FC2ブログ

☆春を感じる☆

梅と桜


今朝、玄関に生けていた梅の花が一輪、開花しました。
今にもぽろっと落ちてしまいそうな可憐な花から暫く目が離せず、
思わずカメラを手に取りました。


梅の花
↑今朝開花した梅の花

早速、午前中にいらっしゃった紅茶の生徒さんにも
「今朝咲いたんですよ」とアピール
「春ですね~」と笑顔が溢れ、ふと優しい時間が流れました。



そして春と言えば、もうひとつ


桜塩
↑茅乃舎の季節限定品「桜塩」

少し前に購入したのですが、お出汁でおなじみ茅乃舎(かやのや)さんの桜塩です。
神奈川県丹沢山麗でとれた八重桜を手作業で積んで塩漬けにしたものを
熊本天草の塩と合わせたものだそうです。
ほんのり香る桜の香り
店舗で試食させて頂いたその春の香りにすっかりやられ、即決購入でした。
ごはんに混ぜて桜のおむすびにしてもよし、てんぷらや揚げ物のつけ塩にしてもよし、
お出しにちょっと入れるだけでも、上品な桜のお吸い物が出来上がります。
また、バニラアイスなどに振りかけても季節感のある素敵なスイーツに早変わりしそう
ご興味がある方は、ぜひお手にとってみて下さいね。

さ~て、そろそろ食事の支度をしなくっちゃ。
今晩は桜塩を使ってお魚を楽しみたいと思います。
どうぞ皆様も素敵な春を見つけて下さいね

☆試飲を兼ねて☆

伊予柑クリームパン


先日、デパ地下を歩いていた時に、ふと目に飛び込んできた美味しそうな食べ物が


いよかんクリームパン
↑DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)の季節限定商品

それは、伊予柑クリームパンでした
今が旬の伊予柑(いよかん)がちょこんとのったクリームパンです。
ただでさえ好きなクリームパンに、これまた大好物の柑橘類が添えられているなんて、
食べずにはいられません。
迷わず購入後、真っ直ぐ急いでおうちまで!











紅茶
↑2種類の紅茶と共に

早速、本日のおやつタイム~
レッスンで使用する紅茶の試飲も兼ねて、2種類の紅茶と共に
口の中に爽やかな柑橘の香りが広がり、カスタードクリームと相まった伊予柑の味わいが
紅茶に良く合って、あっという間に食べてしまいました
それぞれの紅茶に寄っても味わいが変わり、食する喜びを感じる時間になりました。

次にお店を覗いた時、もうそのパンの存在はありませんでした。
期間限定・季節限定は、くれぐれもお早めに

☆伊勢神宮奉納食パン☆

い志かわ


先日、紅茶教室の生徒さんから美味しいパンをお土産に頂きました。
翌日の朝食が突然楽しみに

食パン
↑パッケージには本店所在地・覚王山にある日泰寺をイメージさせるゾウの絵

名古屋市内に4店舗を構える最高級食パン専門店「い志かわ」。
いつ頃からか、全国的に有名な乃が美をはじめ、
本当に美味しい食パンに拘ったお店が増えましたね。
しかもこちらは、伊勢神宮に奉納されたことがあるパンなのだそう。
まだ食べたことがなかったい志かわの食パン、
味わえるチャンスに恵まれ嬉しかったです。
Mさん、ありがとうございました





食パン
↑しっとり柔らか~

今回頂いたのが、フロマージュブランの食パンが1枚入ったお土産・お試ししタイプ。
ちょっと気が利いたパッケージに、何だか興味をそそられます!
主人と半分に分け合い、「焼かずに食べて下さい」という言葉通り
まずは何も付けずにそのままで頂きました。

美味し~い

フロマージュブランとは白いフレッシュチーズのことで、
生クリームと一緒に生地に練り込んであるようなのですが、
甘みがあって滑らかで、コクがあるのにクセが無い、
耳の部分までふんわり柔らか~な上品な味と香りを与えてくれました。
まるでケーキを食べているような。。。







小倉あん
↑つぶあんをトッピング

食いしん坊の私は、(多分)名古屋のご家庭ではマストアイテムの《つぶあん》を
おもむろに冷蔵庫から取り出し、塗ってみることに。
これはやはり間違いありませんでした(笑)
口の中で更に美味しさが広がります!!!
何枚でも頂けそう
そんな私を横で主人が困った顔で笑っていましたが

おかげさまで美味しいパンやさんリストにまたひとつ加えることができました。
毎日の紅茶と共に、楽しい朝食・おやつタイムを過ごせたら幸せですね。
今度はお店に足を運んでみたいと思っています


最高級食パン専門店「い志かわ」の公式ホームページはこちらです!

