのパセリと、お好みで私はパルメザンチーズをかけて楽しみました。
評判が良かった一品です。

また主人の誕生日には毎年恒例の「ヴィシソワーズ(ジャガイモとポロ葱の冷製スープ)」を作り、
後日あった身内のパーティーで、それをいつもの倍の量作って持参しました。
暑い時は段々と食欲が落ちて行きがちですが、そんな時は少し冷たい物が助けてくれますよね。
体を冷やし過ぎない程度に冷やしてくれたこれらのおかげで、
この夏をなんとか乗り切られた様に思います。

夏のダメージを受けた体のケアをしながら、秋を愉しみにしている今日この頃です。
さてこれからフルートレッスン
皆さま今日も素敵な一日を

☆ハリネズミ・カフェ☆

キュンキュン


最近様々な趣向を凝らしたカフェが多い中、名古屋にあるハリネズミカフェへ行ってきました。
アンケートに応募したら1時間無料チケットが1枚送られてきたので、
たまには一人のんびりと楽しんでくることに

栄の雑居ビル内、本当にこんなところにあるのかな。。。と不安な気持ちで階段を上り
奥へと進んでいくと、可愛らしいお店を発見!
中へ入るともう何組かの親子がハリネズミと戯れていました。
こちらは完全予約制。
好きなドリンクを選んだら既に準備されている席へと案内されます。


つぶらな瞳
↑つぶらな瞳で見つめないで~

さぁ~、この子が1時間私の相手をしてくれるザックくん。
はじめまして!
とても人なつっこいタイプだそうです。
ハリネズミ総選挙で選ばれし「ハリ7(セブン)」の中で第4位の人気ぶり(笑)
どの子も可愛いハリネズミ達でした。











針
↑ハリネズミの背中

ロシアでは、ハリネズミは背中に幸せをのせて運んでくれる存在なのだそうです
そんなハリネズミの背中をアップで撮っておきました。
皆さまにもたくさんの幸せを運んでくれますように。








膝の上
↑私の膝の上へ

滅多に棘(針)を逆立てたりしないの素手で大丈夫なのだそうですが、
一応グローブも用意されているので安心です。
私もはじめは怖かったのでグローブを付けていましたが、
段々慣れてきたし、ハリネズミの温度や感触を確かめたかったので、
その後はずっと素手でした。
多少はとげとげしますが、我慢できないほどではありません。
私の膝の上でも遊んでくれました。






植木鉢の中
↑植木鉢の中から

ハリネズミはネズミといってもモグラに近いのだそう。
だから隅っこや暗いところ、狭いところがだ~いすき
植木鉢に入れたらこんな感じで暫くじっとしていてくれました。
サービスショットですね








お隣のハリネズミ
↑お隣のハリネズミ

途中から、お隣に席に座っていた小学生の女の子とお母さんと仲良くなり
まるで自分の家のペットのように「この子抱く?」「写真とりましょうか?」と
一緒に遊んでいました。
体の色が少し明るいのがわかりますか?
性格の違いも感じられて面白かったです。
その女の子は最初グローブでしか触れなかったのですが、
私が素手で遊んでいるのを見て「私も素手で触る」とチャレンジし、
最後には素手で自由自在にハリネズミを手なずけていました。
子供の成長にも一役買っているハリネズミ君です。










仰向け
↑衝撃!仰向けのハリネズミ

植木鉢からハリネズミを出した時に見せた仰向けになった姿。
このお腹が暖かくて気持ちが良いんですよ~。
レアな一枚です










片手で
↑私の手のひらで

お店の方に「ハリネズミ触ったことあるんですか?」と聞かれたくらい
私の触り方は良かったようで、ハリネズミもこんな感じで私の片手に収まってくれました。
おかげで、もう一方の手でスマホを構え写真を撮ることに成功しました(笑)

最初は、ハリネズミと1時間も遊んでいられるかしら?と心配していましたが、
もうあっという間の1時間。
お隣のお母さんも「今度一人で来ようかな」とぼそっと呟いていたくらい、
癒やされる空間です。

料金の中には、店内のドリンクとお隣のホテルでのコーヒーチケットが付いています。
私はたまたまこのお店に入る前に友人とばったり会い、
お互いに1時間後時間があったので再び落ち合い
そのお隣のホテル(プリンセスガーデンホテル)のラウンジでチケットを使ってお茶をしました。
そのコーヒーチケットは500円分のソフトドリンクなら何を選んでもOK!
その後1時間半もおしゃべりしていたくらいとても落ち着いたラウンジなので、
ぜひそちらにもお立ち寄り下さいね。

友人との素敵な時間を作ってくれたのも、ハリネズミパワーのおかげかしら






ハリネズミ専門Cafe HARRY WOOD名古屋栄店の公式ホームページはこちらです! 

☆いつでもアイスティー☆

氷紅茶


暦の上では「立秋」を迎えました。
パトニー紅茶会も無事に終わり、今月の紅茶教室はお休みです。
ただフルート教室のお休みは無く、また、若い生徒さんからのご要望にお応えした
特別講座は予定しています。
こちらは、結婚を意識し始めた方に向けたレッスンとなっています
お盆明け、少しは暑さも落ち着いていると良いなぁ~


氷紅茶
↑ミントを入れて凍らせた紅茶のアイスボール

さて、こちらのアイスボール、可愛いでしょ
アイスティーを丸く凍らせただけのものですが、
一度作ったら数回は簡単にアイスティーが飲めるので、
アイスティー作りが面倒くさいという方にもおすすめです!
いつも水割り用の丸い氷を作る主人を見て、思いつきました(笑)
中にはミントの葉を忍ばせ、溶けてくると段々と姿を現します。
完全に溶けるまで30分ほど掛かりますが、静かに待つこの時間が
何とも気持ちを落ち着かせてくれるのです。
この時期のお持て成しにぴったりの紅茶。
7月からパトニー紅茶会でも生徒さんへお出ししましたが、
とても評判が良かったですよ
また、薄まらないので最後までしっかりとした紅茶が愉しめるのも魅力です

楽しく暑さを乗り越えられたらイイですね

☆京料理ランチ☆

たん熊 北店 


8月に入りました。皆さまお元気にお過ごしですか?
こちらは連日の猛暑に些か閉口気味ですが、何とか体調を崩すこと無く過ごしています。

ところで、先日長年仲良くして下さっている先輩と約1年半ぶりにランチを楽しんできました。
会っていなかった間、先輩の住居が福岡県から千葉県へと変わりお忙しかった様で、
この度の夏休み帰省で久しぶりに名古屋へ戻られたのだそう。
そんな貴重な時間を割いて私の為に時間を作って下さり本当に感謝です

さて、今回のランチ会に選んだお店は、ANAクラウンプラザホテル内にある
京料理「たん熊 北店」の名古屋店。
のれん個室の趣ある落ち着いた雰囲気の中で「和」を愉しむことが出来ました。


【ごほうび昼膳】

パレット
↑主皿(9品パレット)

思わず目移りしてしまうパレット上のお料理たち。
中でも、だし巻き卵は甘過ぎないところが私好みで嬉しかったです。







先付け
↑先付

ほんの少しのお出汁に溶きながら、南瓜の風味を味わいます。









お造り
↑向付、小茶碗、 御飯、香の物

締めた鯛と蛸のお造り。
椎茸が入った茶碗蒸しに、ちりめん山椒を添えたご飯とお新香。
どれも優しいお味で、暑さで落ちた食欲を増進させてくれました。





お土産
↑千葉県名産の落花生を使用した最中のお土産

食事中、弾んだ話が名古屋と千葉(関東)の違いについて。
同じ日本でもこれだけ人の考え方が違うんだなぁ~と、
とても考えさせられる興味深いお話をして下さいました。
そして先輩の名古屋弁が健在だったこと・・・少しほっとしました(笑)

お土産に頂いた、千葉県の特産物「落花生」とそれを使った最中の詰め合わせ。
落花生の皮の形をした最中の中の漉し餡に、更に刻んだピーナッツが入っていて、
歯ごたえのとても良い、久しぶりに美味しい最中を味わえました

どちらも美味しいひととき
先輩、素敵な時間とお土産をどうもありがとうございました!
今度は千葉へお邪魔しますね




たん熊 北店の公式ホームページはこちらです!

☆梅雨明け☆

梅雨が明けたので・・・


先日の日曜日にあった梅雨明け宣言。
今年の梅雨明けは去年に比べ19日遅く、平年と比べても7日ほど長かったようですね。
それだけ夏の暑さが短かくなれば良いのですが。。。

綿の花
↑咲いたばかりの綿の花

そんな梅雨明け翌朝には、まるでこの日を待っていたかの様に、
綿の花が美しく可憐に咲いてくれていました。
今日は前日の白から淡いピンクに色を変え、私達を愉しませてくれます。

さて、梅雨明けにやらなければならにことがあり、
レッスンがお休みだった昨日は、色々と家仕事をしていました。
この日のメインは、
① コスモスの種を植える
② 仕込んだお味噌のチェック!