☆春を感じる☆

寒桜


先月の初詣から再び、興正寺へ参りました。

興正寺
↑一足早く咲く寒桜、桜の向こうにみえるのは五重塔。

興正寺では、毎年2月の節分に、1年間の厄除けとして「節分・星祭」をとりおこなっています。
これは、「節分」でご自身の厄を寺に落として軽くし、
盾となる「星祭」札で1年間の災いを引き受けていただくというもの。
その御札を、今年はお義母さんの代わりに私が受け取りに訪れました。

本厄では無いときでも9年の内に大なり小なり凶(厄)の年は誰でも訪れるのだそう。
これは、宿曜経という密教占星術の教えを基にして、
9年ごとに巡ってくる本命星によってその年の吉凶が決まるようです。
そんな自身に難が降りかかる前に、代わりにそれを受け、
災厄を少しでも小さくしてくれるのが御札なのですね

幸いにも今年我が家は、厄年から免れてはいるものの、
近しい人の厄を一緒に受けてしまうこともあるそうなので、
毎年厄年に関係なく、頂いた御札をお祀りしています。
今年も平穏無事に過ごせますようにと。。。

興正寺を後にしようと山手通り沿いの門へ向かう途中で、
一本の桜の木が目に止まりました
まだちらほらでしたが、可愛らしい桜の花。
もうそこまで、春はやって来ているみたいですね。
心躍る季節、今から楽しみです

☆ Valentine's Day ☆

おやつ


先日、近所に住む義叔母から言付けを頼まれた際に、
「おやつにしてね」と、いくつか焼き菓子を頂きました。
チーズタルトやフロランタン
思い掛けず、ティータイムのお供となりました。

焼き菓子
↑チョコレートの焼き菓子

その内のひとつに、チョコレートの焼き菓子が
早速このお菓子に良く合いそうな紅茶を選び、
おやつタイム!
チョコレートって、本当に心を落ち着かせてくれるというか、
いつもの時間を安らぎに変えてくれます。

そんな今日は、バレンタインデー
大切なあの方へ、お世話になったあの方に、自分へのご褒美に。。。あれ?(笑)
日頃なかなか伝えられない思いを伝える絶好のチャンスと共に、
安らぎの時間をプレゼント出来る素敵な一日です。
どうか、とびきり美味しいチョコレートを選んで下さいね

Have a great Valentine's Day

☆レッスンの後は☆

ちょっと遅めの昼食


最近、暖かくなったなぁと思ったのも束の間。
外は今日も冷たい風が吹いています。
昨日はそれに加えすっきりしない寒空でしたが、
そんな中、生徒さんがフルートのレッスンに来て下さいました。
夏に参加する予定の《音楽フェスタ》の曲目も無事決まり、
これからそれに向けた練習が始まります!
楽しみだな~

カルボナーラ
↑我が家のカルボナーラ

さて、レッスンも終わり、食べそびれていた昼食の時間。
主人が終わるのを待っていてくれたので、カルボナーラに感謝を込めることにしました(笑)
パスタを茹でて、カリカリになるまでオリーブオイルでベーコンを焼きます。
本当はこのベーコンもパンチェッタという生ベーコンが良いようですが、
あいにく冷蔵庫には普通のベーコンしかなかったもので、それを角の棒状にカット。
これだけでも美味しくいただけそうですが、ぐっと我慢です。

チーズも本場ではペコリーノチーズというものを使用するのだそうですが、
我が家はパルミジャーノ・レッジャーノの粉チーズに卵黄を一人分ずつボウルに分け入れ、
よ~く掻き混ぜました。

茹で上がったパスタとベーコンをそれぞれ分け入れ、手早く混ぜます。
ここは主人も自分の分を一生懸命混ぜてくれました。
そして、塩と黒こしょうで味を見て出来上がり

大好きな濃厚カルボナーラ!
パスタをもう少し太めにすればもっと食べ応えがあって喜んでもらえたかしら。。。
そんな数々の反省点はまた次回に活かすことにして。

それでは引き続き、素敵な連休をお過ごしになって下さいね

☆立春☆

春の陽気


今日は立春。
この日に合わせてくれたかのように、今年も可憐な花を咲かせてくれました

蘭の花
↑朝一に撮影した蘭の花

蘭の花は一度花を付けると長い間楽しむことができるので、
しばらく嬉しい日々を過ごせそうです。
ところで、今日は全国的に3月中旬以降の陽気だったみたいですね。
名古屋も14℃を超え3月中旬並。
東京では19℃に達したとのこと。
暦通り春が訪れてくれた様に思いますが、これも長くは続かないとのこと。
どうぞ油断せずに、お互いにもう少し体調管理には気を付けていきましょうね

名古屋は明日も、洗濯日和

☆メガ?☆

メガしるこサンド


先日、街角でこんなものを見つけてしまった。
大きな大きな「しるこサンド」!!!

メガしるこサンド裏
↑裏面

以前、大型ショッピングモールで見掛けてその時は止めてしまいましたが、
再び出会えた喜びに、思わず1つ購入
お店の方曰く、通常サイズの15枚分だそうです。
私はしるこサンドデビューが遅く、認識はあったものの後輩Kちゃんに教えて貰うまでは
食べたことがありませんでした。
それが今ではその美味しさの虜となり、被災地へ紅茶を送る際にもそっと添えています。
紅茶にももちろん合いますから









メガしるこサンド表
↑表面

くるっと表に返すと、可愛いお顔
顔の表情には色んなバージョンがあるので、お土産にすると喜ばれそうです。
ミルクティーに合わせると更に美味しく感じられますが、
インフルエンザを無力化する紅茶ポリフェノールを多く摂取する為にも、
今の時期はミルクは入れずストレートでぜひお試しになってみて下さいね。

個包装を破る手間が省けて、食べてる感ありそう。
でも、ひとりで食べちゃうと主人に何か言われそうなので、
お休みの日に一緒に楽しみたいと思います

☆チキンカレー☆

安心なカレースパイス


昨年末に生徒さんからカレースパイスを頂きました。
その頃、名古屋で開催されていたクリエーターズマーケットに出店されていた
お店のカレースパイスだそうです。


カレー粉
↑コブカフェオリジナルカレースパイス!

そのお店は《コブカフェ》といって、カレーを専門とされているようです。
キッチンカーで全国を回って面白そうなイベントに出店するのがメイン事業なのだそう。
そして西日本を代表する大型野外イベント「ロハスフェスタ」で5度のグルメアワードを
受賞する経験もお持ちだそうです
そんなお店自慢のカレースパイスは、小麦粉、合成着色料、合成保存料不使用
いつも調味料を選ぶ際、食品添加物に気を付けている私としては安心して使わせて頂けます
丁度、我が家のカレー粉がきれていたので、
本当にタイミングの良い素敵なギフトでした









チキンカレー
↑我が家のチキンカレー

我が家は月1回ペースでカレーを作ります。
忙しい時や何だか手抜きをしたい日など
具材はお肉だけではなく、ブリやサバなどのお魚を入れたりすることもあります。
カレー粉だけでは物足りなく、ガラムマサラやコリアンダーのスパイスを足して、
隠し味にイギリスの家庭の見方マーマイトなどを使用しています。
ただ、この日は頂いたこちらのスパイスを味わいたかったのでそれらは足さず作ってみました。
レシピも一緒に付いていましたが、作り方は似ていたのでうち流で。
お水の代わりにトマトジュースを使用している為、いつも写真の様な感じの色になります。
美味しそうじゃなかったらごめんなさい
でも、一口でクセになりそうな程よい辛さ!
やはりスパイスの配合のバランスが良いのでしょうね。
おかげさまで何杯もおかわりしたくなる美味しいカレーになりました
Yちゃん、どうもありがとう