①は、日焼け対策ばっちりで土いじり。
おまけに園芸用品の整理も出来てスッキリしました。
日陰でやっていてもさすがにこの暑さで、ポロポロと大粒の汗が滴り落ちる状況。
でもその後のシャワーがとっても気持ち良かったです。
しっかり汗をかいて、体も少しずつ暑さに慣らしていこうと思いました。
熱中症対策は万全にね

②は、今年はじめに仕込んだお味噌の第2回目のチェック!
梅雨明けの7月後半~8月初旬に必ずしなければならないことです。
毎年、お味噌を置く位置を変えてどこが一番適しているか試しているのですが、
この度4回目の場所は、いつもなら生えているカビが全く生えておらず
ついに最適な場所を発見!です。
もう既にお味噌の良い色と香りがしていました。
この度は途中経過をお見せできたのですが、写真を撮り忘れてしまい、すみません
本当に待ち遠しいなぁ~
どちらも私の秋のお楽しみです。


さて午後からはレッスン
この暑い中でもお越し下さる生徒さん方には、本当に感謝です。
今日もお部屋を冷やして、心よりお待ちしております

☆暑中お見舞い申し上げます☆

藤団子


今朝、いつものようにベランダの窓を開けると、朝顔が8輪も咲いてくれていました。
今まで一度に沢山咲いたことが無かったので嬉しい反面、
何だかもったいない気がして、少しずつ咲いてくれるようお願いしました。
でも見た感じ明日も6輪は咲きそうです
台風が接近中だというのに、無理しないで欲しいな。。。
どうか長く楽しめますように。




藤団子
↑名古屋の老舗和菓子店「きよめ餅」の藤団子

先日、生徒さんからお茶菓子を頂きました。
藤団子(とうだんご)という縁起の良さそうな干菓子です。
奥から、紫・白・桃・黄・緑と彩り豊かな5色の輪を麻ひもで結わえ、
その名の通り藤の花房に見立てられています。
きよめ餅総本家は、真っ白いふんわりとしたきよめ餅(大好き)のみ
販売しているイメージでしたが、こんなに可愛らしく上品なお菓子もあったなんて、
恥ずかしながら今まで知りませんでした。
それに、オリンピック五輪のマークにも似ているので、
お土産にも喜ばれそうですね

生徒さんと紅茶で愉しみましたが、お砂糖代わりに紅茶を美味しくしてくれましたよ。
もちろん緑茶でもほっと心が癒やされます。
熱田神宮へ行った際には、ぜひお店を覗いて「藤団子」をお手にとってみて下さいね。
Tさん、素敵なお菓子をありがとうございました。



週末の台風が過ぎると名古屋もやっと梅雨明けです。
その後は酷暑が続きそうですが、それまでに少しでも暑さに慣れ、
パワーを蓄えて行こうと思っています!
皆さまも、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さいね。
今年も素敵な夏となりますように

2019年 盛夏

☆レモスコ☆

いつもの料理がすっぱ辛く!!


お土産にもらった「レモスコ」。
どこかでご覧になった事がある方も多いかと思います。
青唐辛子とレモンが入った辛味調味料。
最近色んな物にかけて楽しんでいます

レモスコ
↑レモンが入ったタバスコ「レモスコ」

瀬戸内産の広島レモンと海人の藻塩に青唐辛子。
広島レモンは、尾道市瀬戸田の契約農家のレモンを使用し、
化学調味料無添加です!
パスタ、唐揚げ、餃子、魚介類、鍋物、麺類など
様々な料理に使用可能。
過去に、ヤリイカのソテーやピザにかけてみましたが、
レモンの爽やかさを感じた直後にくる、強烈な辛みにびっくり!
そこが今までに無い面白いところかもしれませんが、
味はとても美味しかったですよ!
そしてこの度は。。。





豚肉の人参巻き
↑豚肉の人参巻き

人参を豚肉で巻いたおかずに、数滴かけてみました。
本当はレモン汁をかけたかったのですが、あいにく切らしていたので、
代用品として使用したのです。
豚肉がレモンの香りでさっぱりはしましたが・・・
やっぱり辛さが後からやって来ます。
お好みでどうぞ(笑)

暑い季節にホットな料理。
一家に一本、いかがですか

☆美術展へ☆

第90回第一美術展へ


今年も伯母が出品している絵画展へ足を運んできました。
毎年たくさんの絵画や工芸が展示されていますが、
今回の展覧会も私達を愉しませてくれました。


絵画展
↑絵の具の香り漂う展示会場

伯母は登山が趣味で、毎年海外の山へ出掛けています。
今年の題材は、そんな登山で訪れたネパールで出会った子供達でした。
明らかに日本の子供とは違った表情や民族衣装の様な格好が印象的で、
当日会場に来ていた伯母から直接聞く話をとても興味深く感じました。
私も週明けに友人と登山へ行く予定でしたが、
予想以上に長い梅雨の為、断念。
次の機会を楽しみにしたいと思います。

展覧会は15日(日・祝)で終わってしまいましたが、
また来年、ご興味のある方は是非お出掛け下さいね

☆今年初!☆

朝顔


すっきりとしないお天気が続いていますが、
先週の土曜日に嬉しい出来事がありました。

朝顔
↑昨年咲いた朝顔の種から育てました。

今年はじめての朝顔の開花です!
朝から心がウキウキしますね。
今年は早い時期に種を蒔けたので、
去年よりも早い開花になったと思います。
気持ちの良いくらい立派に咲いてくれて、
とても晴れやかな気持ちになりました。
次の開花を待つ蕾たち、楽しみにしてるよ~

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