それでも残ってしまうカレーは冷凍して、気が向いた時に焼きカレーにします。
これは昨年門司港へ行った際に食べたものを見よう見まねし、
更に福岡に住む先輩からのご指導を仰ぎ作るようになりました。
このルーの焼きカレーを食べる日が待ち遠しいなぁ。
寒い日が続いていますので、どうぞ皆さまもスパイスなどで体を温めて
代謝良くお過ごし下さいね

☆パトニー紅茶会☆

春紅会2019


パトニー紅茶会のお知らせです!
紅茶レギュラーレッスンやフルートレッスンは1月より始動しておりますが、
紅茶研究科は2月からとなっており、大変お待たせ致しました。
今年もレッスン内で様々なことを吸収して頂けたら幸いに存じます

2019初日の出
↑元旦の朝、頑張って起きて撮影した初日の出です

さて、2019年最初のパトニー紅茶会は、
毎年恒例の「春紅会」です
たおやかな身のこなしで美味しく紅茶を淹れながら、
新春の紅茶会を楽しく過ごしましょう


☆場所:Putney Saloon 八事教室
☆会費:4,000円(税込) 
☆日時:2019年2月16日(土)~3月29日(金)の火曜~土曜日
 (1)11:00~ (2)13:30~のいずれか。
☆持ち物:筆記用具


レギュラーコース修了者限定の紅茶教室です(フルート教室の生徒さん参加可)
(対象外の方、是非レギュラーコース

まだ、ご予約されていない生徒さんは、お早めのご予約をおすすめ致します。
心よりお待ちしております


ご予約はこちらまで

☆ウィリアム・モリスと英国の壁紙展へ☆

~美しい生活をもとめて~


先日、松坂屋美術館で開催中の「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」へ足を運びました。

ウィリアムモリス展
↑会場前にあったパネルもモリス柄

ウィリアム・モリス(1834~96)は、デザイナー、詩人、思想家、工芸家など
様々な顔を持つ英国人。
彼が豊かな才能を開花させたのは、19世紀のヴィクトリア時代だったそうです。
産業革命により大量生産品があふれる中で、時間をかけた丁寧な手仕事を好み、
自然の美を讃えたデザインを生み出していったのだそう。
これらの壁紙はすべて木版。
ひとつのパーツに人の手で何度も色を重ね、それを繰り返して、
生き生きとした自然の美しさを表現しています。
その職人気質のモリスが描くデザインは日本でも大人気。
何を隠そう私もそのひとりで、紅茶レッスンでもイギリスの歴史を語る際には
必ず登場させています。








インテリア1
↑「クラシックモリス」のお部屋

会場内には、モリスの壁紙を使った室内イメージが2箇所ありました。
その内の1つが「クラシックモリス」です
この何ともいえない重厚感。。。
英国のドラマや映画を見ていると、こういうお部屋多いですよね。
私がイギリスで住んでいた部屋は真っ白な壁のモダンスタイルでしたが、
近くに住んでいた大家さんの家はまさにこんな雰囲気でした。
何だか懐かしい気持ちになりました。





インテリア2
↑「ピュアモリス」のお部屋

壁紙の選び方ひとつで、こんなにも雰囲気が変わるのですね
もう1つのお部屋も、とってもナチュラルで素敵です
モリスはこれまでのリアリズムに基づいた奥行きのある壁紙空間から離れ、
平面的な造形の中に鳥や草花を表現し、装飾と自然の新しい関係を追究したのだそう。
壁紙を変える勇気は無くても、モリス柄のカーテンにするだけで、
かなり変化が楽しめそうですね。

この度の展覧会では、日本で初めて紹介する壁紙や木版など約130点が集められ、
モリス以前からの英国壁紙デザインの変遷を辿ることができます。
快適な生活空間には家具や壁紙が欠かせないと気付いたモリス。
彼自身が目指した「美しい暮らし」を感じ、自分の生活に少しでも取り入れられたらと、
心ときめく時間を過ごすことが出来ました。

室内装飾などにご興味がある方は特におすすめです!
開催は2月17日まで。
まだの方はぜひお出掛けになってみては如何でしょうか

プロフィール

小川 忍

Author:小川 忍
SHINOBU OGAWA
10月生まれの天秤座。
2006年より 紅茶教室
「putney saloon」主宰。
八事教室、教育機関、出張教室等で活動。
パットニーサルーンホームページ

putney カレンダー

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © 小川 忍